プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
still dark
この世界に残されて
ファミリー ファミリー
通告
暗黒街のふたり
Autonomous 自律
怪奇蒐集者 黄泉がたり 村上ロックより抜粋
閉鎖病棟 -それぞれの朝-
ついに実現、S君の絵画展
S君 小さな情景展 Pre001
遠藤彰子先生と語る
春夏秋冬そして春
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
邦画特選
☆彡 東京物語
☆彡 秋刀魚の味
☆彡 麦秋
☆彡 晩秋
☆彡 雨月物語
☆彡 アフタースクール
☆彡 ラブレター
☆彡 四月物語
☆彡 花とアリス
☆彡 スワロウテイル
☆彡 リップヴァンウィンクルの花嫁
☆彡 寄生獣
☆彡 寄生獣 完結編
☆彡 ヒミズ
☆彡 冷たい熱帯魚
☆彡 女子ーズ
☆彡 フラガール
☆彡 怒り
☆彡 ミスミソウ
☆彡 志乃ちゃんは自分の名前が言えない
☆彡 少女邂逅
☆彡 羊と鋼の森
☆彡 空(カラ)の味
☆彡 カノン
☆彡 花筐
☆彡 ローリング
☆彡 サマーフィルムにのって
☆彡 あん
☆彡 ドライブ・マイ・カー
☆彡 お嬢ちゃん
☆彡 夏の妹
☆彡 モダン・ラブ
☆彡 ソウル・フラワー・トレイン


アニメーション☆

★彡 サマーウォーズ
★彡 君の名は。
★彡 この世界の片隅に
★彡 言の葉の庭
★彡 聲の形
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版前後編
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版 新編
★彡 映画けいおん!
★彡 涼宮ハルヒの消失
★彡 響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ
★彡 たまこラブストーリー
★彡 百日紅 Miss HOKUSAI
★彡 planetarian~星の人~
★彡 『千と千尋の神隠し』を観て。廃墟のテーマパークの可能性
★彡 星を追う子ども
★彡 劇場版総集編メイドインアビス 旅立ちの夜明け・放浪する黄昏
★彡 Dr.STONE
★彡 天気の子
★彡 竜とそばかすの姫
月別アーカイブ

追憶

The Way We Were001

The Way We Were
1973
アメリカ

シドニー・ポラック 監督
アーサー・ローレンツ 脚本

マーヴィン・ハムリッシュ 音楽
バーブラ・ストライサンド主題歌「追憶」

バーブラ・ストライサンド、、、ケイティ・モロスキー(青年共産同盟の委員長)
ロバート・レッドフォード、、、ハベル・ガードナー(小説家、脚本家)
ブラッドフォード・ディルマン、、、J・J(ハベルの親友、富豪)
ロイス・チャイルズ、、、キャロル(J・Jと結婚するも別れる、上流階級)
パトリック・オニール、、、ジョージ
ジェームズ・ウッズ、、、フランキー


この映画もテーマが随所に流れるが、センスが良くとても効果的であった。
なんせネスカフェのCMソングで馴染みも深い。
歌はバーブラ・ストライサンドである。文句なし。(先日観た「慕情」とは比べ物にならない)。
役はウザい(イタイ)政治活動家であるが。
こういう気質~性向はこの人の本質で、変わるものではないことが分かる。
理想論としは正しいが、主義に生きるところが限界となる。しかも方法論もなく猪突猛進でいいカモになってしまう。
主義は兎角硬直化し暴力的な軋轢を生む。主義に振り回されるのは辛い。

The Way We Were005

またロバート・レッドフォードがピタリの良い役である。
現実をしっかり認識していて、小説~脚本?もその上で書いていた。
考えがヒト~個に寄り添っている。
とは言え、このふたりのコンビは非常に強力。
ただ最初からぶつかり合ってばかりで破局は見えている。

娘の出産後の別れというのは、とっても切ない、、、。
このラブロマンスはとっても滲みた。
役者が良いこともあり、、、ホントに役者が良い。
この作品には共感するし納得できる。

The Way We Were002

レストランと印刷所の掛け持ちバイトで大学に通い、反政府運動に邁進する洒落っ気のない女子が、金持ちでオールマイティのイケメン人気者に恋をするということは、充分にあり得る。同じ運動の同志と結ばれるばかりが能ではない。
やはり人は自分と異質のものに憧れるものだ。
そして何より、短編小説で自分の書いた渾身の作を押し退けてハベルの書いた小説が高く評価されたことで、もう参ってしまう。
よく分る。

The Way We Were004

だが、主義主張に拘らず、人間そのものに寄り添おうとするハベルと主義を貫くために常に闘志を燃やすケイティはベクトルの向きが異なる。個に対する多様な関りを大切にしてゆく方向性と全体に働きかけある方向に煽動しようとする方向性には隔たりがある。
二人で話そうにも、片や淡々と語り、片や演説となってしまう。
これはどうしても齟齬を生む。だがお互いに深い所では尊重し合い惹かれ合ってもいる。
多くの場合、ぴったり合うよりこうした関係に近いものではなかろうか。
だから共感できる。

この辺の苦しさやるせなさが、ストーリー、演出、演技、カメラワーク、音楽の絶妙な絡みでよく表現されていた。
やはり別れることになり、お互いに結婚もする。
数年後また偶然、出逢ったところで、娘の事を訪ねるハベルに、ケイティは素晴らしい自慢の娘に育ったことを伝え、彼は安堵する。
今度、夫婦で遊びに来ないかというケイティに対し、それは出来ないと言うハベル。
(ケイティは相変わらず政治運動を街頭で続けていた。原爆反対運動であった)。
そして今度こそ、別れてゆく二人、、、もう逢うことはないだろうな、と感じる。

The Way We Were003

とても切なく味わい深い映画であった。
コーヒーのCMにはピッタリの主題歌でもある。



Tvにて












関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

”Bon voyage.”

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp
ブレード・ランナー ファイナルカット
ブレードランナー2049
メッセージ
インターステラー
第9地区
月に囚われた男 MOON
オブリビオン
コンタクト
オデッセイ
エイリアン
プロメテウス
エイリアン: コヴェナント
エクス・マキナ
クラウドアトラス
モンスターズ 地球外生命体
クロニクル
ガタカ GATTACA
チャッピー
パシフィック・リム
ザ・ミスト
オートマタ
スターシップ9
モーガン プロトタイプL-9
ロスト・エモーション
スローターハウス5
ザ・ドア 交差する世界
メランコリア
アルファヴィル
アンダー・ザ・スキン
不思議の国のアリス
イーオン・フラックス
サリュート7
アポロ13号
シルバー・グローブ/銀の惑星
イカリエ-XB1
アイアン・ジャイアント
アンドロメダ
地球の静止する日
地球が静止する日
宇宙戦争
トランス・ワールド
ロボット
ヴィデオドローム
イグジステンズ
マイノリティ・リポート
フローズン・タイム
マザーハウス 恐怖の使者
EVA
ベイマックス
ファースト・コンタクト
ファースト・マン
13F~サーティーン・フロア
あやつり糸の世界