プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
still dark
この世界に残されて
ファミリー ファミリー
通告
暗黒街のふたり
Autonomous 自律
怪奇蒐集者 黄泉がたり 村上ロックより抜粋
閉鎖病棟 -それぞれの朝-
ついに実現、S君の絵画展
S君 小さな情景展 Pre001
遠藤彰子先生と語る
春夏秋冬そして春
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
邦画特選
☆彡 東京物語
☆彡 秋刀魚の味
☆彡 麦秋
☆彡 晩秋
☆彡 雨月物語
☆彡 アフタースクール
☆彡 ラブレター
☆彡 四月物語
☆彡 花とアリス
☆彡 スワロウテイル
☆彡 リップヴァンウィンクルの花嫁
☆彡 寄生獣
☆彡 寄生獣 完結編
☆彡 ヒミズ
☆彡 冷たい熱帯魚
☆彡 女子ーズ
☆彡 フラガール
☆彡 怒り
☆彡 ミスミソウ
☆彡 志乃ちゃんは自分の名前が言えない
☆彡 少女邂逅
☆彡 羊と鋼の森
☆彡 空(カラ)の味
☆彡 カノン
☆彡 花筐
☆彡 ローリング
☆彡 サマーフィルムにのって
☆彡 あん
☆彡 ドライブ・マイ・カー
☆彡 お嬢ちゃん
☆彡 夏の妹
☆彡 モダン・ラブ
☆彡 ソウル・フラワー・トレイン


アニメーション☆

★彡 サマーウォーズ
★彡 君の名は。
★彡 この世界の片隅に
★彡 言の葉の庭
★彡 聲の形
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版前後編
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版 新編
★彡 映画けいおん!
★彡 涼宮ハルヒの消失
★彡 響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ
★彡 たまこラブストーリー
★彡 百日紅 Miss HOKUSAI
★彡 planetarian~星の人~
★彡 『千と千尋の神隠し』を観て。廃墟のテーマパークの可能性
★彡 星を追う子ども
★彡 劇場版総集編メイドインアビス 旅立ちの夜明け・放浪する黄昏
★彡 Dr.STONE
★彡 天気の子
★彡 竜とそばかすの姫
月別アーカイブ

火曜サスペンス劇場 新・女検事 霞 夕子 ペルソナ・ノン・グラータ

Persona012.jpg

1994

木下亮 監督

鷲尾いさ子、、、霞夕子(横浜地検、検事)
平田満、、、山野検察事務官
姿晴香、、、緒方しのぶ(小料理屋の女将)
朝丘雪路、、、霞瑞江(母)
村田雄浩、、、霞友行(夫、住職)
高林由紀子、、、綾瀬英里(伸之の妻)
寺田農、、、綾瀬伸之(パレスデパート 役員)
ロニー・サンタナ、、、フィリップ(外交官)
斉藤暁、、、熊井(所轄警部)


AmazonPrimeにあった、昔のTVシリーズのひとつ。
ちょっと観てみることに。
「火曜サスペンス劇場」とかいうものは、実はTVで観たことない(笑。
初めて観た。勿論、TVドラマは(1:30モノのドラマも)、これまでに幾つか観たことはある。
如何にもTVドラマというものであった。
映画ではない。何処が違うのか、、、。

ストーリーの組み立てが根本的に違うという印象を受けた。
CMで区切られる短い尺の内に常に起伏(盛り上げ)を持たせ全体になだらかな流れを持つTVドラマと2時間から4時間以上の長い尺を制限なしに自由な組み立てに使える映画では、一本の塊感が違う。
長時間かけて豪華なセット、ロケで金をかけて撮ったことが分かるかどうか、という点もあろうが、最近よく観る自主制作映画は、TVドラマより明らかに金がかかっていない。更に短編映画はTVドラマより短い時間で撮っているようなものもある。
だが、映画とTVドラマは違う。
これを観てつくづく思った。

Persona010.jpg

TVドラマは全編に渡りそつなく撮ることが要求されるように思える。
たまたまそのチャンネルを見て、ただずっと単調なシーンばかり続いていたら、他に移ってしまうかも知れない。
するとスポンサーが困る。
常に小さな起伏と面白味が必要なはず。
映画は最後の最後にドンときても良い。それまで只管耐えて観ていても。

このドラマは、色と構図~絵に特に訴えるものが無い。何やら画面がボヤっとしている。カラーなのにくすんだモノトーンに思える(単にフィルムが古いだけか。ライティングなどによるものか)。1940年代のモノクロ映画がとてもビビットだったりする。
いずれにせよ余りにストーリー、脚本にだけ依存している。
それから、ノイズ~余地が無い。隠喩的な表現性はない。皆、そのものずばりその意味では実に平易。
そう「意味」で埋め尽くされている感じがドラマに平板さを生んでいる。
その分、きっちりと作られているとも謂えようが、少し息苦しい感じはする。

TVだと誰が観ているか分からない。基本、家のTVでお気楽に無料で観られる点で、何となく家族で見ていたり、、、
映画だとまずその作品をある主体が選択し、観ることになる。映画館に出向いて有料で観るのが、基本。
勿論、アマプラなどを利用し(会費で)パソコン視聴も充分あり得るが、これとて誰かの作品の選択が前提である。
何となく観るのとこれだと言って観る違いは制作自体に反映されている。
予算とか以前に。

しかしTVドラマが味気ないという訳ではない。平易だが単純ではない。
ここで扱われているテーマは複雑だ。
色々な人間の苦悩の要素が詰め込まれている。
追い込まれ犯罪に手を染める綾瀬伸之、その妻英里の絶望感からの享楽的な生活への逃避、緒方しのぶの綾瀬への切ない思い、フィリップの自己中な特権を振りかざした日本人蔑視(これは苦悩ではない)。
鷲尾いさ子と平田満のお仕事コンビも良いが、村田雄浩とのほのぼの夫婦が良い味を出していた。
そういえば、思い出したことがある。
鷲尾いさ子のデビュー時のイメージCMだったか自分で「鷲尾いさ子ちゃん17歳、耳が動くの」と言って、耳をピクピク動かしていた。「ふ~ん」とだけ思ったものだ(笑。

Persona011.jpg


その後、 大林宣彦の「野ゆき山ゆき海辺ゆき」でブレイクしたっけ。あの作品は良かったが、演技は凄い大根のままで暫くの間、突き進んで来たモノだ。このTVドラマでは上手いわけではないが、よくここまで来たと感心されられた(時折噛みそうになってはいたが)。




AmazonPrimeにて










関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

”Bon voyage.”

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp
ブレード・ランナー ファイナルカット
ブレードランナー2049
メッセージ
インターステラー
第9地区
月に囚われた男 MOON
オブリビオン
コンタクト
オデッセイ
エイリアン
プロメテウス
エイリアン: コヴェナント
エクス・マキナ
クラウドアトラス
モンスターズ 地球外生命体
クロニクル
ガタカ GATTACA
チャッピー
パシフィック・リム
ザ・ミスト
オートマタ
スターシップ9
モーガン プロトタイプL-9
ロスト・エモーション
スローターハウス5
ザ・ドア 交差する世界
メランコリア
アルファヴィル
アンダー・ザ・スキン
不思議の国のアリス
イーオン・フラックス
サリュート7
アポロ13号
シルバー・グローブ/銀の惑星
イカリエ-XB1
アイアン・ジャイアント
アンドロメダ
地球の静止する日
地球が静止する日
宇宙戦争
トランス・ワールド
ロボット
ヴィデオドローム
イグジステンズ
マイノリティ・リポート
フローズン・タイム
マザーハウス 恐怖の使者
EVA
ベイマックス
ファースト・コンタクト
ファースト・マン
13F~サーティーン・フロア
あやつり糸の世界