プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
still dark
この世界に残されて
ファミリー ファミリー
通告
暗黒街のふたり
Autonomous 自律
怪奇蒐集者 黄泉がたり 村上ロックより抜粋
閉鎖病棟 -それぞれの朝-
ついに実現、S君の絵画展
S君 小さな情景展 Pre001
遠藤彰子先生と語る
春夏秋冬そして春
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
邦画特選
☆彡 東京物語
☆彡 秋刀魚の味
☆彡 麦秋
☆彡 晩秋
☆彡 雨月物語
☆彡 アフタースクール
☆彡 ラブレター
☆彡 四月物語
☆彡 花とアリス
☆彡 スワロウテイル
☆彡 リップヴァンウィンクルの花嫁
☆彡 寄生獣
☆彡 寄生獣 完結編
☆彡 ヒミズ
☆彡 冷たい熱帯魚
☆彡 女子ーズ
☆彡 フラガール
☆彡 怒り
☆彡 ミスミソウ
☆彡 志乃ちゃんは自分の名前が言えない
☆彡 少女邂逅
☆彡 羊と鋼の森
☆彡 空(カラ)の味
☆彡 カノン
☆彡 花筐
☆彡 ローリング
☆彡 サマーフィルムにのって
☆彡 あん
☆彡 ドライブ・マイ・カー
☆彡 お嬢ちゃん
☆彡 夏の妹
☆彡 モダン・ラブ
☆彡 ソウル・フラワー・トレイン


アニメーション☆

★彡 サマーウォーズ
★彡 君の名は。
★彡 この世界の片隅に
★彡 言の葉の庭
★彡 聲の形
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版前後編
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版 新編
★彡 映画けいおん!
★彡 涼宮ハルヒの消失
★彡 響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ
★彡 たまこラブストーリー
★彡 百日紅 Miss HOKUSAI
★彡 planetarian~星の人~
★彡 『千と千尋の神隠し』を観て。廃墟のテーマパークの可能性
★彡 星を追う子ども
★彡 劇場版総集編メイドインアビス 旅立ちの夜明け・放浪する黄昏
★彡 Dr.STONE
★彡 天気の子
★彡 竜とそばかすの姫
月別アーカイブ

ベルファスト

Belfast001.jpg

Belfast
2021
アイルランド、イギリス

ケネス・ブラナー 監督・脚本・製作
ヴァン・モリソン 音楽 主題歌「Down to Joy」


ジュード・ヒル、、、バディ(9歳の少年、監督の子供時代)
カトリーナ・バルフ、、、マー(母)
ジェイミー・ドーナン、、、パー(父)
ジュディ・デンチ、、、グラニー(バディの祖母)
キアラン・ハインズ、、、ポップ(バディの祖父)
ルイス・マカスキー、、、ウィル(バディの兄)
コリン・モーガン、、、ビリー・クラントン(プロテスタントの闘士)
ララ・マクドネル、、、モイラ
ターロック・コンヴェリー、、、司祭


監督の自伝的映画。彼もベルファストで生まれ育ったという。
この映画のキャストもベルファスト出身者が多くを占め、ヴァン・モリソンもその一人である。渋い。
音楽が鳴っていたことも忘れるくらい画面に染透っている。
ヴァン・モリソン久しぶり(笑。

Belfast002.jpg

9歳の少年の目を通して、分断の時代を苦悩・葛藤して生きる人々を描く。
家族がとても愛情深い関係を築いており、特におじいちゃんとおばあちゃんが、重要な役割を果たしている。
知恵をいつもユーモアを交えて授けてくれる機知に富んだ素敵な存在なのだ。
そして街が家庭の延長みたいな親和的な場として広がる。
主人公が走り回る先々で皆が彼を見守っているではないか。
こういう環境で幼年期~少年期を過ごしたら、世界はとても肯定感に溢れた住みやすいところであるに違いない。
勿論、子供は活き活きとすくすく育つ。

Belfast005.jpg

しかし青天の霹靂。
宗教が少年にとっての安らかで絶対的な基盤を大きく揺るがせ、足元から引き裂いてしまうのだ。
親しく付き合っていた隣人同士が突然、プロテスタントかカトリックかでギクシャクし、暴力と破壊行為が横行し始める。
プロテスタントがカトリックを攻撃するというパタンであったが。
バディの家はプロテスタントであったが、かなり家を壊された。
カトリックの家は全焼して焼け出され、他に移ってゆく。
死者も出る。バディと同じ年頃の子供の犠牲者も出たという。

Belfast003.jpg

苦難の時代を迎えた。
そうでなくとも、貧困の問題を抱えており、バディの家は家賃を払うこともままならぬ状況で、父はイギリスに出稼ぎに行き、週に一度でさえ旅費節約のため帰って来れないことが珍しくなかった。ベルファストの失業率はすこぶる高い状況で職があるだけまだよかった。
しかし何といっても足元の不安である。
プロテスタントの暴力的な闘士が父を活動に引き込もうと圧力を家族にかけて来るのだ。
しばしば仕事で家を空けなければならぬ父はいよいよ不安を募らせてゆく。
しかもバディは街の不良少女にそそのかされ万引きをやらされる。
母は家のやりくりだけでも大変なのに、その尻ぬぐいでも振り回される。

Belfast007.jpg

両親ともこの混乱を極める不安定な環境で、子供たちが心配でならない。
父はイギリスに移住を考える。そうすれば常に自分も家族と共に過ごし家庭を守ることが出来る。
しかし母は生まれ故郷が危険な場所に豹変しようが、愛着からそこを出る気持ちにはなれない。
家族に深刻な葛藤が生まれる。
バディも成績順に座るクラスで、すぐ近くの優秀な女の子に恋をしていた。
だから当然、彼もベルファストを離れたくない。
宿題も一緒にし始めたところだ。ここで離れてなるものか(笑。
「ぼく大人になったら彼女と結婚するんだ」という孫に、おじいちゃんも色々と協力する。

Belfast008.jpg

そのお爺ちゃんも肺の病気で亡くなり、目つきの悪い運動家の父に対する圧力も高まり、母も気持ちを入れ替える。
バディは彼女とプレゼント交換をし、さよならを交わすが、「また戻って来るからね」と言い残す。
そして一家でバスに乗って故郷ベルファストを後にするのだ。
少し離れたところからおばあちゃんが、励ましの言葉を呟きながら最後の見送りをひっそりしている。
バスが動き出すとき、バディは座席から身を捩じりおばあちゃんの姿を認める。
恐らくそれが今生の別れであろう。

Belfast009.jpg

街が突然変貌する、何を信用すればよいのか分からなくなるような、そんな激動の世界を9歳で体験した監督の映画である。
だが、不思議に辛くて重々しいばかりの表現にならず、常にどこか明るくて楽しいのだ。
少年の目から描いていることもあろうが、編集するのは現在の監督である。
外界が悲惨な状況に成って行こうが、家族に愛があればどうにでもなるという確信が基調にあることが分かる。
彼女の家がカトリックなんだけどと不安がるバディに父は、「そんなこと関係ない。あの子が親切で公平でお互いを尊重するなら、あの子もその家族もいつだって我が家に歓迎する」と言って聞かせる。
これがホントの知性だと思う。

Belfast004.jpg

彼らはどんな状況でも、ユーモアをもち、歌を唄い、ダンスを踊って楽しむことを忘れない。
そうそれから、肝心なことだが、余裕がある分けでもなかろうに、家族皆で映画に行く。
「チキチキバンバン」を家族そろって観るその光景には魅了された(笑。車が崖から落ちるところでこれほどリアルに怖がる時代でもなかろうに、、、と思ったが。
良い家庭である(笑。

Belfast006.jpg

現在と映画の中の光景がカラーで、ほとんどの少年時代の回想はモノクロであった。
音楽と映像が大変マッチしていて何処を切っても「絵」になっていた。
これは、ゴダールの「イメージの本」とともに何度か観てしまいそう。
映画ファンではないわたしでもそういう気にさせてしまう魅力がここにはある。



AmazonPrimeにて










関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

”Bon voyage.”

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp
ブレード・ランナー ファイナルカット
ブレードランナー2049
メッセージ
インターステラー
第9地区
月に囚われた男 MOON
オブリビオン
コンタクト
オデッセイ
エイリアン
プロメテウス
エイリアン: コヴェナント
エクス・マキナ
クラウドアトラス
モンスターズ 地球外生命体
クロニクル
ガタカ GATTACA
チャッピー
パシフィック・リム
ザ・ミスト
オートマタ
スターシップ9
モーガン プロトタイプL-9
ロスト・エモーション
スローターハウス5
ザ・ドア 交差する世界
メランコリア
アルファヴィル
アンダー・ザ・スキン
不思議の国のアリス
イーオン・フラックス
サリュート7
アポロ13号
シルバー・グローブ/銀の惑星
イカリエ-XB1
アイアン・ジャイアント
アンドロメダ
地球の静止する日
地球が静止する日
宇宙戦争
トランス・ワールド
ロボット
ヴィデオドローム
イグジステンズ
マイノリティ・リポート
フローズン・タイム
マザーハウス 恐怖の使者
EVA
ベイマックス
ファースト・コンタクト
ファースト・マン
13F~サーティーン・フロア
あやつり糸の世界