カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

「言葉」に関して~池田晶子氏の書から

CaptureWiz034.jpg

最近、そこそこ古い映画のDVDを引っ張り出しては、観ていることが多く、本をまるで読んでいない。
大判写真集は少しずつ見ているが。
書庫に入ってぼうぜんとしつつ、、、。
たまたま目にとまった池田晶子氏の本を手にとった。
「君自身に還れ」
これは池田氏と宗教家で俳人の大峯氏との対談だ。
対談って形式、面白いんですよね。

パッと見で大変美しい内容だ。
とわかるが、これは買ったは良いが、読んでいなかった。
もったいなかったのかも。
しかしそんな本は5マンとある(笑

のっけから本質的な「言葉」についてのおはなし。

”言葉は、手段ではなくそれ自体が目的だ。”
こんなふうにまとめました(笑
(まだ2ページしか読んでいないのだが。)

自動的にその言葉は詩になりますね。
素敵です。
だれもが詩で交わうなんて。
そんな世界に棲みたい。


以前から私も思っていることですが、言葉が時間とともに自然に変化していくことはよいのですが、
池田氏のいわれるとおり、使われ方により価値は下落しています。
どのように?
まず空間の隙間を埋め尽くそうとするかの如く、しゃべりまくる。
主に携帯で。喋ったほうが得だから。値段が一緒だし。
また、ことばをただの伝達手段としか使っていない。
まさにその「言葉」を伝えたい、という言葉がなくなってきた。
大峯氏も恋文を書かなくなった事を例にとり、携帯で「目的を実現するため」だけにしか言葉を使わなくなったことを指摘されています。
効果だけを狙った薄汚い下劣な言葉ですね。
結果など全く期待しない「言葉」そのもの、、、これは分からない人には全くピンと来ないでしょう。

言葉が安くなってゆく。価値がなくなってゆく。
3ページ目には、「人間とは彼が言っているところのものである」と大峯氏。
この本はこの先さらにどう進むのか?
端からこれですから。
はやくも締めです。

まったく、確かに、話しているその言葉が、その人間です。それ以上でもそれ以下でもない。


3ページしか読んでいないところで、取り敢えず以上です(笑
これからこの本をベースに、しばらくわたしが好き勝手に膨らめつつお話してゆきますので。

「引鶴の空蒼ければ湧く涙」(大嶺顯)

池田氏に送ったうたですね。
46歳とは、あまりに早い。



続きます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事
THEME:文明・文化&思想 | GENRE:学問・文化・芸術 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
コメント、メッセージ頂ければ嬉しいです。

*当サイトはリンクフリーです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Movie
PC