プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
still dark
この世界に残されて
ファミリー ファミリー
通告
暗黒街のふたり
Autonomous 自律
怪奇蒐集者 黄泉がたり 村上ロックより抜粋
閉鎖病棟 -それぞれの朝-
ついに実現、S君の絵画展
S君 小さな情景展 Pre001
遠藤彰子先生と語る
春夏秋冬そして春
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
邦画特選
☆彡 東京物語
☆彡 秋刀魚の味
☆彡 麦秋
☆彡 晩秋
☆彡 雨月物語
☆彡 アフタースクール
☆彡 ラブレター
☆彡 四月物語
☆彡 花とアリス
☆彡 スワロウテイル
☆彡 リップヴァンウィンクルの花嫁
☆彡 寄生獣
☆彡 寄生獣 完結編
☆彡 ヒミズ
☆彡 冷たい熱帯魚
☆彡 女子ーズ
☆彡 フラガール
☆彡 怒り
☆彡 ミスミソウ
☆彡 志乃ちゃんは自分の名前が言えない
☆彡 少女邂逅
☆彡 羊と鋼の森
☆彡 空(カラ)の味
☆彡 カノン
☆彡 花筐
☆彡 ローリング
☆彡 サマーフィルムにのって
☆彡 あん
☆彡 ドライブ・マイ・カー
☆彡 お嬢ちゃん
☆彡 夏の妹
☆彡 モダン・ラブ
☆彡 ソウル・フラワー・トレイン


アニメーション☆

★彡 サマーウォーズ
★彡 君の名は。
★彡 この世界の片隅に
★彡 言の葉の庭
★彡 聲の形
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版前後編
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版 新編
★彡 映画けいおん!
★彡 涼宮ハルヒの消失
★彡 響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ
★彡 たまこラブストーリー
★彡 百日紅 Miss HOKUSAI
★彡 planetarian~星の人~
★彡 『千と千尋の神隠し』を観て。廃墟のテーマパークの可能性
★彡 星を追う子ども
★彡 劇場版総集編メイドインアビス 旅立ちの夜明け・放浪する黄昏
★彡 Dr.STONE
★彡 天気の子
★彡 竜とそばかすの姫
月別アーカイブ

ホリック xxxHOLiC

HOLiC011.jpg


蜷川実花 監督
吉田恵里香 脚本
CLAMP『XXXHOLiC』 原作
渋谷慶一郎 音楽

神木隆之介、、、四月一日君尋
柴咲コウ、、、壱原侑子
松村北斗、、、百目鬼静
玉城ティナ、、、九軒ひまわり
趣里、、、美咲
DAOKO、、、マルダシ
モトーラ世理奈、、、モロダシ
西野七瀬、、、猫娘
大原櫻子、、、女性客A
てんちむ、、、女性客B
橋本愛、、、座敷童
磯村勇斗、、、アカグモ
吉岡里帆、、、女郎蜘蛛


Diner ダイナー」以来の蜷川実花監督の作品。
あの作品は、ストーリーも分かり易くエンターテイメントとしてとても優れたものであろう。
美術がこの監督ならではの高彩度で刺激の強いものだが癖になる要素に充ちていた。

HOLiC002.jpg

本作も何とも、豪華キャストである。
チョイ役に主役級の人も出ている。よく出たものだ。監督と仲の良い人たちなのか。
(玉城ティナは恐らく監督のお気に入りなのだと思う)。
しかし肝心のお話の方だが、この監督らしい極彩色の豪華絢爛な美術は健在だが、何がどうなってるのか掴めない。
主役の四月一日君尋という凝った名前の高校生が掴みどころがないキャラで、この分からないキャラが噺全体も分からなくしているような。

HOLiC010.jpg


何と言うか物語の内的な論理が分からないため、何でそう動くのか何でそうなるのかがしっくりこない。
一体、何がどうなって最終的にどう落ち着いたのか、見終えた今、きょとんとしている(笑。
わたしは、ストーリーそのものはほとんど分らなかった。
キャストの人物像もいまひとつ分からず仕舞い。

HOLiC003.jpg

では詰まらなかったかと謂われれば、そうでもない。
よくは分からないが見せ場は多いのだ。
絵として魅せる。音楽も良い。映像の流れで充分愉しませてくれる。
闘いの場面もハリウッドからは出てこないVFXであり、この監督独特のオリエンタルな(日本の伝統美をモチーフにした)美意識が反映された華麗なもので引き込まれるところだ。ファッションも凄い凝りよう。

HOLiC004.jpg

うんと長いMV観ている感覚であった。
ここでは、なにより柴咲コウ演じる壱原侑子がビビットで華麗であったが、吉岡里帆の女郎蜘蛛もビビットさでは十分対抗できるなかなかのもの。かなりの活躍ぶりである。弾けた悪女だ。玉城ティナのひまわりはとっても大人しいのだが、そういう役だから仕方ないにせよ、もうちょっと何かあっても良いものを、とは思った(笑。
モトーラ世理奈が壱原侑子のメイド?のコミカルな役で出ていたが、これも可愛くて良い。
そして橋本愛、大原櫻子、西野七瀬がほんのワンカットのチョイ役で出ている。
何と贅沢な。チョイ役でも印象を残すところは流石。

HOLiC009.jpg


男性陣は、神木隆之介をはじめ3人が皆所謂、二枚目役でそれぞれはっきり描き分けられていて良いのだが、如何せん神木君演じる四月一日君尋が訳わからん。妖が見えてしまうが、ただ見えるだけでそれに対し何もできない人である。
であるから、それに対抗するしかなくなった時には、味方となってくれる人の助けを借りながら闘うことになる。
これは良いと思う。安易なヒーローより面白い。皆に支えられるヒーローというのは新しい。
そして色々葛藤するところも分かるのだが、何だか分からなくなる(笑。
そうした闘いの中で(「涼宮ハルヒのエンドレスエイト」みたいになるところが面白かったが)結局、何がどうなったのか。
単なる一日君尋の成長物語なのか。
壱原侑子は犠牲となって消えてしまったのでは自らの説に対し矛盾しているし、あの闘いの結果、百目鬼静も九軒ひまわりもそのままなのか?ひまわりの対価による傷も憑りついている妖もそのままなのか?では、何の意味があったのか。結果的にマイナスで終わった感じではないか。彼は何をやり遂げたのか?

HOLiC007.jpg

どうもすっきりしないのだ。
最後、一日君尋が壱原侑子の客の悩みを対価により晴らす店を継ぐが、何で?
壱原侑子のような圧倒的な力を持っていないのに、出来るのか?
(道端の占い師でも難しそうだが)。
お前が選んだことなら良いという鬼静。確かにそうだが、鬼静は自分の神社の仕事があろう。何故か店の門番みたいに立っていたがあれは、何なのか。

ともかくそれぞれのシーンを豪奢に映す工夫・演出は分かるが、キャストが謎であったかも。
物事は全て必然であり、現象も人が関わらなければ意味~価値はない、というのはその通り。
妖も見えなければ、何の意味も持たない。単に当人にとって運が悪いとか思うにせよ。
それでも選択の自由はあるのだ、と敢えて謂ってしまう。
そこの当たりが、どういう展開により示されるのか、と言うところがよく分からないままであった。
つまり終盤~最後のシーンをもって自らの選択により運命を変えたというのか?
ちょっと最後の神木隆之介の芝居には無理があった、と思う(笑。

HOLiC006.jpg

一度は観て損はない映画である。




AmazonPrimeにて










関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

”Bon voyage.”

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp
ブレード・ランナー ファイナルカット
ブレードランナー2049
メッセージ
インターステラー
第9地区
月に囚われた男 MOON
オブリビオン
コンタクト
オデッセイ
エイリアン
プロメテウス
エイリアン: コヴェナント
エクス・マキナ
クラウドアトラス
モンスターズ 地球外生命体
クロニクル
ガタカ GATTACA
チャッピー
パシフィック・リム
ザ・ミスト
オートマタ
スターシップ9
モーガン プロトタイプL-9
ロスト・エモーション
スローターハウス5
ザ・ドア 交差する世界
メランコリア
アルファヴィル
アンダー・ザ・スキン
不思議の国のアリス
イーオン・フラックス
サリュート7
アポロ13号
シルバー・グローブ/銀の惑星
イカリエ-XB1
アイアン・ジャイアント
アンドロメダ
地球の静止する日
地球が静止する日
宇宙戦争
トランス・ワールド
ロボット
ヴィデオドローム
イグジステンズ
マイノリティ・リポート
フローズン・タイム
マザーハウス 恐怖の使者
EVA
ベイマックス
ファースト・コンタクト
ファースト・マン
13F~サーティーン・フロア
あやつり糸の世界