プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
レッド・ファミリー
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

言葉に付着した汚れについて

いよいよ「君自身に還れ」の3分の1にさしかかると、池田氏との対談相手の大峰氏が仏教学者であることから、宗教の土俵で話すことが中心になります。池田氏も宗教の話を突っ込んでしたい、という姿勢です。
わたしは、このへんになるとかなりポカンとしてきます(笑
もう理解が成るの世界ですから。
仏教こそ言葉の意味を単に頭で理解したり記憶したりしても全く意味のない世界です。
しかし本来すべてがそういうものです。
認識とは。そういうものです。
言葉とはそういうものです。
仏教も何も関係ないです。


ここで大峰氏も言葉そのものに抵抗を示す人がいるが、それはその言葉に付いた垢や埃のせいだというようなことを指摘しています。「神」と聞いて大概の人はうんざりするはずです。かく言うわたしもそうです。
「神」に本来の「神」を取り戻すのは、しかしかなりの修行が必要でしょう。
これはどうしたって個々の問題になってゆきます。
ある意味、個々のやるべきことは、言葉を奇麗に磨くことでしょう。

自分でものを根本的に考え直す作業がひとつ、必要なんですね。
それ以外に考えられない。
すべての言葉がおかしくなっていますから。
本当にそれは、ひどいものです。

そして、必要のない言葉からは逃れてゆき、シンプルな場に身を置きたいと思います。
例えば大峰氏も挙げています、「格差社会」なんですか、というところですね。
何においての格差なのか?
経済においてですか?
ならそう言えばよいだけの話です。
「格差」という言葉で「格差」が実体化する面は大きいはずです。
そんなもの無い人には無い。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事
THEME:文明・文化&思想 | GENRE:学問・文化・芸術 |

COMMENT

こんばんは☆

GOMAさま

>「格差」という言葉で「格差」が実体化する面は大きいはずです。
そんなもの無い人には無い。

そうですね
ほんとうに。
同感です。

そして
”言葉を奇麗に磨くこと”

確かに
大切ですね・・。

厄介なのは、
言葉が伝達手段である以上
自分ひとりだけの努力では叶わない
個々
みなが
その方向性に向かう必要があるというところでしょうか。

先程はメッセージありがとうございます。
> ところで、ローレンス・オリヴィエがヒースクリフを演じた映画がありましたね。

ありましたね・・・

文芸作品にありがちな話題ですけれど^^
映画化されたそれは
あくまで原作の解釈のひとつ
別作品だと・・・私は受け止めています。
だからこそ興味があるんですけれど(笑
アンナ・カレーニナやレ・ミゼラブルなど
幾度となく映画、舞台化されている多くの文芸作品
音楽性も相俟って
優れたものも多いですし
ここはGOMAさま
as yuo likeです。


追伸
済みません
今朝のMAILの訂正です
「ビアズレーやハンス・ベルメールの方向性の違い」

「ビアズレーやハンス・ベルメールらとの方向性の違い」

ありがとうございます。

> SAKIさま
>


> 厄介なのは、
> 言葉が伝達手段である以上
> 自分ひとりだけの努力では叶わない
> 個々
> みなが
> その方向性に向かう必要があるというところでしょうか。

たしかにおっしゃる通りです。


> 映画化されたそれは
> あくまで原作の解釈のひとつ
> 別作品だと・・・私は受け止めています。
> だからこそ興味があるんですけれど(笑
> アンナ・カレーニナやレ・ミゼラブルなど
> 幾度となく映画、舞台化されている多くの文芸作品
> 音楽性も相俟って
> 優れたものも多いですし
> ここはGOMAさま
> as yuo likeです。
>
見てみます。
まず翻訳の良い本を読んでから。

少し先になりますが。

面倒な片づけ仕事がたまっておりますので(泣


EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp