プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
still dark
この世界に残されて
ファミリー ファミリー
通告
暗黒街のふたり
Autonomous 自律
怪奇蒐集者 黄泉がたり 村上ロックより抜粋
閉鎖病棟 -それぞれの朝-
ついに実現、S君の絵画展
S君 小さな情景展 Pre001
遠藤彰子先生と語る
春夏秋冬そして春
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
邦画特選
☆彡 東京物語
☆彡 秋刀魚の味
☆彡 麦秋
☆彡 晩秋
☆彡 雨月物語
☆彡 アフタースクール
☆彡 ラブレター
☆彡 四月物語
☆彡 花とアリス
☆彡 スワロウテイル
☆彡 リップヴァンウィンクルの花嫁
☆彡 寄生獣
☆彡 寄生獣 完結編
☆彡 ヒミズ
☆彡 冷たい熱帯魚
☆彡 女子ーズ
☆彡 フラガール
☆彡 怒り
☆彡 ミスミソウ
☆彡 志乃ちゃんは自分の名前が言えない
☆彡 少女邂逅
☆彡 羊と鋼の森
☆彡 空(カラ)の味
☆彡 カノン
☆彡 花筐
☆彡 ローリング
☆彡 サマーフィルムにのって
☆彡 あん
☆彡 ドライブ・マイ・カー
☆彡 お嬢ちゃん
☆彡 夏の妹
☆彡 モダン・ラブ
☆彡 ソウル・フラワー・トレイン


アニメーション☆

★彡 サマーウォーズ
★彡 君の名は。
★彡 この世界の片隅に
★彡 言の葉の庭
★彡 聲の形
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版前後編
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版 新編
★彡 映画けいおん!
★彡 涼宮ハルヒの消失
★彡 響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ
★彡 たまこラブストーリー
★彡 百日紅 Miss HOKUSAI
★彡 planetarian~星の人~
★彡 『千と千尋の神隠し』を観て。廃墟のテーマパークの可能性
★彡 星を追う子ども
★彡 劇場版総集編メイドインアビス 旅立ちの夜明け・放浪する黄昏
★彡 Dr.STONE
★彡 天気の子
★彡 竜とそばかすの姫
月別アーカイブ

女子寮祭

jyoshi001.jpg

1957

斎藤武市 監督
若杉光夫 脚本
岩橋邦枝 原作

轟夕起子、、、大西雪枝(寮監)
渡辺美佐子、、、篠崎ルミ(反抗的女学生)
高田敏江、、、島弘子(貧しい女学生)
安井昌二、、、田村正一(苦学生、弘子の彼氏)
青山恭二、、、津田一男(金持ちの不良学生、ルミの遊び友達)
三島耕、、、笠原助教授
清水千代子、、、北川園子(女学生)


非常に疲れがたまってしまって、こんなときにセリフの多いサスペンス物は一番避けたい。
それぞれの微妙なセリフを注意深く捉えておかないと、やられてしまう(爆。
古い邦画の学生ものらしき映画を選ぶことに、、、。しっかし、えらく暗くて重いものだった(苦。

大学の女子寮(白百合寮)が舞台。
篠崎ルミという頭は良いが悉く校則を破る反抗的女子学生と寮監大西との対決を描くのか、、、
対応に苦慮し学生のデーターにあたると、篠崎真一郎長女とあった。
うむ、もしかしてわたしの娘かも?って、これまた凄い設定で来ますな。

jyoshi003.jpg

そのつもりで観てゆくことに、、、。
授業サボって麻雀やってラーメン食べようとしている。その後スケートに行くが、津田の不良仲間に絡まれる。
こんなルミの生活振りと苦学生と付き合う貧しいが真面目な女子学生、弘子を対比的に描く。
皆、行動はともかく、言葉使いが良い。寮の方も別に理不尽だったり無慈悲なわけではない。
寧ろ大西寮監など仏のような慈悲深い人である。教育方針も決して高圧的な押しつけはせず主体性や個別性を重んじている。

そんなルミも、笠原助教授には気があり下宿に酒を持って遊びに行くが相手にされない(そりゃそうだ)。
それでまた不良学生たちと交わり遊びまくる。
(他の寮生も規律に縛られる生活には不満を溜め「わたしたち修道院にいるんじゃないわ」などと甘いことをぬかしている)。
ルミはドライブに行くが、不良の魂胆など直ぐに観抜くところは頼もしい。だが危なっかしい生活は続く。

jyoshi002.jpg

ついにルミは、賭け麻雀で警察に挙げられる。
大西は警察から彼女を引き取るが、食事に誘うくらいで、叱ろうとしない。
それに業を煮やし大西に当たり散らし彼女は、また不良の元へ。
この不良とは完全に共依存関係~嗜癖になっている。
(好きな男性は笠原助教授だが、この男とはあらゆる面から不利益しか生まないのに付き合うことがやめられない。その関係に逃げ込んでしまう)。
これは何とかしないと、、、。まずいパタンでしかない。原因は何か。

ナイトクラブでは、不良とおふくろの噺になる。
やはりルミは本当の母のいないことで荒れているようだ。
不良の謂うように、いたらいたで、どんなおふくろかという問題もあろうに。毒母だったらどうする?
でも淋しいのだ。そうなんだ。それで屁理屈を言って突っ張っている。甘過ぎる。

jyoshi004.jpg

篠崎ルミに、いよいよ退学処分が下ろうとする。さてどうなる?
実家から送られた授業料など全て使い込み、大学には全く金も収めていないらしい。
その上に貧しい友達弘子のお金をくすねて競馬に行ってしまう。もうここまで堕落するものか、、、。
そしてその彼女の苦学生の彼氏が無理のし過ぎで結核となり、治療費もままならぬ状況で故郷に帰ることに。
自分の不満の捌け口をこうした人に向けることは、悍ましい限り。
弘子は自分の血を売るしかなくなり、倒れてしまう。

ドンドン重くなり、ついに寮監である大西が生みの親であることを告白する。
何を今更という流れで更に重くなる。厳然とある溝はどうにもならない。
そして苦学生の彼氏も、弘子が駆けつけた時はもう亡くなっていた。
ルミも不良の彼氏に騙され悪党に売られ、乱暴したその男を刺してしまう。
どん底。

どうまとめるのか、、、まとめようもない。
どん底に着地であった。
田村正一の今際の手記がせめてもの救いか。
「生きるということはまったく素晴らしいことだ。人間の心の美しさを信じながら、、、、
親切で善意に充ちた隣人がいて、島君という恋人までいる。それを想うと僕ほど幸せな人間はいない。何故だろう自分でも不思議なくらい僕の心は明るいのだ、、、」最期に書くのだから本心だろう。



ルミは大西雪枝の後姿を窓越しに眺め、独り警察の車へ。
夜の女子寮祭で締めくくられる。


この大西雪枝先生誰かに似ていると思って観ていたが、、、。
卓球のアイちゃんに似ているのだ。彼女が年輩の女性になったら恐らくこんな感じ(笑。




AmazonPrimeにて




関連記事

COMMENT

No title

まあーこれも昨日にも増して古い映画ですね。
今日(7/6)徹子の部屋のゲストで高田敏江(貧しい女学生)が出演されていました、87歳との事でした。

そして渡辺美佐子(反抗的女学生)さんと高田敏江さんはこの夏恒例の朗読をされるとか…そんな事を知りつつ古い映画を見るのも良いかも知れないと思いましたが…

GOMA28さんの映画選びのポイントは何でしょうか。

映画選びのポイント、、、

傍目には全くの無節操に見えると思います(笑。

一番好きな映画のジャンルはSFですが、それほどありません。
(というより、まともなものは大変少ないです)。
他で探すとなると、その時の体調によります。
如何にもヘビーで長時間のものは、疲れている時は避けるとか(笑。
但し、邦題に裏切られることも多く、軽い感じで観られそうと思ったものが、相当に重く、ズッシリ来て更に疲れることも。
(この映画のような古い邦画は、味わい深いものもあり時折、チェックして観てみます)。

アニメーション映画は、日本のものは非常にレベルが高いと思いますので、その辺はいつも気にしています。

調子のよい時は、SF大作、アニメーション、詩的で空間的な密度の濃い作品(タルコフスキー、ベルイマン等のような)、レアな雰囲気の掘り出し物的な作品、そして昔の映画(洋邦問わず)といったものが引っかかり、順番で観ているように思います。
人の評価は全く気にしません。

ポイントという程のものではないですが。

また宜しくどうぞ。

EDIT COMMENT

非公開コメント

”Bon voyage.”

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp
ブレード・ランナー ファイナルカット
ブレードランナー2049
メッセージ
インターステラー
第9地区
月に囚われた男 MOON
オブリビオン
コンタクト
オデッセイ
エイリアン
プロメテウス
エイリアン: コヴェナント
エクス・マキナ
クラウドアトラス
モンスターズ 地球外生命体
クロニクル
ガタカ GATTACA
チャッピー
パシフィック・リム
ザ・ミスト
オートマタ
スターシップ9
モーガン プロトタイプL-9
ロスト・エモーション
スローターハウス5
ザ・ドア 交差する世界
メランコリア
アルファヴィル
アンダー・ザ・スキン
不思議の国のアリス
イーオン・フラックス
サリュート7
アポロ13号
シルバー・グローブ/銀の惑星
イカリエ-XB1
アイアン・ジャイアント
アンドロメダ
地球の静止する日
地球が静止する日
宇宙戦争
トランス・ワールド
ロボット
ヴィデオドローム
イグジステンズ
マイノリティ・リポート
フローズン・タイム
マザーハウス 恐怖の使者
EVA
ベイマックス
ファースト・コンタクト
ファースト・マン
13F~サーティーン・フロア
あやつり糸の世界