プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
レッド・ファミリー
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

マンマ・ミーア~KARAを聴いて

KARA.jpg

こんな記事はこれまで書いたことはない。
アルバムやアーティストについてはあるが、一曲だけでわたしに記事が書けるとは到底思えない。

しかし、この曲のMVをiTunes Storeから購入しVideoで見ているのだが、あの滅法格好良いSpeedUpをも凌ぐ何かを強く感じる。そこを(その周辺を)ちょっとだけ語りたい。
この曲には、またこの曲を唱っているKARAには、あるところにたどり着いた、という雰囲気がある。

畳み込まれた時間が放つ郷愁とでも言うか。
遠い昔に滅んだ文明から続くCodeが琴線に触れた感触だ。
SpeedUpは徹底してスタイリィッシュを極めたMVであった。
ともかくハラさんがあまりに決まっていた。
全く隙のない凄い出来で、K-Popの中でも傑出していた。
しかし今度の”マンマ・ミーア”は、何の変哲もないユーロポップのCode進行の曲のようでいて、何とも言えない郷愁を覚えてならない。

KARAはドタバタ続きのようでいて、KARA自体(としか言い様のない何か)は相当な結晶化が進んだと思う。
(2人が抜け、新メンバーがひとり加わったばかりだが)
新しいヒトはピッタリマッチしてると思う。
カン・ジオンさんが出来れば戻ってくれればと思っていたが、これでいいと思い直した。
この音の方向性はとても素敵だ。
このサウンドがこのメンバーならではのサウンドであるなら。
これがKARAのベストかも。
(カン・ジオンさんのソロを聴く限り、明らかに方向性が違う)

他に、K-Popグループでこの傾向の音を出しているのは、Raniaかな?
彼女らの選んだプロジューサーがマイケル・ジャクソンのプロデューサーだったテディー・ライリーだ。
RaniaはKaraの他にわたしの大好きなK-Popアーティストでもある。
T-AraやAfter Schoolも個性的でとても気になる存在だけども。

Raniaや新生Karaには、えも云えぬ郷愁を感じる。
永い時間レヴェルの郷愁を。

この先、彼女らには期待したい。

しかしKARAは、ハラさんと新メンバー以外の2人はかなりの年齢になる。
グループで激しく踊って歌うという形に耐えるのか?ひとりの表現者として独立したほうが良いのではないだろうか。
(余計なお世話だが)
KARAとしては、なるべく早い時期に、ハラさんと新メンバーだけ残し、2人新人を入れて再起動したほうがよいかも。
中のメンバーが新しく若くなったとしてもKARAの結晶化はこのまま進むように思われる。
このKARAはハラさんの個性がいよいよ熟成してきた結果かも、という気がする。
勿論、コンポーザーとプロジューサーが曲を制作している、とは言え表現者は彼女らであり、彼女らに合わない曲ーイメージは提供できないはず。彼女らも一方的に作られるほど大人しい存在ではないのは明白だ。

同様にRaniaにも”STYLE”のような方向性を強く打ち出して欲しい。
ただ心配なのは、STYLE MVでも一際目立っていたRikoさんが休養中とか。
彼女は学生時代、日本留学をしていた頭脳明晰な方で、当時日本語による文章力なども高く評価されていた。
確か、NHKの韓国語講座でTVにも出ていたはず。

話はだいぶ逸れたが、今うちではこれが頻繁にかかっている。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp