プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
still dark
この世界に残されて
ファミリー ファミリー
通告
暗黒街のふたり
Autonomous 自律
怪奇蒐集者 黄泉がたり 村上ロックより抜粋
閉鎖病棟 -それぞれの朝-
ついに実現、S君の絵画展
S君 小さな情景展 Pre001
遠藤彰子先生と語る
春夏秋冬そして春
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
邦画特選
☆彡 東京物語
☆彡 秋刀魚の味
☆彡 麦秋
☆彡 晩秋
☆彡 雨月物語
☆彡 アフタースクール
☆彡 ラブレター
☆彡 四月物語
☆彡 花とアリス
☆彡 スワロウテイル
☆彡 リップヴァンウィンクルの花嫁
☆彡 寄生獣
☆彡 寄生獣 完結編
☆彡 ヒミズ
☆彡 冷たい熱帯魚
☆彡 女子ーズ
☆彡 フラガール
☆彡 怒り
☆彡 ミスミソウ
☆彡 志乃ちゃんは自分の名前が言えない
☆彡 少女邂逅
☆彡 羊と鋼の森
☆彡 空(カラ)の味
☆彡 カノン
☆彡 花筐
☆彡 ローリング
☆彡 サマーフィルムにのって
☆彡 あん
☆彡 ドライブ・マイ・カー
☆彡 お嬢ちゃん
☆彡 夏の妹
☆彡 モダン・ラブ
☆彡 ソウル・フラワー・トレイン


アニメーション☆

★彡 サマーウォーズ
★彡 君の名は。
★彡 この世界の片隅に
★彡 言の葉の庭
★彡 聲の形
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版前後編
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版 新編
★彡 映画けいおん!
★彡 涼宮ハルヒの消失
★彡 響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ
★彡 たまこラブストーリー
★彡 百日紅 Miss HOKUSAI
★彡 planetarian~星の人~
★彡 『千と千尋の神隠し』を観て。廃墟のテーマパークの可能性
★彡 星を追う子ども
★彡 劇場版総集編メイドインアビス 旅立ちの夜明け・放浪する黄昏
★彡 Dr.STONE
★彡 天気の子
★彡 竜とそばかすの姫
月別アーカイブ

愛と闇の物語

A TALE OF LOVE AND DARKNESS001

A TALE OF LOVE AND DARKNESS
2021
イスラエル、アメリカ

ナタリー・ポートマン 監督・脚本
アモス・オズ 原作
ニコラス・ブリテル音楽

ナタリー・ポートマン、、、ファニア(母)
ギラッド・カハナ、、、アリー(父)
アミール・テスラー、、、アモス(息子)


ナタリー・ポートマン 監督・脚本とあっては、観ない訳にはいかない(笑。
1945年。少年アモス(原作者)と現在の彼の独白~ナレーションが時折入る。
英国統治下のエルサレムが舞台。
音楽が良かった。ピアノ曲、何度か聴き直したい。

邦題は直訳であった。良いと思う。

A TALE OF LOVE AND DARKNESS002

しかし難しい映画作ったねえ~(苦。言語も、英語、ヘブライ語、アラブ語が入り混じる、、、字幕が無ければワケわからん。
この人インテリだから、自分で作るとなると、こうなっちゃうのね。

ヨーロッパにおいて、4世紀にキリスト教教会が勝利した後、反ユダヤ主義は様々な形で断絶することなく続いている。
しかし歴史の教科書を見れば、セレウコス朝シリアのアンティオコス4世が紀元前2世紀に、エジプトのプトレマイオス朝を倒して、ユダヤ人を弾圧支配するが、彼はユダヤ種を根絶やしにせねばならぬと言っていたとか。ヒトラーより随分早い。
民族的に、宗教的に、人種的にずっと迫害、弾圧の対象となり続ける身とはどんなものなのか。

無宗教空間に生まれた事だけは、取り敢えずホッとしてはいる。八百万の神がいるではないか、と謂われそうだが、わたしにとっては無いも同じ。いい加減で融通が利くのでとても助かる。多様性とか高尚なものではなく、何でもよいというところが(爆。
何よりも一神教が問題なのよ。それで血で血を洗う戦争を彼らは絶えず続けて来たのだから。
勿論、様々な形の「信仰」があるのは、言うまでもない。
例えば無理数の発見をしてしまったヒッパソスがピタゴラス教団により処刑されたのは有名である。
教団は宇宙を構成する数は、調和した比を保っているという「真理」を掲げており、それを根底から揺るがす数学的発見は、即ち死を意味した、みたい(怖。ホラーだ。

A TALE OF LOVE AND DARKNESS003

この宗教脳とは、何なのかね。自らの宗派の教義は唯一絶対であり、他宗派~異なる論理体系は皆滅ぶべき悪であり、神聖なるわれらが宗教のもとでは敵に対するどんな殺戮も讃えられる。
この論理~正義で全て行われたら堪ったものではない。命が幾つあっても足りない。

アホな自分の正義を振り回す糞バカは、ここら辺にも幾らでもいるが、やはり激しい殺意は覚えるね。
(断じて許せないバカもハッキリいるし)。

これが民族の歴史的な根深い憎悪であるならば、解消など断じてあり得まい。
反ユダヤ主義という形~事態で識別されるのは、やはりキリスト教をヨーロッパ諸国が受け入れたところからか。
しかし何故、ここまでユダヤが激しい憎しみの対象とされるのか、生粋の日本人のわたしにはどうも分からない。
(うちの近所にも、こんなところにと驚くような場所にも教会はあり、その数は実際かなりのものだ。彼らも皆、反ユダヤなのかしら)。

A TALE OF LOVE AND DARKNESS006

結局、何を信じてきたにせよ、どの宗派のもとで生まれてしまったにせよ、その個人~人間が個としてどう捉え直すかの問題だと思う。
生きる過程~事とは、そうしたもののはず。絶えず前提を覆して異なるモノへと進展してゆく。
誰もタブララサで生まれて来る訳ではない。
子宮にいる時から胎児は母親のことばを聴いて育っている。
生まれ出るとは、特定の枠に幾重にも嵌められる運命を受け容れることに他ならない。
そしてその枠に成形されてゆくに応じて成長したとか周囲から評価される。
立派な宗教者となり異教徒を立派に殺戮しに行く。
だが、違う生き方も選択できる。

A TALE OF LOVE AND DARKNESS005

物語は、ユダヤ民族国家への取り組みは少しずつ進んではいたが(テオドール・ヘルツル~バーゼルにおける世界シオニスト会議)、ついにパレスチナに彼等の為の国家を建設すると決議される。
彼らに国家を与えるべきだというのは真っ当な理屈に思える。
とは言え、すんなりと事が運んだわけではなく、アラブ先住民の土地没収、労働機会の奪い合いも生じた。
この映画でも強く訴えられているように上からの抑圧とは異なる、同じ立場の弱い者同士の対立の激化を呼んだ。
元々アラブはシオニズムに対し共感と理解を寄せていたにも関わらず(飽くまでも知識層と指導者の立場からだが)。
この対立にイギリスがビビった様子も描かれている(笑。

A TALE OF LOVE AND DARKNESS008

そして何とも呆気なく、(彼等にはそう感じられたらしい。少なくともアモスたちにとり)イギリス委任統治終了の翌日に、イスラエル国家樹立である。
もうずっと(紀元前から)彷徨い続けて来た彼等である。何であろうがまずは歓喜の渦に、、、とはいかなかった、、、ようだ。
余りに永い時を待ち続けて来たからか、このまさかの展開に「何千年も故郷を求め続けたユダヤ人の熱意が、燃え尽きた。」という。
過酷な試練に耐え続けて来た強靭な民族であり知性も非常に高い彼等であるが、、、。

もう無気力に呆然としてしまって、、、でも分かる気がする。
そういうものだと。

A TALE OF LOVE AND DARKNESS007

アモスの母であるファニアは片頭痛に長年苦しめられてきたが、この頃は食事も喉を通らなくなり、実家に戻り療養していたが症状は悪化するばかりで、真夜中に雨の中ずぶ濡れで座り込んでいて、、、
父息子のもとに緊急の知らせが届く。

40代で母は亡くなってしまった。
今息子はその時の母の祖父くらいの年齢に達している。

想像力豊かでいつも自分の作った物語を息子に語って聞かせてくれるとても魅力的な母であった。
その母との何とも言えない関係性を激動の時代背景の中で描いた作品と謂えるか、、、。
音楽が良かった。

現在、彼が作家なのは多分に母からの影響(遺伝子的にも)であろう。

A TALE OF LOVE AND DARKNESS004

ナタリー・ポートマンの実に抑制の利いた静謐で病的な狂気を秘めた演技を堪能した。
まあ、自分のルーツから言っても経験的に共感は難しいが、一般的な(哲学的な)領域に広げると理解は出来る噺である。





AmazonPrimeにて




関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

”Bon voyage.”

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp
ブレード・ランナー ファイナルカット
ブレードランナー2049
メッセージ
インターステラー
第9地区
月に囚われた男 MOON
オブリビオン
コンタクト
オデッセイ
エイリアン
プロメテウス
エイリアン: コヴェナント
エクス・マキナ
クラウドアトラス
モンスターズ 地球外生命体
クロニクル
ガタカ GATTACA
チャッピー
パシフィック・リム
ザ・ミスト
オートマタ
スターシップ9
モーガン プロトタイプL-9
ロスト・エモーション
スローターハウス5
ザ・ドア 交差する世界
メランコリア
アルファヴィル
アンダー・ザ・スキン
不思議の国のアリス
イーオン・フラックス
サリュート7
アポロ13号
シルバー・グローブ/銀の惑星
イカリエ-XB1
アイアン・ジャイアント
アンドロメダ
地球の静止する日
地球が静止する日
宇宙戦争
トランス・ワールド
ロボット
ヴィデオドローム
イグジステンズ
マイノリティ・リポート
フローズン・タイム
マザーハウス 恐怖の使者
EVA
ベイマックス
ファースト・コンタクト
ファースト・マン
13F~サーティーン・フロア
あやつり糸の世界