プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
still dark
この世界に残されて
ファミリー ファミリー
通告
暗黒街のふたり
Autonomous 自律
怪奇蒐集者 黄泉がたり 村上ロックより抜粋
閉鎖病棟 -それぞれの朝-
ついに実現、S君の絵画展
S君 小さな情景展 Pre001
遠藤彰子先生と語る
春夏秋冬そして春
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
邦画特選
☆彡 東京物語
☆彡 秋刀魚の味
☆彡 麦秋
☆彡 晩秋
☆彡 雨月物語
☆彡 アフタースクール
☆彡 ラブレター
☆彡 四月物語
☆彡 花とアリス
☆彡 スワロウテイル
☆彡 リップヴァンウィンクルの花嫁
☆彡 寄生獣
☆彡 寄生獣 完結編
☆彡 ヒミズ
☆彡 冷たい熱帯魚
☆彡 女子ーズ
☆彡 フラガール
☆彡 怒り
☆彡 ミスミソウ
☆彡 志乃ちゃんは自分の名前が言えない
☆彡 少女邂逅
☆彡 羊と鋼の森
☆彡 空(カラ)の味
☆彡 カノン
☆彡 花筐
☆彡 ローリング
☆彡 サマーフィルムにのって
☆彡 あん
☆彡 ドライブ・マイ・カー
☆彡 お嬢ちゃん
☆彡 夏の妹
☆彡 モダン・ラブ
☆彡 ソウル・フラワー・トレイン


アニメーション☆

★彡 サマーウォーズ
★彡 君の名は。
★彡 この世界の片隅に
★彡 言の葉の庭
★彡 聲の形
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版前後編
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版 新編
★彡 映画けいおん!
★彡 涼宮ハルヒの消失
★彡 響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ
★彡 たまこラブストーリー
★彡 百日紅 Miss HOKUSAI
★彡 planetarian~星の人~
★彡 『千と千尋の神隠し』を観て。廃墟のテーマパークの可能性
★彡 星を追う子ども
★彡 劇場版総集編メイドインアビス 旅立ちの夜明け・放浪する黄昏
★彡 Dr.STONE
★彡 天気の子
★彡 竜とそばかすの姫
月別アーカイブ

過去のない男

Mies vailla menneisyyttä002

Mies vailla menneisyyttä

2002
フィンランド、ドイツ、フランス

アキ・カウリスマキ監督・脚本・製作
レーヴィ・マデトーヤ音楽


カティ・オウティネン、、、イルマ
マルック・ペルトラ、、過去のない男
アンニッキ・タハティ、、、救世軍のマネージャー、バンドのヴォーカリスト
マルコ・ハーヴィスト&ポウタハウカ、、、救世軍バンド メンバー
タハティ(監督の犬)、、、ハンニバル
ユハニ・ニユミラ、、、ニーミネン
カイヤ・パリカネン、、、カイザ・ニーミネン
エリナ・サロ、、、造船所の事務員
サカリ・クオスマネン、、、アンティラ
アンネリ・サウリ、、、バーのオーナー
オウティ・マエンパー、、、銀行員


過去のない男が、寿司を食べながら日本酒呑んでいる時に日本のロックバンドのクレイジーケンバンドの「ハワイの夜」がBGMで使われていた(笑。
暴漢にこっぴどく殴られた為に、記憶を失い自分の名前も家も職業も分からなくなってしまった男の数奇な物語。
だが、噺が面白く笑える部分もある。

Mies vailla menneisyyttä001

相変わらずタイトに切り詰めた映像だが内容~トピックが豊かでバンド演奏にも幅がありエンターテイメントとしても充分愉しめる。
3作の中では一番楽しく観られた。展開が面白く見応えがあるのだ。
1作目に出ていたキャストがここでも主要キャストを務める。
カティ・オウティネンは監督のお気に入り女優であるか。

過去のない男は確かに初っ端から暴漢に襲われ死ぬほど酷い目に遭うが、その後は物凄く憎たらしい悪徳警官に虐められるも、他の二作ほどの過酷な目に何度も遭うようなことはない。病院で死んだと思われ処分されそうになったり、浜辺まで逃げて昏倒していたらブーツを奪われたり、散々な目には遭うのだが、その後目障りなのは胸糞悪い悪徳警官くらいか。

Mies vailla menneisyyttä003

3作全てに謂えるが、役所や警察が実に冷たい。仕事も見つからず、やっと雇われたと思っても直ぐにクビにされ社会的弱者は、まともに生きられない。銀行などもっての外。
おまけに治安が悪い。ギャングは勿論だが、チンピラがあちこちに跋扈している。
身を守り何とか生き抜くことが如何に大変であるか。
ストレスからか皆よく酒を呷り、煙草を吹かす。一作目は特に酷かったが、もう酒と煙草が途絶えない。
健康にも当然悪く、アルコール依存症でカウンセラー通いの人もいたが。
基調となるのは只管貧しく陰鬱なトーンだ。

だが絶望に浸ってばかりではない。
身包み剥がされ記憶を失い悪徳警官には何かと金を絞り取られるが、手を差し伸べてくれる人もいる。
皆ホームレス同然の人々だが。
そして公的な機関なのか「救世軍」という自立支援組織を紹介されそこで仕事も見つけてもらい随分と助けられる。
ここの職員である(もうお馴染みの)カティ・オウティネン演じるイルマに一目惚れ。
彼女を誘うと相手もまんざらではない様子。
直ぐに2人は親しくなる。

Mies vailla menneisyyttä006

ここで面白い突飛な展開は、就職する会社の事務員、いつも良い役処のエリナ・サロから給料を振り込む口座を作るように言われ窓口に行ったタイミングで銀行強盗と鉢合わせとなる。彼は理不尽な資産凍結に怒り自分の金を奪いに来たのだった。彼が去った後、金庫に銀行員と共に閉じ込められる。銀行は北朝鮮のモノになるらしい。酸欠になりかけた時に煙草を吹かし火災報知機の作動で助けられる。だがその後、自分の名前も出身地も忘れている不審者として警察に身柄を拘束されてしまう。
しかしイルマの手配で弁護士により釈放される。この辺の警官と弁護士のやり取りが面白い。

自由を得た後、彼には気力が漲って来て、イルマの職場のバンドのマネージャーのような事をはじめ、彼らに時代遅れの詰まらぬ曲ではなく、コンテンポラリーミュージックを演奏するように勧める。
名前の無い男の案に乗りロックまで演奏し出す。
観客の受けもよくバンドもその方向にゆく。
更に溶接仕事を観て強く意識に引っ掛かるモノを感じ、その仕事の腕前で直ぐに雇われることに。
実は彼の以前の仕事がそれだったのだ。僅かではあるが出来事に触れ、思い出す部分はあった。
(この前に決まった仕事はどうなったのかは分からない)。
悪徳警官は相変わらずだが、彼の勢いに押されがちになってゆくところは笑える。
イルマともかなり接近してきたところで、警察から何と君の情報が得られたと名前と住所と妻の名まで教えられる急展開。

Mies vailla menneisyyttä005

イルマと取り敢えず別れて実家に戻ると、妻が離婚届けを作ったのに蒸発状態で種類を渡せなかったという。
おまけに妻の新しい相手も控えていて、決闘だとかいうから、頼むから大切にしてやってくれと言って戻って来る(笑。
自分がプロヂュースしたバンドがとても良い調子でパフォーマンスしている会場にいるイルマの元に帰り、二人でホッとする。

だが、夜道で人が3人に寄ってたかって殴られている場面に遭遇してしまう。かつての自分の姿だ。
ボスがお前まだ生きていたのかと言ってナイフを出して迫って来る。この地で最初に彼を迎えた連中であった。
しかしそのトリオに別の人の群れが襲い掛かって行く。これまで酷い目に遭わされてきた人々が報復に出たのだ。
例の悪徳警官が嬉々として本業である悪者退治に向って行く。

Mies vailla menneisyyttä004

名無し男は、この地に根を下ろし、イルマと幸せに過ごすことはもうはっきりしている。
何だこれもハッピーエンドではないか。
つまり厳しいのは3作目ということ、、、あの作品も僅かながら希望は匂わせていたけれども。
どれも良いのだが、本作が一番面白い。
犬が他に比べ一番活躍~演技していたのも本作である。




AmazonPrimeにて




男が活き活きしてきた原因が、銀行強盗した男が自分の取り戻した金で、かつての従業員一人一人に向け未払い分の給料を封筒に入れて渡してくれるように託してきたことは大きい。その男は自殺してしまうが、彼は約束を守り全員に手渡す。
これが契機になったはず。
何であってもポジティブな事に関わりは力を呼ぶ。

関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

”Bon voyage.”

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp
ブレード・ランナー ファイナルカット
ブレードランナー2049
メッセージ
インターステラー
第9地区
月に囚われた男 MOON
オブリビオン
コンタクト
オデッセイ
エイリアン
プロメテウス
エイリアン: コヴェナント
エクス・マキナ
クラウドアトラス
モンスターズ 地球外生命体
クロニクル
ガタカ GATTACA
チャッピー
パシフィック・リム
ザ・ミスト
オートマタ
スターシップ9
モーガン プロトタイプL-9
ロスト・エモーション
スローターハウス5
ザ・ドア 交差する世界
メランコリア
アルファヴィル
アンダー・ザ・スキン
不思議の国のアリス
イーオン・フラックス
サリュート7
アポロ13号
シルバー・グローブ/銀の惑星
イカリエ-XB1
アイアン・ジャイアント
アンドロメダ
地球の静止する日
地球が静止する日
宇宙戦争
トランス・ワールド
ロボット
ヴィデオドローム
イグジステンズ
マイノリティ・リポート
フローズン・タイム
マザーハウス 恐怖の使者
EVA
ベイマックス
ファースト・コンタクト
ファースト・マン
13F~サーティーン・フロア
あやつり糸の世界