プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
still dark
この世界に残されて
ファミリー ファミリー
通告
暗黒街のふたり
Autonomous 自律
怪奇蒐集者 黄泉がたり 村上ロックより抜粋
閉鎖病棟 -それぞれの朝-
ついに実現、S君の絵画展
S君 小さな情景展 Pre001
遠藤彰子先生と語る
春夏秋冬そして春
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
邦画特選
☆彡 東京物語
☆彡 秋刀魚の味
☆彡 麦秋
☆彡 晩秋
☆彡 雨月物語
☆彡 アフタースクール
☆彡 ラブレター
☆彡 四月物語
☆彡 花とアリス
☆彡 スワロウテイル
☆彡 リップヴァンウィンクルの花嫁
☆彡 寄生獣
☆彡 寄生獣 完結編
☆彡 ヒミズ
☆彡 冷たい熱帯魚
☆彡 女子ーズ
☆彡 フラガール
☆彡 怒り
☆彡 ミスミソウ
☆彡 志乃ちゃんは自分の名前が言えない
☆彡 少女邂逅
☆彡 羊と鋼の森
☆彡 空(カラ)の味
☆彡 カノン
☆彡 花筐
☆彡 ローリング
☆彡 サマーフィルムにのって
☆彡 あん
☆彡 ドライブ・マイ・カー
☆彡 お嬢ちゃん
☆彡 夏の妹
☆彡 モダン・ラブ
☆彡 ソウル・フラワー・トレイン


アニメーション☆

★彡 サマーウォーズ
★彡 君の名は。
★彡 この世界の片隅に
★彡 言の葉の庭
★彡 聲の形
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版前後編
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版 新編
★彡 映画けいおん!
★彡 涼宮ハルヒの消失
★彡 響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ
★彡 たまこラブストーリー
★彡 百日紅 Miss HOKUSAI
★彡 planetarian~星の人~
★彡 『千と千尋の神隠し』を観て。廃墟のテーマパークの可能性
★彡 星を追う子ども
★彡 劇場版総集編メイドインアビス 旅立ちの夜明け・放浪する黄昏
★彡 Dr.STONE
★彡 天気の子
★彡 竜とそばかすの姫
月別アーカイブ

エレクトリック・ドリームズ ありえざる星

Impossible Planet001

Impossible Planet
2018
イギリス、アメリカ

デヴィッド・ファー監督・脚本
フィリップ・K・ディック原作

ジェラルディン・チャップリン、、、イルマ・ゴードン(耳の不自由な350歳を越える老婦人)
ベネディクト・ウォン、、、アンドリュース(宇宙ツアー・ガイド)
ジャック・レイナー、、、ノートン(宇宙ツアー・ガイド)
ティモシー・スポール


美しいファンタジーであった。最後のシーンには思わず感動してしまったのだが、、、傑作。
余りフィリップ・K・ディックぽく無い(笑。シニカルな捻りが無いと疑ってしまう(爆。
わたしはフィリップ・K・ディックの小説は結構読んだ気ではいたが、ここの短編は読んでいない。
当然、小説と映像では表現形式の違いから、どうしても制限が生じて来る。
これまでこのシリーズに対し極力肯定的に観るようにしてきたが、この作品の出来栄えに触れこれまでちょっと甘めに観て来たことに思い当たる。特に想像力を限定してしまう作りに対して。もっと映像作家はそこに敏感であるべき。

Impossible Planet002

舞台は宇宙旅行会社の宇宙船船内。
宇宙ツアー・ガイドであるノートンとアンドリュースは、色彩やサウンド効果で過剰な演出を加え乗客を愉しませていた。
乗客に夢を見せる仕事である。夢を見せることは、嘘をつくことではない。これが彼らの信条だ。
しかし彼らの働きに対する会社の待遇に満足しているようではない(報酬面か)。
ノートンはともに暮らす恋人の要望もあり、良い勤務成績を出さなければならない状況にあった。
アンドリュースの方は諦観が感じられる。あまりやる気が見られない。

そんなところに350歳ほどの老婦人が執事ロボットを連れてやって来る。
自分の祖父母の暮らした思い出の土地、地球のカロライナに是非とも行きたいというのだ。
提示された報酬は現金で2000ポジティブという彼らの5年分の給料に相当する額であった。
ロボットから彼女の余命は2ヶ月であることを聴かされる。
しかしノートンは恋人の希望で社に異動願いを申請しているところであり、今問題は起こしたくない。
会社に内緒で既に消滅している地球ツアーの企画に大乗り気のアンドリュースの勧めを断っていたが、、、
(アンドリュースとしては太陽系の他の惑星を地球と偽って見せて帰ればよいというもの。演出効果でそれらしくみせようと)。
アンドリュースはその金を持って会社を辞め、優雅な隠居生活を目論んでいた。

Impossible Planet003

突然入って来たノートンの彼女からのヴィデオレターで、上司から申請却下の連絡と彼女の憤りもぶつけられる。
それにいらつき、彼もこの噺に乗ってしまう。アンドリュースはやる気満々。
そしてイルマをビップ対応で丁重に偽地球への旅に招待することに。

ロボットもかなりのレベルのAIをもっており、大変思慮深い。
クルーの嘘に気付き誤魔化そうとしているのを直ぐに察知するが、あからさまに地球などなく騙されている事実などは彼女に伝えない。
飽くまでも彼女がサービスに満足できるかどうかの視点で考えている。
アンドリュースたちを批判的に観ながらも出しゃばらず彼女の為に嘘に加担もしているのだ。
かつて強力な電磁波の影響で、太陽系は大きく変化していた。
土星から輪がなくなり、金星に輪が出来、火星は灰色の惑星と化しておりイルマはそれに驚く。
しかし肝心の地球は消滅したことは伝えず、代わりの惑星を地空に見立ててそこを周回して帰還することにしていたが、、、。
何とイルマはそこに着陸して、お目当てのカロライナに行くという。そこで泳ぐと、、、。少女のような目で語る。

Impossible Planet004

金がどさりと入り、良い調子でガイドに関わって来たアンドリュースであったが、着陸と聞いてこの船は着陸船ではない。他にそれ専用の船がありそっちで頼んでくれと強く拒否するが。
ノートンはそれを承認する。
何度も客室に呼ばれ、彼女の想い出の噺などを聴かされ、地球で暮らしていた祖父母の写真を見て驚いていた。
その写真の祖父が自分にそっくりでしての祖母がイルマの若い頃を思わせるものであったのだ。
次第にノートンはイルマに対して共感を抱き始め、彼女の願いを実現したい気持ちになってゆく、、、。
反対に今の恋人に対し自分のこころを偽って頑張って来たことを自覚し彼女にお別れのメールを入れる。
ノートンの内省は深まって行くに従い、老婦人との親和性が強くなってゆく。

彼女の願いを実現させたいという気持ちが揺ぎ無いものとなりアンドリュースの反対を押し切り船を強制着陸させる。
そしてイルマはノートンを誘い2人で船外へと出て行く。
執事ロボットは全てを呑み込み文句は言わない。
しかしその偽地球は極めて荒涼とした地表であり気象状況も歩くのがやっとというような状況であった。

Impossible Planet005

アンドリュースは補助宇宙服の酸素残量を気にする。
早めに戻ってくることを警告するが外のノートンは応答しない。
どこまでも荒涼な風も吹きすさぶ光景ばかりが続く中、船内パネルに表示される酸素残量がもうじき切れるところに来る。
パニックになったアンドリュースが直ぐに戻れと叫ぶが、応答のないまま遂に計器はゼロを示す。
そのとき、ノートンとイルマのいる環境が晴れ渡った緑と豊かな水に満ちた自然に変貌し、イルマはそこがカロライナであることを知る。
彼女は最初から決めていたようにドレスを脱ぎ湖に入り泳ぎ出す。
そしてノートンを呼ぶ。
彼もイルマと共に泳ぎ戯れる。
いつの間にか、あの写真に写っていた祖母の姿に彼女はなっていた。
ふたりの若い男女に。地球のその時間に移動したのだ。

Impossible Planet006

この光景が美し過ぎた。
この流れが見事でそのまま持っていかれた。
感動した。
74歳?のジェラルディン・チャップリン熱演であった。まるで少女のよう。
この場の現象は純粋で無垢な憧れの力による。




AmazonPrimeにて





関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

”Bon voyage.”

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp
ブレード・ランナー ファイナルカット
ブレードランナー2049
メッセージ
インターステラー
第9地区
月に囚われた男 MOON
オブリビオン
コンタクト
オデッセイ
エイリアン
プロメテウス
エイリアン: コヴェナント
エクス・マキナ
クラウドアトラス
モンスターズ 地球外生命体
クロニクル
ガタカ GATTACA
チャッピー
パシフィック・リム
ザ・ミスト
オートマタ
スターシップ9
モーガン プロトタイプL-9
ロスト・エモーション
スローターハウス5
ザ・ドア 交差する世界
メランコリア
アルファヴィル
アンダー・ザ・スキン
不思議の国のアリス
イーオン・フラックス
サリュート7
アポロ13号
シルバー・グローブ/銀の惑星
イカリエ-XB1
アイアン・ジャイアント
アンドロメダ
地球の静止する日
地球が静止する日
宇宙戦争
トランス・ワールド
ロボット
ヴィデオドローム
イグジステンズ
マイノリティ・リポート
フローズン・タイム
マザーハウス 恐怖の使者
EVA
ベイマックス
ファースト・コンタクト
ファースト・マン
13F~サーティーン・フロア
あやつり糸の世界