プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
レッド・ファミリー
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

見ること 見えること

20140920195008fdb.jpgアラマサ氏提供


ヘミングウェイの豹の話は有名だ。
キリマンジャロの頂上近くまで登った豹の屍の話だ。
バナナフィッシュでも吉田秋生がアッシュにその逸話を語らせている。
(ちなみにサリンジャーはヘミングウェイを嫌っていたが、敢えてそれをもって来たか、、、)

確かにアッシュが語れば、それらしく聞こえてくる。アッシュなら語る資格がある。
キリマンジャロの西側てっぺん当たりまで、豹は何を思って登って行ったのか?生存の為では断じてないその行動は、彼の実存について考えさせられる。そしてわれわれを途方に暮れさせる。干からび凍ったその屍はヘミングウェイに、何を語ったのか?威厳をもって全ての問いを、はねつけたのか?


何故、豹がそんな処まで、登って来たのか聞けるのならその豹に聞いてみたい。しかし、人の場合と同様に聞いて事の真相が掴めるなんてことはない。(豹ならどうかは知らないが)

恐らく豹自身にもはっきり分からないものだったかもしれない。何かに惹かれて止むに止まれぬ思いで半ば狂気のうちに登って、登りきった処で力尽きたのだろうか。
実際、のっぴきならない事態であったことは、想像に難くない。

死体は今や何処にでも転がっている。ヒトの営為の中で、死体は定期的にコロコロと生産される。
遺棄された死体を朝の散歩に見つければビックリもするだろう。

しかし、この豹の話ほど戸惑い、考えさせられ、想い巡らしてしまう死体はそうはあるまい。

この高貴さすら感じさせる、孤高の行為、目的の全く分からない行為に対して、わたしは厳粛さにとらわれ身のすくむ思いでいる。

そう、何処かアッシュの生き様ではないか?いや、死に様だ。


われわれが漫然と見ているものの中にもこんな映像があったかもしれない。昼間の光景に。
2度見る事を単にしていなかったかもしれない。
真に他者の姿として看過できず。
観ていなかったかもしれない。
ずっと何年にも渡り、見ているつもりで観ていなかったかもしれない。

何も幻想や夢に何かを託す必要などない。そんなことはわざわざすべきことではない。「押し並べて、夜は気まぐれ」(Few)なものだ。

昼間の光景を昼間にもっとしっかり観るべきなのだ。

さんさんに降り注ぐ太陽光の下で。
本当に観るべきなのだ。
何時もの光景を。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加















関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp