PICKUP
ザ・ミスト
末期の目
美しき冒険旅行
レヴェナント: 蘇えりし者
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
シャイン
トイレのピエタ
カッシーニ グランドフィナーレ
ゴッド ファーザー
それでも恋するバルセロナ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
魔術師
ブラック・スワン Black Swan
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
LUCY ルーシー
ミツバチのささやき
娘ふたりと女子美へ☆彡
父 パードレ・パドローネ
写真についてーⅡ
去年マリエンバートで
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

初恋の来た道、、、

2491841.jpg
1999年
中国

チャン・イーモウ監督
パオ・シー脚本
鮑十(パオ・シー)『初恋のきた道』原作

章子怡(チャン・ツィイー) 、、、チャオディ(若い頃の母)
鄭昊(チョン・ハオ) 、、、ルオ・チャンユー(若い頃の父)
孫紅雷(スン・ホンレイ) 、、、ルオ・ユーシェン 私(語り手)
趙玉蓮(チャオ・ユエリン) 、、、老年の母


文化大革命のこと、その背景などでここを埋める気はない。
そんな暗黒時代があったとしても、そんなものより遥かに本質的で、普遍的な力と美をここに見たい。
監督はその年齢からもその時代の辛酸を嘗め尽くした世代だろう。
わたしの全く窺い知れない、現実を生きてきたはずだ。
それでも、なおこの「道」ははっきり残されている。
チャン・イーモウ監督はそれを見てきたのだ。
その「道」を自らも通り、待ち、蹲って来たのだろう。
その「道」は、、、
何よりも明るく照らしだされて。
しかも強烈な強度をもって。
激烈な郷愁を呼ぶ。

「初恋」

「初恋」とは何だ?
「初恋の来た道」とは何だ?
現代の東京では、いや日本ではまず、現実が(社会が)許さない。
映画でも、少なくとも、日、米、欧ではあり得ない。
UFOに出会うほうがずっと易しい。

しかし、良い邦題である。
まさしくこの通りだ。
「初恋」
この絶対性を全身からオーラ(後光)として激しく終始放ち続け、
すべての道をひとつの道へと統合してしまう、チャン・ツィイーのただ美しい疾走振り。
「初恋の来た道」
残念ながら、これほどシンプルで本源的な行動が現在もとれる道はもう地球上には恐らくない。

これを今現在やってしまったら、集団リンチのうえ何処かに収監されてしまうだろう。
われわれはもう真の意味では生きてはおらず、死ぬことも出来ない。
この映画の夫婦のように生きてはいない。死んでもいない。
この映画でのチャン・ツィイーのように、夫の死んだ後もこれほどに恋し続けられるなんてことは稀である。(この夫婦の場合、立場に関係なく対称的である)

もはや初恋自体の強度などなく、萎えた、ルサンチマン塗れの心理的やりとりが恋愛のように見られて久しい。

人間のDNAもそのプリント自体が薄れて、消えつつあるところに来ているのかも知れない。
DADAで一回はリフレッシュする機会はあったとしても。
ビッグデータ、ビッグブラザーの下で、ただ、枠組みと人目だけを気にして互いに訴えあっては、チョロチョロ逃げ回っているだけの存在だ。

もう早晩消え去る運命の種に「初恋」など無意味と言えばそれまでだ。

この映画は、強烈な郷愁に染め上げられている。特にカラーの場面。
その郷愁には、何の大災害に因るでもなく自分たちの内側から立ち腐れして逝くわれわれの悲哀が深く滲み渡っている。


この映画を観ている間だけ、われわれは正気に戻り、「初恋」の真の美に触れた気になれる。
本当の生と死を想える。
それが自分ではなくとも。自分の外でのことであっても。
イデアとして。

だから涙なしに見れない。



関連記事

COMMENT

No title

GOMAさま
私の中では・・
ひとを好きになるって
こういうことかな
なんて
思って観た映画で・・・。

日々の些事
或いは
勉強や仕事に打ち込むなかで
受け取る
苦難あっての達成感

どれだけ
鼓動の高鳴りを感じられるかが
生きる歓びであって
地位や富なんかでは決してないんですよね。

とくに
ひとを好きになって
せつなくて
ただ想うだけで
涙が零れたり
会えるだけで
こころ震える

あんなに震える想い

ただ一目見たくて
それだけでいい
他に何もいらないっといったような想い

他人がみたら徒労としか思えないようなことを
ただひたすら繰り返す
待つ
想う
ただ
想う
想い続ける・・・。

あの道は美しかったですね

けれど
あんな道を
こころのなかに
失っていないひと
以外に
少なくないように思うんです・・・。












何という映画ですか?

仰るとおりだと思います。

わたしはよくそれでコミカルに空回りしました。
その点では、「舟を編む」のまじめさんみたいです。
もっとも彼はいきなり大成功で落ち着いちゃいましたが。

SAKI様はまさに”嵐が丘”ですね?!
映画とはどのような映画ですか。
恋愛大作は確かにありますね。
(嵐が丘もそうですが、、、オリジナルのワイラーのもの)
おそらくこれはわたしにとって、SFより手強い。
かなり記憶や感情が乖離し、断片化して残存している気配があります。


再度、ごめんなさい。

あ、
ここで書いた”映画”とは
「初恋の来た道」
のことをさしていたつもりなんです
分り辛くてごめんなさい。

「舟を編む」
そして

>ひたすら作って埋没する

あの感じ
いいです
いいですよね

私も好きです。



Re: 再度、ごめんなさい。


> 「初恋の来た道」
> のことをさしていたつもりなんです

そうですか!
わたしもあの映画を見るたびに泣けてしまいます。
もう5回は観ましたね。
あのZhang Ziyiのいたいけなこと。
ちょうど、真珠の耳飾りの少女のScarlett Johanssonもそうでした。

その後、かなり痛い感じになっていますが(大変失礼
あの映画は、好きですね。
特に好きな映画です。


今、ものすごく何かに埋没したいという気分なのです。
痺れは気になりますが。

No title

あの映画の素晴らしさはZhang Ziyiあってのものかナ・・と。
他の誰でもなく彼女ならでは☆
そんな映画でしたね^^
”真珠の耳飾りの少女”も良かったです。
まるでフェルメールの絵の世界に迷い込んだような・・・
絵画のような映画でした・・。


EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
日々思うことを綴ってゆきます。
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ることもあります。
悪しからず。
コメント、メッセージ頂ければ嬉しいです。

*当サイトはリンクフリーです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
最新トラックバック