PICKUP
ザ・ミスト
末期の目
美しき冒険旅行
レヴェナント: 蘇えりし者
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
シャイン
トイレのピエタ
カッシーニ グランドフィナーレ
ゴッド ファーザー
それでも恋するバルセロナ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
魔術師
ブラック・スワン Black Swan
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
LUCY ルーシー
ミツバチのささやき
娘ふたりと女子美へ☆彡
父 パードレ・パドローネ
写真についてーⅡ
去年マリエンバートで
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

娘の絵 補遺 ~ プラスチック・ルドン

20140902220552eaf.jpg
ひとつだけ、加えておきます♡
長女のものです。
次女は最近、やたらと入浴中の絵を描くので、やめておきます(笑


なんというのか?
ルドンの幼児版(現代版)のような感じの絵です。
観葉植物に目が付いたみたいだから、ルドンを想わせる、というより目の付いている白い頭の部分そのものが、ありそうでなさそうなもので、、、。

妙なプラスチックなリアルさを見せているところが、ルドン的に想えるところです。
プラスチック・ルドン。
あまり、ルドンを引き合いに出すと、真面目にお怒りになる方がいると困るので、この辺にしておきますが。

やはり花が白であるところが肝心でした。
これが他の色だと、今ひとつ抽象性がダウンしたはずです。
真っ赤なお花で、可愛いお目目がふたーつついていたら、そのまま「おかあさんといっしょ」ですから。
ただの幼児向け絵本の世界です。

ちょっと白菜風な白い頭ー花、、、これは見たことあるぞ、、、そう、イレイザーヘッド(デイヴィッド・リンチ)のシルエットだ。
別に長女を持ち上げる?気持ちは全くないのですが、そこに例の赤ん坊と血縁関係の「目玉」がくっついている、と思えばかなり自然です。
無理がない。
そっち側の、普通です。
(われわれとはスタート地点が違うのは当然とは言え)

というところで、エヴァンゲリオン以降を原風景―自然とする世代の一つの落書きです。
実際、一分くらいで描いているものであり、落書き以外の何物でもありません。
但し、時間をかけてキャンバスにアクリルで描いたかなりの数の絵も似たりよったりのものたちです。
画材の違い、関係ないですね。
時間もほとんど関係ないですね、この人たちには。
推敲ーBrushUpなどしない人たちですから。
徐々にある世界に近づける(完成に向かう)、のではなく、単にそれ以外の何ものでもないものを行き成り描いているだけですので。
これはまた幼児の絵の常態ではありますが。

でも、これが面白いところです。

これが、いつまで続くか、です。


わたしにとっては、距離が肝心です。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

COMMENT

No title

芸術的なセンスはGOMA28さん譲りですね!
これからどんどん伸ばしていきたいですね~(^^)
私は芸術的センスに乏しいのでとても羨ましいです。
お絵かき帳を買って、たまに絵を描いてみるのですが・・・
お嬢さんに負けております。笑

ありがとうございます。

長女は工作好きで、それをやり始めると何時までもやめません。
その点、iPadのお絵かきツールだと3つ描いても、ものの5分ですから、生活を営む上では、そっちの方が普段は助かります。
時折、汚し放題リキテックス(アクリル)でキャンバスに思いっきり描かせてあげます。喜びます。後の掃除は大変です(笑

でも面白いものを見るのは楽しいです。
花音様も、何か描かれたものアップされたら、ファンの方が喜びますよ。これは絶対。
わたしも是非、見させて頂きますので。


また宜しくお願いします。

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
日々思うことを綴ってゆきます。
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ることもあります。
悪しからず。
コメント、メッセージ頂ければ嬉しいです。

*当サイトはリンクフリーです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
最新トラックバック