プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
still dark
この世界に残されて
ファミリー ファミリー
通告
暗黒街のふたり
Autonomous 自律
怪奇蒐集者 黄泉がたり 村上ロックより抜粋
閉鎖病棟 -それぞれの朝-
ついに実現、S君の絵画展
S君 小さな情景展 Pre001
遠藤彰子先生と語る
春夏秋冬そして春
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
邦画特選
☆彡 東京物語
☆彡 秋刀魚の味
☆彡 麦秋
☆彡 晩秋
☆彡 雨月物語
☆彡 アフタースクール
☆彡 ラブレター
☆彡 四月物語
☆彡 花とアリス
☆彡 スワロウテイル
☆彡 リップヴァンウィンクルの花嫁
☆彡 寄生獣
☆彡 寄生獣 完結編
☆彡 ヒミズ
☆彡 冷たい熱帯魚
☆彡 女子ーズ
☆彡 フラガール
☆彡 怒り
☆彡 ミスミソウ
☆彡 志乃ちゃんは自分の名前が言えない
☆彡 少女邂逅
☆彡 羊と鋼の森
☆彡 空(カラ)の味
☆彡 カノン
☆彡 花筐
☆彡 ローリング
☆彡 サマーフィルムにのって
☆彡 あん
☆彡 ドライブ・マイ・カー
☆彡 お嬢ちゃん
☆彡 夏の妹
☆彡 モダン・ラブ
☆彡 ソウル・フラワー・トレイン


アニメーション☆

★彡 サマーウォーズ
★彡 君の名は。
★彡 この世界の片隅に
★彡 言の葉の庭
★彡 聲の形
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版前後編
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版 新編
★彡 映画けいおん!
★彡 涼宮ハルヒの消失
★彡 響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ
★彡 たまこラブストーリー
★彡 百日紅 Miss HOKUSAI
★彡 planetarian~星の人~
★彡 『千と千尋の神隠し』を観て。廃墟のテーマパークの可能性
★彡 星を追う子ども
★彡 劇場版総集編メイドインアビス 旅立ちの夜明け・放浪する黄昏
★彡 Dr.STONE
★彡 天気の子
★彡 竜とそばかすの姫
月別アーカイブ

幻影奇譚

yamadagoro004.jpg

山田ゴロという漫画家で、霊の見える怪奇蒐集者の話を聴いた。
ほぼ全て自分が直接(または家族が)体験した噺だったと思う。
まさに茶飲み噺を聴いている感覚で、途中で寝た。

怖い話ではなく、霊絡みの噺というだけで、何と言うかこの日常世界と霊界?の交わった場について騙っているようだった。
特に印象的なのは、ただいつも通りに過ごしていて、一緒にいた者(妻であったり)が今誰と話していたの?とかふと聞かれることで、自分しか見えていなかった相手がいたことを事後的に知るというモノ。
なるほどね。そういう事だとしたらわたしは全くそういうものに接したことも見たこともないと断言してきたが、普通にそれとなく見たり会釈した相手が実際にいたのかどうか、一人だけでいる場合は確証不能だ。霊と目が合っていたかも知れぬわ。
とは言え、どうでもよいことだが。
そこに拘る気が無いし。ともかく霊感という受信システムは蟲が関係しているという。人の中にある蟲次第のようだ。蟲のネットワークでもあるのかも知れない。蟲が好かんとか虫唾が走るとか、こういう相互的な関係(通信)でもある、、。わたしはそれを無視して来たみたい(笑。

ただ、普通に見えてしまう人は、何かあれば不可避的に関わることにもなるみたい。
少年時代から、友達のお父さんが最近具合が悪く何かが家にいるみたい、とか言う事があれば、即招待されてそのお客の正体を特定する。そして坊さん呼んでお祓いしてもらい、お父さんはスッキリ元気。友達は大喜び。
結構その方面では役立つ頼りになる人である。わたしの家も見てもらいたいものだ。結構いそうだぞ(怖。わたしの母親には間違いなく10体くらい凄まじいのが憑いている(爆。最強のお祓いをしてもらわなければなるまい(娘で金がかかるから今はちょっと無理だが)。

yamadagoro002.jpg

ひとに悪さをしている本体を見出し、お祓いで解決するなら、それはベンチャービジネスにも展開できる。
但し、見えなければどうにもならない。見える人はやってみたらどうだろう。結構儲かるかも。
算盤の先生が殺害されたときも、山田君が先生の霊から算盤問題プリントの紙で包まれた馬糞を託された為、厩舎に関係があることが分かり馬糞を処理している穴から半ば白骨化した死体が発見され、行方不明で姿をくらましていた馬方が逮捕となった。
見えるだけではなく実体化したモノも受け取れると謂うのは強い。
この力があれば、商売になるぞ。あくまでもその力があればのことだが。

それから山田氏の謂うには、心霊スポットとかに素人がズカズカはいるものではないということ。
氏もそういうところには行かないことにしているという(以前、一度結界内に入ってしまい酷い目にあったそうな)。
ならば、見えない普通の人が行って良いことがあるとは思えない。
わたしは間違ってもそんなところに行く気はないが。
心霊ものの映画関係者もそこは気を付けてもらいたいものだ。

yamadagoro003.jpg

また、霊は身内とか親密な者の思いやお札などのアイテムに呪縛される傾向もあるのか。
子供を若くして亡くした親が子供を結婚させてあげたいという思いから、赤い封筒に髪の毛を入れて道端に置いておくという風習がタイとかにあるそうな。旅行者がうっかり日本に持ち込んでしまったことで、その封筒に封印された女のこの霊がとり憑いてしまったというのが、先のお父さんの例である。
その国では、それを拾ってしまった人はそこにお金を入れ、また元の場所に戻すという。酔っぱらったお父さんは何だこれと拾いそのまま帰国してしまったらしい。山田少年がその女の子をはっきり認め、丁寧にお祓いしてお札を破ってあげるととても嬉しそうな表情で昇天したみたい。
亡くなった者をこちらの勝手な思いで束縛してよいはずがない。向こうに逝ったモノは向うのモノ同士でやってゆけばよいのだ。
世界が違うのだから。ホント、普通に生きてるようで全く意思疎通100%不可能な者も沢山いるし。この世という空間も均質ではないのは確か。ルネサンス以前の絵画を観ればよく分かる。遠近法は暴力装置であった。

山田少年は生霊も見えた。友達3人と夜道を歩いている時に、皆から慕われている大地主で、足腰の立たぬおばあちゃんが、彼方からウサイン・ボルトみたいに激走して迫り来ると、あっという間に彼らの傍らを過ぎ去って行ったという。
このまま歩けばそのおばあちゃんの方向に近づくこととなり、どうしたらよいかわからなくなる、、、。
そりゃ怖いわ。もう怖くて怖くて、3人で泣いていると、男性がやって来て安全なところまで導いてくれたそうだ。だがその男性が誰であるか分からないと、、、小さな村なので皆顔見知りなのだが、全く知らない人であったとか。怖い夜であった。

幼い頃、山田少年の家に托鉢の坊さんが2人一緒に現れ、片方は坊さんでもう片方は坊さんというより捕まった荒くれのようであったが、母親には坊さんしか見えなかったようだ。その際に坊さんが、この子には仏が宿っており将来なりたい人になれるものを持っているから大事に育てなさい、と謂われたそうだ。

yamadagoro001.jpg

その時の体験が元になり今こういう噺をしているという。
出逢いは大切だね。
と言うかそうした出逢いに恵まれるという事が大きい。





AmazonPrimeにて







ひとつ気になったのが、3人のお友達と夜道の帰りにおばあさんに出逢う件であるが、他のパタンでは何人一緒でも山田氏一人だけしか対象を見ないのだが、この時は一般少年2人も見ていることになる。
彼ら2人はどうしておばあさんの生霊を見ることが出来たのか。

考えられるのは、彼らが少年であったからか?その感受性=蟲の瑞々しさとか。氏も幼い頃の方が見えたとか言っていた。
おばあさんの生霊のエネルギーが桁外れであったからか?その凄まじい走りっぷりから謂うと、、、。
それくらいしか思い当たらない。
氏の解説が欲しいところ。


関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

”Bon voyage.”

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp
ブレード・ランナー ファイナルカット
ブレードランナー2049
メッセージ
インターステラー
第9地区
月に囚われた男 MOON
オブリビオン
コンタクト
オデッセイ
エイリアン
プロメテウス
エイリアン: コヴェナント
エクス・マキナ
クラウドアトラス
モンスターズ 地球外生命体
クロニクル
ガタカ GATTACA
チャッピー
パシフィック・リム
ザ・ミスト
オートマタ
スターシップ9
モーガン プロトタイプL-9
ロスト・エモーション
スローターハウス5
ザ・ドア 交差する世界
メランコリア
アルファヴィル
アンダー・ザ・スキン
不思議の国のアリス
イーオン・フラックス
サリュート7
アポロ13号
シルバー・グローブ/銀の惑星
イカリエ-XB1
アイアン・ジャイアント
アンドロメダ
地球の静止する日
地球が静止する日
宇宙戦争
トランス・ワールド
ロボット
ヴィデオドローム
イグジステンズ
マイノリティ・リポート
フローズン・タイム
マザーハウス 恐怖の使者
EVA
ベイマックス
ファースト・コンタクト
ファースト・マン
13F~サーティーン・フロア
あやつり糸の世界