プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
still dark
この世界に残されて
ファミリー ファミリー
通告
暗黒街のふたり
Autonomous 自律
怪奇蒐集者 黄泉がたり 村上ロックより抜粋
閉鎖病棟 -それぞれの朝-
ついに実現、S君の絵画展
S君 小さな情景展 Pre001
遠藤彰子先生と語る
春夏秋冬そして春
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
邦画特選
☆彡 東京物語
☆彡 秋刀魚の味
☆彡 麦秋
☆彡 晩秋
☆彡 雨月物語
☆彡 アフタースクール
☆彡 ラブレター
☆彡 四月物語
☆彡 花とアリス
☆彡 スワロウテイル
☆彡 リップヴァンウィンクルの花嫁
☆彡 寄生獣
☆彡 寄生獣 完結編
☆彡 ヒミズ
☆彡 冷たい熱帯魚
☆彡 女子ーズ
☆彡 フラガール
☆彡 怒り
☆彡 ミスミソウ
☆彡 志乃ちゃんは自分の名前が言えない
☆彡 少女邂逅
☆彡 羊と鋼の森
☆彡 空(カラ)の味
☆彡 カノン
☆彡 花筐
☆彡 ローリング
☆彡 サマーフィルムにのって
☆彡 あん
☆彡 ドライブ・マイ・カー
☆彡 お嬢ちゃん
☆彡 夏の妹
☆彡 モダン・ラブ
☆彡 ソウル・フラワー・トレイン


アニメーション☆

★彡 サマーウォーズ
★彡 君の名は。
★彡 この世界の片隅に
★彡 言の葉の庭
★彡 聲の形
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版前後編
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版 新編
★彡 映画けいおん!
★彡 涼宮ハルヒの消失
★彡 響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ
★彡 たまこラブストーリー
★彡 百日紅 Miss HOKUSAI
★彡 planetarian~星の人~
★彡 『千と千尋の神隠し』を観て。廃墟のテーマパークの可能性
★彡 星を追う子ども
★彡 劇場版総集編メイドインアビス 旅立ちの夜明け・放浪する黄昏
★彡 Dr.STONE
★彡 天気の子
★彡 竜とそばかすの姫
月別アーカイブ

アヴちゃん先生とは?

avu000.jpg


長女の勧めで「アヴちゃん先生」という人のビデオを見ることになる。
普段は大概次女からくる類の情報でありお勧めの形を取った強要であるが、今回は長女なのでより急ぐこととなった(恐。
彼女、気が短いので(娘の言いなりになっている親はうちもそうだ。取り合えず首チョンパまではズレ込まないようにしたい)。

「アヴちゃん先生」のアーティスト育成教室(オーディション)らしい?「女王蜂」というロックバンドのヴォーカリストだそうだ。
大変洗練された中性的ヴィジュアルの人である。
わたしは邦楽の方はからきしなのだが、業界のカリスマ的存在とのこと。
テーマは、「オルタナティヴ歌謡・舞踊集団」を作るというもの、、、。
「裏島音楽学園」に16人の生徒(14歳から22歳)が選ばれ入学するが、課題ごとに選別されてゆく(つまり数が見る見る減ってゆく)。
更に、途中から別コースで育成された特待生が3人編入して来て異彩を放つと謂う何とも非情でダイナミックな構図。
この年齢での過酷な真剣勝負を見るのは正直、気が重いのだが。

avu002.jpg

オルタナティヴ・ロック(ミュージック)は、わたしにとってはヴェルヴェット・アンダーグラウンドに始まる。
始祖みたいなもので、だれもが言っているパブリック・イメージ・リミテッド、ポップ・グループ、キャバレ・ヴォルテールらで火が付く?
衝撃作はブライアン・イーノプロジュースによる「ノーニューヨーク」か。
この辺は何かにつけて取り上げてきたのでここでは特に触れない。
ともかく、商業ロックと決別した自分たちの現実に真摯に向かい合った音楽である。
何にも影響されない諂わない強度を持つ。
そして常に実験的な要素・姿勢を崩さない、その意味でプログレッシブである。
わたしにとってはその信頼性(矜持)を持つ音楽であることがオルタナティヴ・ミュージックであった。

そんな目線で見てみることに、、、。

avu001.jpg

全編(1~15話)、シビアな試練と試験が続くのだった。
こりゃ大変だねえと思ってみていたが、歌や踊りの課題を精いっぱいのパフォーマンスで熟してゆく姿には結構感動するものであった。学業やりながらのレッスンでもある。最もキツイ部活よりも大変なことも分かる。特に地方から新幹線登校の生徒など。
グループでの発表ともなると自己解体も迫られる姿にはもうハラハラする。
そして彼らの個々のファッションセンスは大したもの。

なのだが、140文字以内で詩を書く課題には呆れた。
文字数無視、内容が単なるお手紙レベル。
先生としては、少ない言葉でどれだけの表現が出来るか、歌詞を作る資質を見たかったのではないか、と思われるのだが、、、。
散文詩でよいと思うが、受け取った人が自分に引き付けて何かの思いを膨らめたり深く考えたり出来る契機となる必要もあろうかと。少なくとも多義的に受け取れる表現であるべきだ。意味が平易に伝わる程度の伝言で終わってよいはずはない。
ちょっと舐めてるのではとがっかりした。認められたものは、自分自身を鼓舞するものと母の応援に感謝するもので、言葉に詩的な厚みと力を感じさせるものではあったが、、、。表現者は言語感覚が基本だと思う(絵描きであっても勿論そうだ)。

avu005.jpg

またグループでのパフォーマンステストにおいて、アヴちゃん先生の作詞・作曲による曲を三組に分かれてそのパフォーマンスを競う課題が課せられる。なるほどと思うサウンドに絶妙の振り付けであった。
その際に、全体としてのアーティステックで優れたシンクロを重視するか、メンバーの個人技・個性を重視するかでもめるところが出てくる。
これは悩ましいところと受け取れもするが、専門の振付師がバッチリ型を決めているのだ。まずはそれを完璧に熟した上での個ならではの表現の域が見えてくるのではないか。そこに行く手前での個人重視とは、単に仕上がらなかったどまりにしか映らないのでは。

これは甘さ、いや甘えであろう。技術の習得と自己表現が上手く嚙み合って上達すれば言うことなしだが、その途上に妙な又は過剰な自己実現欲が孕むと、歪な自己承認欲求ばかりの際立つ結果を招き易いと思う。
才覚のある人々が集まっているには違いないが、詩のところでも窺える、甘い解釈が気になった。認識の幼さか。

avu004.jpg

それで授業ごとにふるいに掛けられ脱落者を出す。これは忍びないが表現者の世界である。こうした世界をこの先、生き抜いてゆくのだということを知らしめるやむを得ない手段でもあろう。
だがアヴちゃん先生の観点と判断は的確なものだ。

ただ、オルタナティヴ・ロックは、商業的成功や人気を第一義的に置いてはおらず、飽くまでも確固たる自分の思想~問題意識に対し忠実に生きることをコアにしている。そこに本質力があれば人はついてくるという姿勢だ。
(これはある程度、人として熟して来てからのベクトルの問題かもしれぬが)。
先生の指導はまずは業界を勝ち抜き人を引き寄せる魅力を目覚めさせることにあろう。
矛盾せずそれは繋がってゆくものと思うのだが(わたしとこの先生の捉え方が違うかも知れぬが)。
確かにミュージカル試験の後、Aグループのキャプテンに全体の中での順位をつけさせたり、結構キツイことを強要してくる。
集団内で切磋琢磨するということは相互評価も意識せずとも絶えずしてゆくのは不可避に思える。
この先生は悉く現状と自分の置かれた立場を意識化させ自覚を促すことを心掛けているようだ。
ショービジネス界で生きる基礎力がまずは肝心なのだ。きっと。

それから切羽詰まった時点でのコミュニケーションの努力の重要さである。
グループで動く際の前提となろう。
ディスコミュニケーションとか言って、したり顔ではいられない窮地がある。ここにちょっとした勇気と真の努力の余地があろう。
ここで一歩を踏み出せるか否かで状況は全く異なって来る。
変えるしかないのなら踏み出すしかない。暗闇でもジャンプするのみ。
わたし自身に言い聞かせていることでもある(家も同様である(笑)。

avu003.jpg

そして才能が秀でている者、これまでの蓄積が豊富な者、リーダー格の頼りにされる者が次々に追いつめられてゆく。
ここが凄いところ。誰もが現状維持は許されない。安定したポジションなどない。化けることの出来ない者は振り落とされる。
特にグループリーダーになど抜擢されるとえらい目に遭う。ここはとってもよくわかるところ。
(組織・権力論の入って来る泥沼だ。どんな規模であっても)。
そもそもこうしたグループ、いや芸能界自体が生成変化し続ける有機体であろうし。
この学園も絶えざる異化を突き付けられ要求される動的構造をシュミレートしている。
この先生主導でやってる仕組みならやはりカリスマだ。
しかも課題曲としみじみ歌う校歌まで先生自前の曲というのが強み。
この権威は教育にとって大変有効に機能する。
集団のメリットが最大限に生かされるのだ。
相互作用が活性し自己解体と感情の解放が加速する。
密度を高められる。
強度が高められる。

「怒りを開放せよ!」この言葉が一番、響く。
わたしもこの凄まじい怒りを溜め込んだままではいられない。
この怒りを何兆倍のエネルギーとして叩きつけてやらねばならない。
それはともかく、、、強力な「オルタナティヴ歌謡・舞踊集団」になってもらいたい。


見ているこちらも充分刺激を受けた。
先生が生徒に向け「地獄へようこそ」と入学時に言っていたが、、、
こちらも一話から十五話まで、このスペックを一度に観るのは流石に地獄だった(笑。
残った生徒の解放度はどれほどのものか。もう表情が違う。
スッキリと化けていた。

avu006.jpg

生徒は最終的に7人に絞られ学園を卒業し、「竜宮城」というグループでデビューとなった。
プロジュースはアヴちゃんである。

途中で去った生徒も二人別のプロジェクトでデビューを果たす。
他の人も是非、自分の道を見つけてもらいたいものだ。
ホントにそう願う。



YouTubeにて






関連記事

COMMENT

女王蜂

以下、あくまでも個人的見解です。

女王蜂は、笠置シズ子みたいな(棒読み戦後歌謡の逆襲みたいな)歌唱やパフォーマンスは、外部感があってカッコイイのだけれど、肝心の曲が総じてダサくてしんどいです。
なんというか、平成のヒット曲「千本桜 feat.初音ミク」的なアニメソング系の安いイナセ感がキツイっす。

「千本桜」的アニメ系イナセ感は、いまの10~20代にはまだまだ通用しているのでオン・タイムではありますが。

いつもありがとうございます☆彡

なるほど、、、。
曲は実は3曲聴いただけです。2曲は取り敢えず聴けましたがもう一曲は一部だけ。企画番組ではそれしか聴けませんでした。
その範囲では、最近夥しく吐き出されて来るボカロ系よりはソウルの籠った音だと思いました。

何よりも「オルタナティヴ」という語彙を聴いてしまい、ちょっと躊躇った面は確かにあります。
「ノーニューヨーク」体験してしまうと、何を聴いても・・・なんですね。もう。あれが絶大過ぎた。
「オルタナティヴ」どうこうは外しても、ストラングラーズの「Black&White」やDevoのファースト等(これやり始めたらきりがないのでやめますが)この辺のインパクト後では何聴いても「いいじゃない」くらいしか言えないんですよね。
わたしにとってのルーツであり極めつけはKing CrimsonとProcol Harumになるかと思います。

それから日本の音~ロックは興味がほとんど持てない。昔から。
もうストレートに凄いと思ったのは、THE STREET SLIDERSだけです。これは絶対。Pinkもなかなかだったかな。
勿論、YMOと戸川純、遊佐未森、宇多田ヒカル、相対性理論、、、など飛び抜けた感じのアーティストは出て来ましたが。


何を謂いたいかですが、、、ぶったまげるような音というのは届いて来ないのです。

「千本桜」は娘のピアノ友達でヤマハ音楽教室に通う子がよくうちに来た時弾いているんですが、技術自体は上手くても音は面白くない(笑。改めて先程、初音ミクversionのをYouTubeで聴いてみましたが薄っぺらい。その系列なんでしょうかね、、、。
わりと最近嵌った「水曜日のカンパネラ」と「レキシ」の音の方が遥かに面白いしイマジナティブです。

「安いイナセ感」、、、分かります。未だに「ノーニューヨーク」に遥かに及ばない、或るとこどまりの音ばかり、です。
「笠置シズ子みたいな(棒読み戦後歌謡の逆襲、、、)」は仰ること、大体伝わります。「外部性」そうフリークス的な外から内側を撃って来るようなインパクト。アヴちゃんのあのファッションは、綺麗にきまっていますが、衝撃ではないですね。ライブではどうなのか、知りませんが。

わたしは、娘の感動の追体験を少しでもしてみようと関わってみましたが、「10~20代にオンタイムな」ブライアン・フェリー唄うところのトラッシュなんですかね。

まあ、わたしは、自分から聴こうとは思いません(爆。ロバート・ワイアットやルーリード聴きます。やはり、、、。

また是非宜しくです。そしてお邪魔もさせてもらいます。

いろいろなお話ありがとうございます。

いろいろなお話ありがとうございます。

リスナーとしての自分と作り手としての自分はちがう場所にいるので、以下はリスナーとして自分のトークですが──

自分も「ノー・ニューヨーク」「Black&White」「Devoのファースト」あたりはデカかったです。
そもそもソング・ライティングがメイン・テーマの人間なのにベーシストになってしまったのはジャン・ジャックとジャー・ウォーブルのせいです。

スライダーズは好きです。とくに立体的な曲が好きです。
スライダーズの立体的な曲(「カメレオン」とか)と「Black&White」の立体的な曲は通底するものがあるよなと思っています。

日本の音で「ぶったまげるような音」ということになると、コレなんかどうでしょうか。90年代。知っているかもしれませんが。
「ノー・ニューヨーク」みたいな荒涼とショッカーの真似をする小学生みたいな脱力の妙。曲名「Do」とか言ってただ剣道をしていてイカしてます。外部感満載。
https://www.youtube.com/watch?v=K40JwRRF8D8

最近見た映画でよかったのはニコラス・ケイジ主演「マンディ 地獄のロード・ウォリアー」です。
オープニングでクリムゾンの信じられない曲がかかって「ウソだろ....」と思い、同時に「これはもしかしたらやってくれるんじゃないか?」と思って、つまんない前半を我慢して観ていたら後半ドッカ~ンとやってくれました。控えめに言って傑作であります。

──と、言いたいことだけ言って去る勝手な朕。
それでは、またよろしくお願いします。

Re: いろいろなお話ありがとうございます。

ご丁寧にありがとうございます。

https://www.youtube.com/watch?v=K40JwRRF8D8
半分まで聴きました。かなり混沌としてますね。どういう人なのか顔を観てみたいです(嘘。
最後までじっくり聴いてみます。

「マンディ 地獄のロード・ウォリアー」は、近いうちに観てみます。
このようなお勧めがあれば、今後ドシドシお寄せください。
何故なら時折、大失敗をしていますもので、、、
記事をお読みでしたらその嘆きをご存知でしょう(爆。


友人は酷評が面白い、受けるとか言ってくれますが、こちらは泣きの涙で書いております(笑。
では、また宜しくお願いします。

No title

「マンディ 地獄のロード・ウォリアー」は、見る人の体質によって評価が真っ二つにわかれる映画なので、あわない場合は“大失敗”になります。
「ふざけんじゃねーーー!」と思った場合はココロよりお詫びします。と申し上げておきます。
んでは、また。

EDIT COMMENT

非公開コメント

”Bon voyage.”

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp
ブレード・ランナー ファイナルカット
ブレードランナー2049
メッセージ
インターステラー
第9地区
月に囚われた男 MOON
オブリビオン
コンタクト
オデッセイ
エイリアン
プロメテウス
エイリアン: コヴェナント
エクス・マキナ
クラウドアトラス
モンスターズ 地球外生命体
クロニクル
ガタカ GATTACA
チャッピー
パシフィック・リム
ザ・ミスト
オートマタ
スターシップ9
モーガン プロトタイプL-9
ロスト・エモーション
スローターハウス5
ザ・ドア 交差する世界
メランコリア
アルファヴィル
アンダー・ザ・スキン
不思議の国のアリス
イーオン・フラックス
サリュート7
アポロ13号
シルバー・グローブ/銀の惑星
イカリエ-XB1
アイアン・ジャイアント
アンドロメダ
地球の静止する日
地球が静止する日
宇宙戦争
トランス・ワールド
ロボット
ヴィデオドローム
イグジステンズ
マイノリティ・リポート
フローズン・タイム
マザーハウス 恐怖の使者
EVA
ベイマックス
ファースト・コンタクト
ファースト・マン
13F~サーティーン・フロア
あやつり糸の世界