プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
still dark
この世界に残されて
ファミリー ファミリー
通告
暗黒街のふたり
Autonomous 自律
怪奇蒐集者 黄泉がたり 村上ロックより抜粋
閉鎖病棟 -それぞれの朝-
ついに実現、S君の絵画展
S君 小さな情景展 Pre001
遠藤彰子先生と語る
春夏秋冬そして春
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
邦画特選
☆彡 東京物語
☆彡 秋刀魚の味
☆彡 麦秋
☆彡 晩秋
☆彡 雨月物語
☆彡 アフタースクール
☆彡 ラブレター
☆彡 四月物語
☆彡 花とアリス
☆彡 スワロウテイル
☆彡 リップヴァンウィンクルの花嫁
☆彡 寄生獣
☆彡 寄生獣 完結編
☆彡 ヒミズ
☆彡 冷たい熱帯魚
☆彡 女子ーズ
☆彡 フラガール
☆彡 怒り
☆彡 ミスミソウ
☆彡 志乃ちゃんは自分の名前が言えない
☆彡 少女邂逅
☆彡 羊と鋼の森
☆彡 空(カラ)の味
☆彡 カノン
☆彡 花筐
☆彡 ローリング
☆彡 サマーフィルムにのって
☆彡 あん
☆彡 ドライブ・マイ・カー
☆彡 お嬢ちゃん
☆彡 夏の妹
☆彡 モダン・ラブ
☆彡 ソウル・フラワー・トレイン


アニメーション☆

★彡 サマーウォーズ
★彡 君の名は。
★彡 この世界の片隅に
★彡 言の葉の庭
★彡 聲の形
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版前後編
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版 新編
★彡 映画けいおん!
★彡 涼宮ハルヒの消失
★彡 響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ
★彡 たまこラブストーリー
★彡 百日紅 Miss HOKUSAI
★彡 planetarian~星の人~
★彡 『千と千尋の神隠し』を観て。廃墟のテーマパークの可能性
★彡 星を追う子ども
★彡 劇場版総集編メイドインアビス 旅立ちの夜明け・放浪する黄昏
★彡 Dr.STONE
★彡 天気の子
★彡 竜とそばかすの姫
月別アーカイブ

イヴの総て

All About Eve000

All About Eve
1950年
アメリカ

ジョセフ・L・マンキーウィッツ 監督・脚本
女優エリザベート・ベルクナーをモデルとしたメアリー・オルの小説 "The Wisdom of Eve" 原作


ベティ・デイヴィス、、、マーゴ・チャニング(大女優)
アン・バクスター、、、イヴ・ハリントン(新進舞台女優)
グレゴリー・ラトフ、、、マックス・フェビアン(プロデューサー)
ジョージ・サンダース、、、アディソン・ドゥイット(映画評論家)
ゲイリー・メリル、、、ビル・シンプソン(演出家)
マリリン・モンロー、、、カズウェル(ハリウッド新進女優)
ヒュー・マーロウ、、、ロイド・リチャーズ(劇作家)
セレステ・ホルム、、、カレン・リチャーズ(ロイドの妻)
セルマ・リッター、、、バーディ(メイド)
バーバラ・ベイツ、、、フィービー(謎の女子高生)


緊張感の半端ではないビビットな見応え充分な作品であった。
ある意味、心理劇とも謂えよう。
イヴの純粋で誠実~慇懃無礼~冷徹で傲慢へと変化する軸に従い揺れ動く関わる人間の心情にこちらも共鳴してしまう。
「ミュージカル」の代名詞でもあるブロードウェイの裏側の雰囲気が、ピリピリ伝わってくる怖い劇でもある。
しかもこれは、実際のモデルがいて、それを元に映画にしたものだ。
まあ、野心の凄まじさ、、、こうした欲動は何処から湧いて来るのか。
特に見た目が真面目で可憐な女性となると、よりインパクトは強い。
タフな娘だと感心するばかり、、、あのベティ・デイヴィスを向うに回してである、、、?!

All About Eve003

ベティ・デイヴィスとアン・バクスターの最初から最後までの大きな起伏のある駆け引き~バトルは圧巻であった。
(結局、ベティ・デイヴィス演じる大女優マーゴ・チャニングを踏み台にしてのし上がるイヴ・ハリントンである(怖)。
またその泥沼劇の中で、超然とした新進女優マリリン・モンローの姿は一際目を惹くものであった(しかもすでにモンローウォークもしているし)。この人もまた別格であることをはっきりと示している。栴檀は双葉より芳し。

All About Eve002

まあ、どのキャストもアクの強いこと、、、。脇ではあるがバーディ(セルマ・リッター)などアクの塊みたい。
そして名優揃いだ。誰もが狂気を陰に秘めており。中でもベティ・デイヴィスの人間の深みは大したもの。
オスカーを巡っても実際、ひと悶着あったようで、ベティ・デイヴィスとアン・バクスターの票の取り合いとなり結局ふたりとも受賞を逃しているが、映画とシームレスな争いが(裏でも)行われていたように見えてしまう。
1970年にはミュージカル『アプローズ』として公開され、ローレン・バコールが初演でマーゴ役を務めるが、その1年後にはアン・バクスターに替わっていたというから、何やら戦慄を覚える(笑。
アン・バクスターって、まさにこの映画の役を地でゆくような(イヴ・ハリントンみたいな)ヒトであったのか、どうか(怖。
(「私は告白する」でしか他には見ていなかったことに気づく)。フランク・ロイド・ライトを祖父に持つ女優だ。

All About Eve001

演出(特に衣装を効果的に扱う)もセリフも切れがあり、とてもよく練られていた(無駄や破れ目が全く感じられない)。
噺は演劇界最高の賞であるセイラ・シドンス賞の授賞式で、例外的に若いイヴ・ハリントンが受賞したという発表から始まる。
それを見詰める複雑な渋い表情の、豪華な面々~彼らの知るイヴとは一体どういう女性なのか、がタップリ明かされてゆく、という映画。
その視座は特定の誰かを通してではなく、超越的な視座~視聴者席(ここ)から俯瞰できる。
そして最後にこの会場に戻り、そつのない立派な(優等生)スピーチで自らの受賞を締めくくるイヴ・ハリントン。
まさに計算と策略と幸運によって齎された栄光であった。

その内容~経緯の2時間20分をここでいい加減に記すことは出来ない。
こんなに面白いものそのまま見なければ勿体ないではないか。
(常にネタバレし放題の文を書いて来て、ここで謂うのもなんであるが)。
今回は一切封印である。

All About Eve006

とは言え、物語はここで終わらない(やはりちょっとは、言っておきたい(拝)。
何と、、、高校生には見えないのだが、素朴に見えて野心の滲み出ているフィービーというのがイヴのファンですと言って控えのホテルの部屋に忍び込んで来たのだ(これでは息も付けない)。
芸能界は直ぐに次世代が迫りくるもの、と言っても早すぎるが。
自分が頂点の賞を獲得してトップに立ったと思いほっと安堵した矢先、直ぐにその地位を狙うかつての自分のような女が現れるのだ。この娘も充分に怪しい。
彼女もまた、イヴに取り入って(イヴがマーゴに対してしたように)徹底的に全てを真似て自分のものとし、乗り越えて行こうという魂胆か。
しかしイヴも当然、自分と似た匂いに警戒しているはず(マーゴたちはその点で甘かった)。

All About Eve004


ひとつ疑問なのが、頭の良いイヴであれば、マーゴたち権威を敵に回して、この先上手くやって行ける策を巡らしているのかということである。どう見ても賞を一つ取ったからと言って、この先の険しさは生半可なものではないはず。

余程のメンタルがなければ、こんな世界で生きてゆく事は到底出来ないな、とつくづく思わされた映画でもある。
しかし考えてみるに、イヴのあんな変な帽子を平気で被っていられる神経が、これを可能にするのかも。





AmazonPrimeにて












ゲイリー・メリルは一時期ベティ・デイヴィスの夫だった人でもあることを知った。
小ネタか(笑。

関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

”Bon voyage.”

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp
ブレード・ランナー ファイナルカット
ブレードランナー2049
メッセージ
インターステラー
第9地区
月に囚われた男 MOON
オブリビオン
コンタクト
オデッセイ
エイリアン
プロメテウス
エイリアン: コヴェナント
エクス・マキナ
クラウドアトラス
モンスターズ 地球外生命体
クロニクル
ガタカ GATTACA
チャッピー
パシフィック・リム
ザ・ミスト
オートマタ
スターシップ9
モーガン プロトタイプL-9
ロスト・エモーション
スローターハウス5
ザ・ドア 交差する世界
メランコリア
アルファヴィル
アンダー・ザ・スキン
不思議の国のアリス
イーオン・フラックス
サリュート7
アポロ13号
シルバー・グローブ/銀の惑星
イカリエ-XB1
アイアン・ジャイアント
アンドロメダ
地球の静止する日
地球が静止する日
宇宙戦争
トランス・ワールド
ロボット
ヴィデオドローム
イグジステンズ
マイノリティ・リポート
フローズン・タイム
マザーハウス 恐怖の使者
EVA
ベイマックス
ファースト・コンタクト
ファースト・マン
13F~サーティーン・フロア
あやつり糸の世界