カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

「アナと雪の女王」を観る

Frozen
2013年
アメリカ

クリス・バック監督
ジェニファー・リー監督・脚本・原案

ハンス・クリスチャン・アンデルセン『雪の女王』原作
主題歌イディナ・メンゼル/デミ・ロヴァート「レット・イット・ゴー」

アナ、、、アレンデール王国の第二王女
エルザ、、、アレンデール王国の第一王女
クリストフ、、、山男(氷売)
スヴェン、、、クリストフのトナカイ
オラフ、、、雪だるま
ハンス、、、サザンアイルズ王国の王子
ウェーゼルトン公爵、、、貿易相手のウェーゼルトン国の公爵
マシュマロウ、、、エルザの魔法で作られた氷の怪物
トロール、、、クリストフの友だち、石に似ている


観た!
早く着いてしまい、映画館で一時間ポップコンでまつ。
CaptureWiz035.jpg
アカデミー「長編アニメーション賞」と「主題歌賞」受賞。
”Let it Go~”ではなく、”ありの~ままの~”の歌詞であった。
CaptureWiz036.jpg
『トイ・ストーリー3』を抜いて歴代アニメーション興行収入第1位を記録
うちには、『トイ・ストーリー』と『トイ・ストーリー2』はあるが、3はない。見てなかったことに気づく。
このシリーズは良い!
CaptureWiz037.jpg
今回の映画を観てまず感じたのは、吹き替えの自然さ、吹き替えだという感覚すらなかった。
ディズニーには、吹き替え戦略を担当する専門の部署があり、世界各国の市場に合わせて、各キャラクターを演じるのにピッタリなタレントや俳優、声優たちを厳選するエキスパートを揃えているという。
松たか子、神田沙也加の選出はよかった。が、よく選んだもんだ。
勿論、日本語版でないと意味がない。これを字幕で観せられてはたまらない。
ローカライズは必須だ。
そこがディズニーの真骨頂である。
そして最近のディズニーアニメの大躍進は、すべて「ピクサー・アニメーション・スタジオ」による。
スティーヴ・ジョブスの個人資金で育てた会社である。身銭を切って大きくした会社が順調に大躍進した。
今回の「アナと雪の女王」は本当にシンプルで、小さな子ども達にもじっくり堪能できるものに仕上がっていた。
シンプル・イズ・ベストである。

CaptureWiz038.jpg
最初、予告で観たとき、二人のヒロインの造形はあまりにアメリカっぽいな、と感じたものだが、映画で動きとともに観てみると、親しげな雰囲気でチャーミングであった。
CaptureWiz039.jpg
なかに入ってゆくのに、何ら妨げはなかった。
CaptureWiz040.jpg
また、良い映画は決まって脇役が良いが、この映画でも、オラフとクリストフはとても魅力的であった。
CaptureWiz041.jpg
確かに大変ありがちなキャラではあるが、そこはディズニーの王道アニメである。変わっているより安心できる、である。
CaptureWiz042.jpg
氷の世界については、自分で想像する余地のない、圧倒的な情報量であるが、これはもうすでに何かの代替物-表現というより、これ自体を現実と捉える方が確かである。
CaptureWiz043.jpg
それぞれの何気ないシーンも詩的につくりこまれていた。そこが「映画」である。
CaptureWiz044.jpg
これらの主人公はかなりの余韻を残しており、ここで終わらないインパクトをもっていた。
CaptureWiz045.jpg
後味のよい映画であった。

関連記事
THEME:art・芸術・美術 | GENRE:学問・文化・芸術 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
コメント、メッセージ頂ければ嬉しいです。

*当サイトはリンクフリーです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: