プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
still dark
この世界に残されて
ファミリー ファミリー
通告
暗黒街のふたり
Autonomous 自律
怪奇蒐集者 黄泉がたり 村上ロックより抜粋
閉鎖病棟 -それぞれの朝-
ついに実現、S君の絵画展
S君 小さな情景展 Pre001
遠藤彰子先生と語る
春夏秋冬そして春
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
邦画特選
☆彡 東京物語
☆彡 秋刀魚の味
☆彡 麦秋
☆彡 晩秋
☆彡 雨月物語
☆彡 アフタースクール
☆彡 ラブレター
☆彡 四月物語
☆彡 花とアリス
☆彡 スワロウテイル
☆彡 リップヴァンウィンクルの花嫁
☆彡 寄生獣
☆彡 寄生獣 完結編
☆彡 ヒミズ
☆彡 冷たい熱帯魚
☆彡 女子ーズ
☆彡 フラガール
☆彡 怒り
☆彡 ミスミソウ
☆彡 志乃ちゃんは自分の名前が言えない
☆彡 少女邂逅
☆彡 羊と鋼の森
☆彡 空(カラ)の味
☆彡 カノン
☆彡 花筐
☆彡 ローリング
☆彡 サマーフィルムにのって
☆彡 あん
☆彡 ドライブ・マイ・カー
☆彡 お嬢ちゃん
☆彡 夏の妹
☆彡 モダン・ラブ
☆彡 ソウル・フラワー・トレイン


アニメーション☆

★彡 サマーウォーズ
★彡 君の名は。
★彡 この世界の片隅に
★彡 言の葉の庭
★彡 聲の形
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版前後編
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版 新編
★彡 映画けいおん!
★彡 涼宮ハルヒの消失
★彡 響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ
★彡 たまこラブストーリー
★彡 百日紅 Miss HOKUSAI
★彡 planetarian~星の人~
★彡 『千と千尋の神隠し』を観て。廃墟のテーマパークの可能性
★彡 星を追う子ども
★彡 劇場版総集編メイドインアビス 旅立ちの夜明け・放浪する黄昏
★彡 Dr.STONE
★彡 天気の子
★彡 竜とそばかすの姫
月別アーカイブ

エレクトリック・ドリームズ 地図にない町

The Commuter001

The Commuter
2018
イギリス、アメリカ

トム・ハーパー監督
ジャック・ソーン脚本
フィリップ・K・ディック原作

ティモシイ・スポール、、、エド(駅員)
タペンス・ミドルトン、、、リンダ(メイコン・ハイツ計画者の娘)


メイコン・ハイツという本当はあったかも知れない駅を巡って展開する噺。
街は地図には存在しないが、リンダの父によって以前実際に開発計画なされたものだ。
駅も作られるはずだったが、事業は結局頓挫して、彼女の父は亡くなってしまったという。

The Commuter002

リンダに誘われて駅員のエドもその街を初めて訪れる。
街は駅ではなく、途中で列車から飛び降りて向かうのだが、かなりの人々がその街に向う事を知る。
実際に街のカフェに入ってみるとサービスもよく、住民たちもフレンドリーで優しい。
エドは街もカフェも気に入って気持ち良く夜の列車で帰って来る。
途中から仕事をすっぽかしていた為、同僚はお冠であったが、彼の家族構成が何故か変わっていた。
然程気にせず帰宅すると、いつも家庭や外で暴れて面倒を起こしている精神障害の息子が生まれていない状況になっているのだ。
妻との二人暮らしを仲睦まじくしていることに。エドは正直ほっとした気持ちも味わう。

The Commuter003

どうやらエドの動き~関与の仕方によって現実世界とメイコン・ハイツの両方が変容するらしい。
こういう噺~関係性も時折SF映画で観て来た。
メイコン・ハイツに馴染みそれによって変わった現実の生活を享受すれば事態は落ち着くようだ。
しかし、エドはいくら息子が暴力沙汰を起こしあちこちで問題になっても、彼を愛おしむ気持ちは消し去れない。
リンダの謂うには、今後ますます息子の状態は悪化し、刑務所に入れられるような事態にも発展するという。
これから更に大変になる。あなたを救うつもりでメイコン・ハイツに招待したと彼女は諭す。

The Commuter005

エドは、息子に恐怖を覚え、違う生活の可能性を想ったことは正直あったが、やはりどんなことがあってもそれに向かい合っていきたいことを彼女に告げる。とことん息子に寄り添い続けて生きると。
結局、彼は息子が怒って暴れる日常世界に戻って行く。微笑みながら、、、。
(その気持ちはわたしにも痛い程分る)。

メイコン・ハイツに通い続ける人は、どうしてもそれが出来ない人々のようだ。
追い込まれてそこに縋るしかない哀しみを湛えた人たちがいつものように向かってゆく。
これが反復して閉じてしまうところはどうにも辛い。
そのパタンに組み込まれてしまう悪無限循環。

The Commuter004

とは言え、メイコン・ハイツのような街には大変興味がある。
稲垣足穂の謂う薄い街のようだ。何やら香しいではないか。
わたしも何かの隙間~拍子に滑り込みたい。
まあ、新たな素粒子を探すくらい大変な事だろうけど(笑。
とは言え、この世は11次元によって成り立っているのなら、別の平面からの情報により何らかの変容が齎されてもおかしくない。
ミューオンの加速器の実験からも、別の次元からの何らかの粒子への作用~ズレが報告されている。
何かが起きているのだ。
いま各次元を横断して作用しているのは重力だけだが。
何らかの重力子が見つかれば、余剰次元についての認識も深まるはず。
ヒッグス粒子が発見されたのは2012だった。あれから10年。そろそろ18番目の粒子または、理論が出てきても良い頃。
ダークマター、ダークエネルギーが一気に解ける時かも(当然、余剰次元との絡みとして現れると思うけど)。

ウンベルト・ボッチオーニのような未来派の画家は、時代の先頭に立って新たな認識~世界像を見事に可視化してくれたが、あのようなパワーを感じる芸術が、見えてこない。よくって政治的なモノ、、、バンクシーもよいが、ボッチオーニの後を継ぐような画家でありたい。音楽もDevoの後は出てきていないし、キャバレ・ヴォルテールの後も。いやクラフトワークの後こそが肝心か。
(テリー・ライリーがまだ元気なのには驚いた。『ミニマル』というより、むしろ『サイケデリック』と呼ばれたい、というお爺ちゃんだ。何処からか何か出てきてもよい)。

SFだと何でも思いついたことがお気楽に書けて楽しいわ。

The Commuter006

しかし何にしても現実に戻るとき、夢から覚める時の悲哀には同調出来る。
そういうものだという、、、。夕日に照らされた列車ほど哀しいものは無い。

この映画のエドは、ストイックに現実に向き合いそこに新たな局面を創造できれば、これ以上素晴らしいことは無いのでは。
大変ポジティブなある意味、本来的に科学的な挑戦にもなろう。
(実は、わたしもそれをこそ目論んでいる)。






AmazonPrimeにて











関連記事

COMMENT

ポスト

ポスト・キュビズムとか未来派、あるいはポスト・クラフト~キャバレということに関しては思うことが2つあります。

・その1
キュビズムやクラフト的なあれこれは第2次産業に帰属する表現である。
ゆえに、もはやアウト・オブ・デートでリアルティがない、そんなものが出てきてももはやトンチンカン(キッチュ)でしかないということを全員が無意識的にわかっている。ゆえにポストは出てこない。

・その2
キュビズムやクラフト的なあれこれのポストは実は RAP のトラックの中にある。
トラックメイカーたちはキュビズムやDevo的なあれこれを引き継いだわけではなくまったく無関係であるが、RAP のトラックに特徴的なグルーヴを排除したデッドなトーンはキュビズムやクラフト的なあれこれの後継と言える

以上、あくまで持論ですが。

Re: ポスト

ポスト?
~後と謂ったのが、~派のポストと受け取られましたか?
別に連続性をもった発展的な後継者と謂うつもりはないです。そんなものどうでもよい。
単に次に来る革新的な何かです。常に次に来る者は飛躍的に来ますからね。例えポストと名乗ろうとも。
それが何であるかです。飽くまでも。

わたしが例に挙げた未来派のボッチョーニは量子イメージまで来ています。確実に。
ですから第2次産業に帰属しない。

わたしの謂いたいことは、全自然学的にある事象をどのように実感させる域にまで持ってこれるかです。それが全て。その全てがこちらに完全に影響して来るのですから、それを知らなければ何にしても実情に対処できない。
わたしが欲しいのは「情報」なので。


余剰次元から引っ張ってくる何かを捉えることは、実際の生活に関係して来るという事です。
(最先端の科学者が実証しようがしまいが、既にずっと関係してくるのですから)。
向う~ブレーンからの「木霊」を知りたい。

そもそも、われわれの知が如何に乏しく貧しく覚束ないものか。
その為、これまでどれだけ受苦してきたことか。理不尽に。
遅すぎるのです。余りにも。速度が。激しい怒りを覚えます。

「RAP のトラックに特徴的なグルーヴを排除したデッドなトーン」
と謂うのは、感覚的に分かります。わたしは、クラウトロックにそれを感じて来ました。
示唆的です。
ただ、芸術家の役割が、ミケランジェロの頃からするととても貧しくなったことは確かです。

EDIT COMMENT

非公開コメント

”Bon voyage.”

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp
ブレード・ランナー ファイナルカット
ブレードランナー2049
メッセージ
インターステラー
第9地区
月に囚われた男 MOON
オブリビオン
コンタクト
オデッセイ
エイリアン
プロメテウス
エイリアン: コヴェナント
エクス・マキナ
クラウドアトラス
モンスターズ 地球外生命体
クロニクル
ガタカ GATTACA
チャッピー
パシフィック・リム
ザ・ミスト
オートマタ
スターシップ9
モーガン プロトタイプL-9
ロスト・エモーション
スローターハウス5
ザ・ドア 交差する世界
メランコリア
アルファヴィル
アンダー・ザ・スキン
不思議の国のアリス
イーオン・フラックス
サリュート7
アポロ13号
シルバー・グローブ/銀の惑星
イカリエ-XB1
アイアン・ジャイアント
アンドロメダ
地球の静止する日
地球が静止する日
宇宙戦争
トランス・ワールド
ロボット
ヴィデオドローム
イグジステンズ
マイノリティ・リポート
フローズン・タイム
マザーハウス 恐怖の使者
EVA
ベイマックス
ファースト・コンタクト
ファースト・マン
13F~サーティーン・フロア
あやつり糸の世界