プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
still dark
この世界に残されて
ファミリー ファミリー
通告
暗黒街のふたり
Autonomous 自律
怪奇蒐集者 黄泉がたり 村上ロックより抜粋
閉鎖病棟 -それぞれの朝-
ついに実現、S君の絵画展
S君 小さな情景展 Pre001
遠藤彰子先生と語る
春夏秋冬そして春
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
邦画特選
☆彡 東京物語
☆彡 秋刀魚の味
☆彡 麦秋
☆彡 晩秋
☆彡 雨月物語
☆彡 アフタースクール
☆彡 ラブレター
☆彡 四月物語
☆彡 花とアリス
☆彡 スワロウテイル
☆彡 リップヴァンウィンクルの花嫁
☆彡 寄生獣
☆彡 寄生獣 完結編
☆彡 ヒミズ
☆彡 冷たい熱帯魚
☆彡 女子ーズ
☆彡 フラガール
☆彡 怒り
☆彡 ミスミソウ
☆彡 志乃ちゃんは自分の名前が言えない
☆彡 少女邂逅
☆彡 羊と鋼の森
☆彡 空(カラ)の味
☆彡 カノン
☆彡 花筐
☆彡 ローリング
☆彡 サマーフィルムにのって
☆彡 あん
☆彡 ドライブ・マイ・カー
☆彡 お嬢ちゃん
☆彡 夏の妹
☆彡 モダン・ラブ
☆彡 ソウル・フラワー・トレイン


アニメーション☆

★彡 サマーウォーズ
★彡 君の名は。
★彡 この世界の片隅に
★彡 言の葉の庭
★彡 聲の形
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版前後編
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版 新編
★彡 映画けいおん!
★彡 涼宮ハルヒの消失
★彡 響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ
★彡 たまこラブストーリー
★彡 百日紅 Miss HOKUSAI
★彡 planetarian~星の人~
★彡 『千と千尋の神隠し』を観て。廃墟のテーマパークの可能性
★彡 星を追う子ども
★彡 劇場版総集編メイドインアビス 旅立ちの夜明け・放浪する黄昏
★彡 Dr.STONE
★彡 天気の子
★彡 竜とそばかすの姫
月別アーカイブ

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

Godzilla King of the Monsters001

Godzilla: King of the Monsters
2019年
アメリカ

マイケル・ドハティ監督
マックス・ボレンスタイン、マイケル・ドハティ、ザック・シールズ脚本
東宝株式会社 原作
[ALEXANDROS]「Pray」主題歌
ベアー・マクレアリー音楽


カイル・チャンドラー、、、マーク・ラッセル博士(元モナーク研究員)
ヴェラ・ファーミガ、、、エマ・ラッセル博士(モナーク研究員)
ミリー・ボビー・ブラウン、、、マディソン・ラッセル(ラッセル夫妻の娘)
ブラッドリー・ウィットフォード、、、リック・スタントン博士(モナーク研究員)
渡辺謙、、、芹沢猪四郎博士(モナーク研究員)
サリー・ホーキンス、、、ヴィヴィアン・グレアム博士(モナーク研究員)
チャン・ツィイー、、、アイリーン・チェン博士 / リン・チェン博士(モナーク研究員、考古学者)
チャールズ・ダンス、、、アラン・ジョナ(環境テロリスト)
トーマス・ミドルディッチ、、、サム・コールマン(モナーク研究員)
アイシャ・ハインズ、、、ダイアン・フォスター大佐
オシェア・ジャクソン・Jr、、、ジャクソン・バーンズ海軍兵曹長
デヴィッド・ストラザーン、、、ウィリアム・ステンツ大将


あまりの完成度の高さに思わず唸った。

Godzilla King of the Monsters005

伊福部昭が作曲した「ゴジラのテーマ」もしっかりBGMに融合されていた。
またエンディングでは、ブルーオイスターカルトの名曲「ゴジラ」がかかる(その後は最近流行りの[ALEXANDROS]の曲か)。
本作は、ハリウッド「ゴジラ」三部作の2番目の作品である。
前作に比べ一番大きな違いは怪獣がやたらと出て来てものすごい死闘を展開すること。しかしその構図は、全人類及び全怪獣の敵キングギドラが相手なので、すっきりしている。だが、第三部はアメリカの英雄コングが相手である。完全なアウェーでゴジラはどうするのか。まあ、その最終作でも我らがミリー・ボビー・ブラウン(マディソン)がついているから大丈夫だと思うが(しかも吹き替え版では我らが芦田愛菜が声の担当である)。
前作「GOZZILLA ゴジラ」が非常にリアリティある格調高い傑作であったが、その基本スタンスを継承して更にアクティブ(人も怪獣も)なものにしている。
ともかくちょっと見て直ぐに思うのは、どんだけ金かけているのか~っというもの。
惜しみなくかけて作った絵である。間違いない。流石ハリウッド。キャストも皆、粒揃い。

Godzilla King of the Monsters008

前作をよく覚えていれば、更に見応えも増すと思うが、わたしは映画全体の質感や構図、雰囲気が残っているだけ。
ゴジラそのひとについてはかなり記憶が残っているが、人についてはほぼ忘れてしまっている。
続いて出ている人もいるため、その辺も含めもう一度観ておく方がよいかも。
ただし、人関係よりゴジラと怪獣たちの関係を観れば充分かも知れない。
この関係性を保証する構図が前作とほぼ同じなのだ。
(人と怪獣の距離感が正確無比。これがこの映画を格調高いものにしている。更に加えてVFXの質である)。

Godzilla King of the Monsters004

ゴジラはもう威風堂々とした地球生態系の王といったところ。
モスラはそれは美しい光の鱗粉を纏う女王然とした姿。日本のオリジナルモスラを超えた輝かしい存在へと昇華していた。
ラドンは鋭くクールでひたすらかっこよい。メキシコの火山が住処であることを知った。火の鳥である。
そして地球外怪獣キングギドラの憎たらしいこと。全怪獣を見渡してみてもこれ程の外道はいまい。
ゴジラやモスラがあまりに武士のようだから、余計にそう思う。真ん中の首がリーダーであることが分かった。
ともかくフィギュアの造形と特有の動きはもう極まったと言ってよい。
これ程よく出来たゴジラとモスラとラドンとキングギドラはこれまでに見たことがない。
本物そっくりの彼らを観た。イデアそのものを目の当たりにした。

Godzilla King of the Monsters003

Godzilla King of the Monsters002

そして何よりもヒロイックでかっこよいのが渡辺謙(芹沢猪四郎博士)である。
彼の出演したハリウッド映画の中でも一番、クールかも。
彼とゴジラの死をかけた交感は実に感動的であった。まさに彼こそが武士である。
そして出色なのは、ミリー・ボビー・ブラウン(マディソン)という存在。ガメラにおける藤谷 文子に当たる。
(だが藤谷はすでに中年女性であり、この立ち位置~役は残念ながらもう無理である)。
マディソンの凛とした瑞々しさは圧倒的であった(そして吹き替えが芦田愛菜では最強タッグであろう)。
この映画一番の熱演であったかも、、、今後間違いない注目女優である。
三作目の『ゴジラvsコング』にも同じ立場で出ているという。当然、見逃せない。
それからザ・ピーナツの代りは、チャン・ツィイー演じるアイリーン・チェン博士 / リン・チェン博士の双子となる。
しっかり全てを継承したそつのない構成でもある。ただし、双子の姉妹の活躍はなかった(カットされていた)ここが残念である。
とてもアイリーン博士は重要な役柄であったが。

Godzilla King of the Monsters007

この映画、人と怪獣、怪獣同士の関係が描かれるが、全くワザとらしかったりチープな部分が無い。
本がよく練られている。金が有効に存分にかけられている。
特務機関モナークとオルカなどの組織やガジェットの細部に至るまできっちりと描き出されている。
オキシジェン・デストロイヤーの出るタイミングも言うことなし。これで更にギドらの異物性も際立ち、盛り上がるというもの。
オルカを操るマディソンの選んだ野球スタジアム、ゴジラが身体を癒すために潜む海底の空洞にできた場所~ゴジラの家。
ホントにリアルで壮大なドラマとして堪能できるものだ。
そして最後の対決において、ゴジラが何段階にも破壊力~危険度を上げてゆくその際どさが凄まじい。
彼らのこれまでの対決の中で最高の死闘であった。また演出が上手い。
美しいモスラの復活にも期待したい(卵があったはず)。

Godzilla King of the Monsters006

アラン・ジョナがキングギドラの首を闇の組織?から買ったことでそれをどう利用して災厄を招こうとするのか、、、またキングギドラ(の頭)が何らかの形で関わってくるようだ。その不吉な余韻の中で二部は締めくくられる。
ゴジラにとって相当大変な完結編となりそうだ。




民放TVより











関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

”Bon voyage.”

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp
ブレード・ランナー ファイナルカット
ブレードランナー2049
メッセージ
インターステラー
第9地区
月に囚われた男 MOON
オブリビオン
コンタクト
オデッセイ
エイリアン
プロメテウス
エイリアン: コヴェナント
エクス・マキナ
クラウドアトラス
モンスターズ 地球外生命体
クロニクル
ガタカ GATTACA
チャッピー
パシフィック・リム
ザ・ミスト
オートマタ
スターシップ9
モーガン プロトタイプL-9
ロスト・エモーション
スローターハウス5
ザ・ドア 交差する世界
メランコリア
アルファヴィル
アンダー・ザ・スキン
不思議の国のアリス
イーオン・フラックス
サリュート7
アポロ13号
シルバー・グローブ/銀の惑星
イカリエ-XB1
アイアン・ジャイアント
アンドロメダ
地球の静止する日
地球が静止する日
宇宙戦争
トランス・ワールド
ロボット
ヴィデオドローム
イグジステンズ
マイノリティ・リポート
フローズン・タイム
マザーハウス 恐怖の使者
EVA
ベイマックス
ファースト・コンタクト
ファースト・マン
13F~サーティーン・フロア
あやつり糸の世界