プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
still dark
この世界に残されて
ファミリー ファミリー
通告
暗黒街のふたり
Autonomous 自律
怪奇蒐集者 黄泉がたり 村上ロックより抜粋
閉鎖病棟 -それぞれの朝-
ついに実現、S君の絵画展
S君 小さな情景展 Pre001
遠藤彰子先生と語る
春夏秋冬そして春
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
邦画特選
☆彡 東京物語
☆彡 秋刀魚の味
☆彡 麦秋
☆彡 晩秋
☆彡 雨月物語
☆彡 アフタースクール
☆彡 ラブレター
☆彡 四月物語
☆彡 花とアリス
☆彡 スワロウテイル
☆彡 リップヴァンウィンクルの花嫁
☆彡 寄生獣
☆彡 寄生獣 完結編
☆彡 ヒミズ
☆彡 冷たい熱帯魚
☆彡 女子ーズ
☆彡 フラガール
☆彡 怒り
☆彡 ミスミソウ
☆彡 志乃ちゃんは自分の名前が言えない
☆彡 少女邂逅
☆彡 羊と鋼の森
☆彡 空(カラ)の味
☆彡 カノン
☆彡 花筐
☆彡 ローリング
☆彡 サマーフィルムにのって
☆彡 あん
☆彡 ドライブ・マイ・カー
☆彡 お嬢ちゃん
☆彡 夏の妹
☆彡 モダン・ラブ
☆彡 ソウル・フラワー・トレイン


アニメーション☆

★彡 サマーウォーズ
★彡 君の名は。
★彡 この世界の片隅に
★彡 言の葉の庭
★彡 聲の形
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版前後編
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版 新編
★彡 映画けいおん!
★彡 涼宮ハルヒの消失
★彡 響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ
★彡 たまこラブストーリー
★彡 百日紅 Miss HOKUSAI
★彡 planetarian~星の人~
★彡 『千と千尋の神隠し』を観て。廃墟のテーマパークの可能性
★彡 星を追う子ども
★彡 劇場版総集編メイドインアビス 旅立ちの夜明け・放浪する黄昏
★彡 Dr.STONE
★彡 天気の子
★彡 竜とそばかすの姫
月別アーカイブ

ドラマを観た

uminifuru001.jpg


2015
山本剛義 監督


シリアスでも肩の凝らないものが観たかった。
Tvドラマは時間が長くなり覚悟はいるが、えいや~という感じで観始めることに。
そこそこ面白いのだが、、、。

uminifuru002.png

「海に降る」というの。1~8話、一気に観た。
今をときめく有村架純主演モノであったが、かなり物足りなかった。
高名な研究者で「しんかい6500」の操縦士でもある亡き父の遺志を継ぐ娘。
JAMSTEC~海洋研究開発機構の職員で6500の操縦士として活躍せんとする、、、。
かなり強烈な光を放ってもよさそう。
こんなに演技ヘタだっけ、、、。妙にずっと暗いしオーラが無い。
余り演技は気にしないわたしでもとても気になった。

uminifuru003.png

周囲を固める俳優陣は皆渋いベテラン揃いで、堅実であったが。
曲者の竹中直人もアクロバティックな動きはなくただ悪いだけ。
何と言うか幅が感じられない。

有村架純、、、天谷深雪
井上芳雄、、、高峰浩二
板谷由夏、、、正田眞美子
筒井道隆、、、神尾宏
高橋和也、、、近藤恒哉
時任三郎、、、天谷厚志
西岡德馬、、、多岐隆司
平泉成、、、皆川彰平
竹中直人、、、陣内公彦
原田知世、、、天谷直子
遠藤憲一、、、石堂将司

全体にとっても地味な仕上がり。これだけの錚々たる面々をもってして。
噺の内容からしてもっとスリリングでダイナミックに持ってゆけるのでは、と思うところ。
有村女史ももう少しチャーミングさが発揮されてもよい。彼女特有の透明感とか瑞々しさを放ち。
何で?と言う感じ。

uminifuru004.png

決して詰まらない内容ではない。研究に人生を掛ける研究者と真面目で一途な操縦士たちの研究機関の噺である。
そこに金儲けの単なる開発組織にJAMSTECを変えようとする政治家が絡む。
研究機関を儲けの為の開発団体に変えられて堪るかというところで、権力に対する反発が起こるが、、、
ただなんだかこじんまり感があって、いまひとつかみ合っていないところも感じる。
特に何のコンセンサスもなく急激な組織変革を行う遠藤憲一の立ち位置と周りの人間との関係の変化。
どうも流れが判然としない。動きに説得力が無い。特に終盤の関係性に。
セリフも舌足らず。
皆が感心していたりする場面がそれほどのものとは思えない。

脚本家は、徳永友一、山浦雅大、三浦駿斗、浅野敦也とかなりいる。
これってもしかして、エピソード毎に分れているのかしら、、、。
繋がりはあるのだが、まとまりが弱い。演出ももう一工夫を、、、。
「しんかい6500」自体のVFXは悪くはない。
だがレーダーをちゃんと見ていてあれはなかろうに、というものではあった。
肉眼で観てもそりゃ、海流が濁って視界が悪けりゃ見えないだろうとは思う。

uminifuru006.jpg

別に凄い盛り上がりや、感動の大団円を期待するわけではないが、来るものが薄かった。
そう、薄口映画(ドラマ)という感じ。
50分8回ドラマならかなり細やかにじわじわくる壮大な噺も組めるだろうに。
各々が資料に当たったりデータ解析を行うシーンはタップリあってよかったが。
俳優陣も贅沢だし生かされている部分もあった。

とは言え、やはりヒロインが厳しかったなあ。こういう演技を求められたのか。
本来の有村架純ならもう少しビビットになるのでは。
それで全体の緩急や波~展開まで弱く感じたか。
もっと面白く出来たのではないかという思いは否めない。

uminifuru005.jpg

「しんかい6500」はずっと興味はありその為、観てみたのだが、惜しかった。
かなり遅くに観始めて、観終わり書くにも勢いが今一つ足りず、、、この辺にしたい。
「深海の宇宙」と地震の関係とか、結局どうなんだろう。
純粋にそれを追求するというより代議士の軍用機調査との関係など政治的な駆け引きなどが重く、ありきたりな方向に行ってしまった。
「深海の宇宙」そのものにもっと時間を割きたい。





AmazonPrimeにて








関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

”Bon voyage.”

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp
ブレード・ランナー ファイナルカット
ブレードランナー2049
メッセージ
インターステラー
第9地区
月に囚われた男 MOON
オブリビオン
コンタクト
オデッセイ
エイリアン
プロメテウス
エイリアン: コヴェナント
エクス・マキナ
クラウドアトラス
モンスターズ 地球外生命体
クロニクル
ガタカ GATTACA
チャッピー
パシフィック・リム
ザ・ミスト
オートマタ
スターシップ9
モーガン プロトタイプL-9
ロスト・エモーション
スローターハウス5
ザ・ドア 交差する世界
メランコリア
アルファヴィル
アンダー・ザ・スキン
不思議の国のアリス
イーオン・フラックス
サリュート7
アポロ13号
シルバー・グローブ/銀の惑星
イカリエ-XB1
アイアン・ジャイアント
アンドロメダ
地球の静止する日
地球が静止する日
宇宙戦争
トランス・ワールド
ロボット
ヴィデオドローム
イグジステンズ
マイノリティ・リポート
フローズン・タイム
マザーハウス 恐怖の使者
EVA
ベイマックス
ファースト・コンタクト
ファースト・マン
13F~サーティーン・フロア
あやつり糸の世界