プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

圧倒的な廃墟論

Broadway tower edit

愛しの“Folly”~廃墟論その美学的見地 Ⅱ

”Folly”というものは、確かロックの歌詞でかつて見ましたが、(ジェネシスとかで)それがなんであるか知りませんでした。
なんというお洒落なものでしょう?!
そう言えば、ほど近い公園にそのような”Folly”がありました。
わたしは苦し紛れにトマソンとか呼んでいましたが、意図的な建造物か、ただ打ち捨てられ本来の用途を失ったものかの違いは明白です。

上に貼らせていただいた「廃墟論」まさに圧倒的なものです!
数行引用させてもらい、それについて語ろうと思っていたのですが、それ自体無意味と知り、まるごと引かせて頂きました。

ここに書かれていることは、すべてまさにその通り、よく言ってくださった。
というものです。

ということで、めでたくわたしの舌足らずな廃墟に関する覚書も終了させてもらいます。
と、言いたいところなのですが、上のエッセイの説得力に溢れるイディオムにやはり時間性と自然があります。
わたしが、しまったと思ったのは、時間と絡めた「自然」という概念をしっかり採り上げなかったことです。
まさにこの「自然」こそが、廃墟を知るになくてはならない概念です。
単なる自然ではなくはっきり概念として摂りだした「自然」です。
「時間」もそうですが。
自然について書いていても「自然」として抽象しなければなりません。

特に圧巻なのは、「人為が自然に同化し
得も言われぬ一体感が醸し出される場所は
その深意を増すように思います

果てしのないような虚無感が呼び覚まされ
支配するのは時間だけという世界」

このくだり。
さすがとしか言い様がありません!
「廃墟」に関してはこれだけで十分に言い得ています。

そして

「空間上の建築というよりも
時間軸上の建築といった色彩を帯びるもの 」
そこだと考えます。
まったくです!



また、重要なことは、廃墟を観察する当事者の問題。それを含んでの廃墟現象。または、事象です。「場所」です。これもしっかり記されています。量子力学的な考察です。


そのうち余裕があれば、改めてわたしの書いたものをまとめて載せるつもりです。
明らかに、書くごとに整理していった部分はあります。
1について、明確になっていなかったイデオムを、2で訂正していますので、そのへんをまとめたい気持ちはあります。
が、当分は違うことを伸び伸び書けそうです。
ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp