プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
レッド・ファミリー
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ちょっとお店に

ord01.jpg

デザイナーズ家具はもう20年くらい前から巷で騒がれているが。
表参道まで用事で来たので、せっかくだし家具でも見て帰りたい。
例えばインテリアでは、hhstyle.com 青山本店に行ってみると、
椅子が面白い。
取り敢えず限定モノなどの高価なものではなく形の面白いものだけ見てみる。
キッズから見ると、イームズエレファント(25200)アメリカが象そのものだった。
でかい象の飾りにも見えるが。
ティップトン(27300)イギリスが黄色い普通の椅子に見えて、座ると前傾姿勢になる。
その傾きによって端末操作時の体の姿勢をよくするそうだ。
ベジタル(39900)フランスは、まさに植物だ。
室内・外両方で使用可。植物をモチーフとしたとても座りやすい椅子。
パントンクラシック(116550)デンマーク真っ赤な椅子。一体成型の子供向けの粘土アニメに出てきそう。
これも一体成型であっても見た目より安定しており座りやすい。
ヴィグルサイドチェア(77700)カナダは、パントンクラシックのように一体成型だがもっと複雑に畳み込まれている。
素材はダンボールだ。非常に強度は高いという。
写真を撮りたいものだがさすがにそれはできない。

家具屋とカフェが一緒になっているところがこのへんは多い。
もともと、家具店とカフェは相性はよいはず。
この界隈だと、、、。
カフェ・バイ・フランフランなど。
そしてベルコモンズはあまりに有名。
こっちはテーブルがやたらと目に付く。
インポートテーブルにはやはり目を奪われるものがある。
わたしが近所の家具屋で買ったものより4万円は安いが遥かにセンスの良いものがあった。
そんなものだ(苦
妙に芸術的なものは興味ないが、面白いものがある。
例えばコロロデスク(68000)。
小窓があちこちに付いた箱型デスク。
何か小物を吊るしたり、小窓を開けたときにできる小テーブルにカップを置いたり、
巣箱にも似ているいろいろな使い方に対応するデスクだ。
お尻隠さずだが、秘密基地めいている。

わたしはこれが一番気に入った。
こういうものが時折見れるのなら、こっちの方にも隙を見て出向きたいと思った。
かつてこちらに実家がありそこで古陶器店を営んでいた知り合いの家をもう訪ねることはなくなったので、
最近は今回のように他に来る用向きがなければとてもわざわざこれなかった。
でも、実際にこういうものには触れてみるのも大事だ。

そういえば、子供の頃、ダンボール箱に頭を突っ込みしきりに何やらやっていた友達がいた。
よく分からないが、妙に集中していたように見受けられたものだ。

店で言うと他にスパイラルが有名。スパイラルカフェも。
雑貨にすごいものがある、はず。
ウェディングギフトなどはここで充分見つかる。
まだ、行ったことない。
今回行こうと思ったが、へたった。

アンティークにまで行くともう、間違っても買えるようなものはないので、スッキリ帰る事にする。
150年くらい前のものになると、本気で欲しくなるものも見つかる。
もうないだろうな。見置きは出来ないというし。
ビンテージものには味わいあるものが多い。
ただ高いだけのものも、状態がイマイチのものも少なくないが。

ともかく疲れた。
次に来るのは何年後か?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp