プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
レッド・ファミリー
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

蝉の音 

Cryptotympana facialis

松尾芭蕉の『奥の細道』に「閑さや岩にしみ入る蝉の声」がある。
あまりに有名だ。
知らぬ人はまずいないだろう。
深い木立の中で鳴く何種類もの蝉の声を流しているYouTubeのビデオもよくみかける。
あえて聞こうとは思わぬが。
そう言えばセミは羽化する。
あれを見てしまうと、やはり外骨格。われわれとの接点などあるものか、と思ってしまう。
他者という以外の何者でもない。
異星人や地底人の方が親しみがありそうに思う。


これはさておき、蝉が啼く。
夕方になってもなおも、蝉の鳴き声が止まない。
一向に止む気配がない。
厚く響き渡る。
一定時間、音が壁のような抵抗となって持続し、途切れたかと思うとほんの少し趣の異なる次が確かな強度で、続く。

一定数のグループが順番に啼いてリレーしているようにも窺える。
その空間の隙間を強迫的に埋め尽くそうとする稠密な音。
神経症の響きだ。
わたしを殊更に居た堪れなくさせる。

岩に染み入る、、、とはよく詠ったものだ。

これは単に観測の問題か?

何時しか啼き声であることが曖昧になる。
とは言え、何か他の音になるわけではない。単に名状し難い音の厚みとなる。
そしてわたしたちには同調し難いリズム。
反復が永劫に続くのではないかという不安を高まらせながら。
長い吐息、風、波、、、。
自然の露呈。


クーラーの効いた部屋の窓越しに揺らぐ湿気を含んだ残酷な熱射の光景に交る音。
決して近づけない異物であり他者の音。
この、感覚の錯乱。
周りの空間は占拠された。
夏の宵を埋め尽くす圧倒する自然。
そうこれは夏の自然だ。寄る辺ない冷気の窓の外に見る残酷な光景。

これに単調に上がる花火などが加わればもう究極の孤絶である。
この部屋はエントロピーの舞台となる。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加



関連記事

COMMENT

ヒリヒリします

GOMA28様は、ワタクシがとうの昔に捨て去ってしまった、いわく言いがたい繊細な感性を、今も持ち続けていらっしゃるのですね。
蝉の声から感じる何とも言えない焦燥感、不安感・・ヒリヒリと伝わってまいりました。

「岩に染み入る」は、芭蕉が途方もない推敲の末につかみ取った、究極の表現ですね。
この表現にぶち当たった時の芭蕉の嬉々とした興奮を、想像してしまいます。

夏はヒリヒリし通しです(笑

吉本隆明さんが、かつてうたについて、記述・筆記による詩作の過程(構造化)無しに、平安期のあの高度なうたは咏い得ないことを、確か「言語にとって美とはなにか」で論じていたと思いますが、いきなりさっと咏われているようなうたも、文を経てはじめて生まれてくるのですね。まして芭蕉の頃になれば徹底的な紙の上での推敲を重ねた末、詠まれたのでしょうね。

わたしはどうにもセミの音は生理的にダメです。
実は花火も何でわざわざ見に行くのか、どちらかといえばクラゲを見るほうが好きです。
そうそう、3Dマッピングって一体なんなんですか?
新江ノ島水族館でよくよく見てから判断しますが。

どうもありがとうございます。
また、貴重なご意見、宜しくお願いします。

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp