プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。
友人から、お前はトマトか?と聞かれたので、だいぶ前に使っていた写真に戻します。

*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
シャイン
鑑定士と顔のない依頼人
英国王のスピーチ
やさしい本泥棒
末期の目
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

大昔のスケッチ(詩画集のための試作)

”Sketch1986 On The Threshold Of A Dream”として他のブログから、一年半くらい前にアップしていた画像ですが、再度こちらのメイン―試作ブログにアップし直します。
なかなか見つかり難いところにあるもので、ちょっと見たいと言う方もおいでのようなので、多少見易いかと思いこちらに再アップします。

スケッチ自体は1986年、丁度わたしが良く観る映画の制作年代です。
そのころは、恐ろしく画材と言うものに無頓着でこれらも、たまたまあったクロッキー帳に拾ったボールペンで描いたものです。
スケッチには必ず詩を書きこんでいました。

こういうものでしたら、無尽蔵(とまでは言いませんが)にありました。
もっと線数の少ないものも探すと出てきます。(出てくるはずです。)
つまり完成に近付いているもの。
しかし、その探すということがひどく億劫で何年先になるかは分かりません。
もし、見たい方がいらっしゃるのなら、この夏休みに書庫の二階の捜索を断行する所存です(笑
大丈夫か?
そこになければ、押入れ、床下収納しかないが。
ともかく。


ここで見てもらえば、それでいいかな?というほどのものですが。
もし、気に入って頂けるものがあれば、ご相談にはのらせていただきます。
(キャンバスに描き起こせとか、、、原画のページとかでも)



当時これらは比較的手元にあり、何を思ったのかスキャンしアップしたものです。
詩画集のための試作スケッチです。
ものによっては、F6号キャンバスにアクリルで描き起こしたものもあります(*です)。

im0.jpg
新たな閾値003



im1.jpg
新たな閾値004



im2.jpg
新たな閾値005



im3.jpg
新たな閾値006



im4.jpg
新たな閾値007



im5.jpg
新たな閾値008*



im6.jpg
新たな閾値009



im7.jpg
新たな閾値010*



im8.jpg
新たな閾値011



im0.jpg
新たな閾値012


すべてサムネール表示です。クリックして開いてご覧ください。解像度は最低レヴェルにしてあります。
001および002は以前、知人へのお祝いに差し上げてしまいました。もうありません。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

COMMENT

初コメさせていただきます^^

芸術・学問ブログを時々拝見しに行くのが好きでこちらのブログにも寄せていただいたのですが、これらのスケッチ、とても雰囲気がありますね…!銅版画が大好きなのですが、そういう世界観にあふれていて嬉しくなってついコメントさせていただきました♪このままCDのジャケットとかになりそう☆

ありがとうございます☆彡

率直に嬉しいです。
以前はこんな風なものをしょっちゅう描いていました。もう随分と前のことになります。
もう描く余裕がなくなり最近は全く描いていません。

しかし、こういうコメント頂けるなら、また描こうかなという気持ちが湧いてきました。
本当にありがとうございます。

スキャンしておいた素描はまだまだ、何処かにあるのですが、、、。
どれも1980年代のものなので、新たに描けたら載せようかなとも思います。
直ぐに描けそうもなければ、かつての在庫(笑を発掘してみます。
是非、また宜しくお願いします。

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp