カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

DenseTime

bill_01.jpg
「反対称」の著者ロジェカイヨワには、厳密な論理と尋常でない凝視から結晶した希書「石が書く」があります。彼の詩に対する苛烈な批評は痛快極まりないものでしたが、この書は彼の詩と言えるものに他ありません。彼の著作としてはいささか異質に想える瑪瑙に魅せられた夢想・オマージュとなっています。そんな書物の一角に載せられていてもおかしくないこの鉱物の断面。
誰の作品だと思いますか?
   今回から訪問された方を意識した話をさせて頂きます(笑)。

bill_02.jpg

Bill Atkinsonの写真集からの作品です。Steve Jobsのもとで初期のMacの主要ソフトを作り上げたプログラマーです。QuickDraw、HyperCard、MacPaintなどの仕事はあまりに有名ですが、Winがフォルダ表示が角のある長方形しか表示できず、重なりあって表示なんてとんでもないころ、ジョブスに自然界のもので角の角ばったものなどない、と言われ角を丸めた重なって表示もできるフォルダをディスクトップ上に実現したのが彼でした。GUIの実現自体、彼なしにはできなかったはずです。Appleを退いた後、彼は自然写真家としてまた再び世界に注目されるヒトとなりました。その際、カラーマネジメントパイプラインを開発し、高画質で出力できるこのような印刷技術を生みます。最近ではiPhone用のアプリケーションも作ってますね。

bill_03.jpg

カイヨワがこの写真を見たらどう想うでしょう?
彼は「石が書く」の前に「石」を出していましたが、また新しい石の本を執筆していたかも知れません。
反シュルレアリズムの立場を貫き、論理による厳密さを追求してきたカイヨワがやはり論理・プログラムを駆使しバーチャルな自然環境を構築してきたビルの克明過ぎる自然の描写をどう見るか、興味深いものがあります。勿論、自分が今は亡きカイヨワにならないといけませんが。

bill_04.jpg

はっきり言って、ここまでテクノロジーによって厳密に再現されるとシュルレアリスティカルな映像になってしまいます。やはり対象に迫りすぎると不可避的に夢想を纏うのですね。マックスエルンストのような本物のシュルレアリストの生みだす絵をも想い浮かべます。逆説的に。


稠密に畳込まれた時間のめくるめくひととき。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
THEME:art・芸術・美術 | GENRE:学問・文化・芸術 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
コメント、メッセージ頂ければ嬉しいです。

*当サイトはリンクフリーです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: