プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
レッド・ファミリー
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ウェアラブル端末Apple Watchだそうで、、、

アップルウォッチが来年初めにお目見えするということだ。
apple watch


iPhone6と6plusも出たところだが。
今度のiPhoneはわたしが少し前に触ったNEXUS7に似た感触のものだと思われる。
あのサクサク感があるといいなと思う。
CPUもA8にパワーアップされ、バッテリーの持ちはよくなったとのこと。(持ちは悪かったからね)
あの薄さと広さがあるようだ。
いいと思う。
アプリケーションも使いやすくなったかな?(よいとは言えないものが多かった)
ともかくこれまでより、使いやすくなったのなら。
すぐ変えよう。
ハイ。

サイズが変わったため、これまでのカヴァーは全て使えない。
これもよいと思う。
どんどん回転しないと。
われわれも気分一新が図れるし。

さて、それはよいとして。
これまで新しい製品をひとつも出さずに来たAppleであったがやっと、3年ぶりか?新製品を世に送り出すという。
それが、大して新鮮味のない時計型端末だそうだ。

Apple Watchだそうで、、、。

噂によれば、健康管理に役立つアプリケーションなどが入っているとのこと。
これはiTunes Storeの入ったiPodやiPhoneとは少々わけが違うとは思うが、まさかこれだけが売とは思えないので、詳しい情報を待ちたいとは思う。
ともかく何か斬新な機能があるというより、iTunes Storeのようなサービスを売るための端末という性格を持つことにはなると思う。
自分の健康状態を毎日測定し、医療機関とのネットワークで統合的に管理して、dataの閲覧やアドヴァイス、検査のすすめなどがすぐに確認できるとか、、、。問題があれば速やかに診察・検査予約が取れるなどなど、、、。
そんなツールを想像してしまう。宿敵IBMと提携したのもそのへんの大規模ネットワーク絡みだと思うし。
クック氏はサービス業務に革新をもたらそうと思っている節が見える。
もうハードでヒトがブッ飛ぶようなものは作れないと諦めているようだ。
案外正しいと思う。

自分はジョブスではない。
でも革新はしないと、AppleのCEOとはいえない。
そこで、今の方向性がもっともよいということになった。
多分。
ジョブスも音楽・映画の配信サービスに革新をもたらし、単にハードだけではなかったが。
(ただこの配信サービス自体は彼の発明ではない)

ともかくApple TVのようにならないように、がんばってください。
それから、健康管理も良いけど、アメリカ人は健康オタクが多いからそこそこ受けるとは思うが、それだけでは到底iTunes Storeのような市場は確保できないことは言うまでもない。
サービス端末として、もっと多岐にわたる様々なサービスを用意する必要はあろう。
少なくともMapの表示機能というより単純なルート表示を持たせて欲しい。(わたしの切なる願い)
メールとかその手のものはiPhoneに任せ、なるべくサービスのダブらないものにして欲しい。
却って煩わしく憂っとおしい。
スパムメールが両方にひっきりなしに来出したら発狂してしまう。
電話はWachでもよいかも。マッハGoGoの「流星号応答せよ」をいっぺんやりたい(アホ
恐らく、Siriが使えるんだろうから、何か答えそうだな、、、。やってみたい。
後考えられるものは、おおかたiPhoneの機能とダブってきてしまう。(リマインダー、天気、株価とか)
OSは同じなのか?

エクササイズ支援レヴェルなら害はないが、IBMとも組んだものだしどうなるか。
人々が健康を気にしすぎて、「健康という病」でオカシクなってしまっては困る。
しきりに時計を見ながら自分の体のことばかりに気をとられていると、本当に深刻な病に犯されてしまうだろう。
そこのところ、どの程度のレヴェルと規模にするのか?

また、個人差に対するカスタマイズの徹底である。折角の腕時計なのだし。
そのためには、前提としてどれだけのサービスが用意できているか。(iTunes Storeは確かに凄かった)

果たして、どのようなサービス提供端末になることやら、、、。

一抹の不安がある。
ヒトの身体にぴったり絡むものなら文字通りソフトマシーンとなる。
アプリケーションの出来、操作性の高さ(誤操作性の低さ)、デザインすべてがこれまで以上にしなやかで繊細なものでなければならない。
大丈夫か?
ちなみに、わたしは今のスマフォなどに、全く満足できていない。
全く親しみもない。
本当にまだまだの出来だ!

だめよ。ダメ、ダメ、である。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加





ちなみにこれまでのApple製品の発表軌跡。

1976年 創業。パソコン「AppleI(アップルワン)」発売
  77年 パソコン「AppleII(アップルツー)」発売
  84年 パソコン「マッキントッシュ」発売
  85年 創業者スティーブ・ジョブズ氏を追放
  96年 ジョブズ氏復帰
  98年 パソコン「iMac(アイマック)」発売
2001年 携帯音楽プレーヤー「iPod(アイポッド)」発売
  07年 スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」発売
  10年 タブレット型端末「iPad(アイパッド)」発売
  11年 ジョブズ氏がCEOを辞任し、ティム・クック氏が就任(8月)。
      ジョブズ氏死去(10月)
  14年 腕時計型端末「アップルウオッチ」発表

関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp