プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
レッド・ファミリー
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

夢の中から

chirico2.jpg

昨夜のことだ。
夢のなかでわたしは、いくつもの乗換をした。
空間は菫色に染まっており、ポール・デルボーの駅構内の雰囲気があった。
恐らくそれは色ではなくむしろ空間の密度ー硬さの度合いであったのだが、さしたる問題ではない。

そこでは無意識とか身体の自動運動とかいう概念はなく、意識はそのまま時間であった。
変性された意識つまり固有時によれば、駅から駅の繋がりは数える気が失せるほど沢山有り、しかも確実に自分が欲している駅で下りることができた。
正しくこの駅なのだ。
こんな確実な事象はなかった。
しかし何故、こんな駅に来たのかは全く理解できない。
それはそうだ。
最初から何処かへ行く気など毛頭なかったのだから。

何故わたしは動くのか?
いや、動くのを前提とするのか?
その無意識自体が幻想であった。
動くー移動自体が。
そんな古風な観念では、何処へ行くとか言う前に何も知ることは出来ない。

少し周りを確認するとそこは別に駅でも何でもないことに気づく。
駅と思いたいのなら駅だが、キリコの広場でも良いし、立派な劇場前でもあった。
しかしすべてが少しばかり古風な出で立ちである。
実際、犬連れの婦人も歩いている。
これには特に時代感はないが。
何の意味もなかった。

ただ、何より明白なのは、起点も終点もないただ次への乗換が素晴らしく爽やかで気持ち良いこと。
正に全く異質の新たな”駅”に出ること。というか、正にその場所に現れること。
ここと次が全く関連を持たない線で繋がっていること。
これが何より肝心なことであった。

何より肝心なのだが、しっかり知っていることを違う場所、いや違う次元に連結して述べる言葉がまだ整備されていないことを、降りたばかりの駅で確認した。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp