プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
レッド・ファミリー
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ある公爵夫人の生涯

duchess.jpg
2008年
イギリス

ソウル・ディブ監督・脚本
アマンダ・フォアマン「デヴォンシャー公爵夫人ジョージアナ・キャヴェンディッシュ」小説原作

キーラ・ナイトレイ、、、デヴォンシャー公爵夫人(ジョージアナ)
レイフ・ファインズ、、、デヴォンシャー公爵
シャーロット・ランプリング、、、レディ・スペンサー
ドミニク・クーパー、、、チャールズ・グレイ
ヘイリー・アトウェル、、、レディ・エリザベス・フォスター


テーマ音楽が絢爛で空虚な空間を流れとても綺麗でした。
ちょっとプロコルハルムの”グランドホテル”も彷彿させるところでもあり。

このストーリーに人権などの概念を導入するのは、お門違いというものだ。
苦しんでるという観点からは、公爵も婦人も同じだ。
何において?
パラダイムにおいて。

公爵の孤独のうちにじっと耐え続ける苦悩も計り知れないものがある。
世継ぎを(男子)を是が非でももうけなければならない運命。
その地位に縛られた生活。

勿論婦人の苦悩も十分共感できるものだ。
かのダイアナ妃を重ねてしまうところでもある。

しかし、彼らが不幸かと言えば、いつどこでどのような地位で暮らそうが、人に困難はつきものである。
いまと比べ女性の権利がああまりに低いなどというレヴェルの話ではない。

人が最終的に何を選ぶか?
すでに生まれている自分の子供だ。
これは倫理の問題ではなく。
これまで時を共にしてきた自分のこどもといることを選ぶ。
という、単なる普遍的な事実だ。

それを基盤に生活を組織する。
そういうものである。

婦人は夫の不実にも耐え賢い選択をして生きたと思う。
自由に憧れつつも、二人とも耐えて生きた。
一生を振り返れば結構充実した生を送ることができたはず。
さて今のわれわれとどれほど、ちがうだろう?

表面上権利をもっていて、自由に生きているように思えていても運命からはまったく自由ではない。
不可避的に現在を選択してこなかったか?

結局今も昔も同じである。
ただ、彼女ジョージアナがある公爵夫人であったというだけ。
ドラマチックでよい人生だったと思われます。


公爵役のレイフ・ファインズの押さえた燻し銀の演技が光った。
キーラ・ナイトレイは明朗快活で感情の起伏を耐えながらもはっきり示すジョージアナを見事に演じていた。
シャーロット・ランプリングは相変わらずかっこいい、としか言えない。
ロケーションや衣装には充分配慮が感じられた丁寧に作られた映画だと思う。

関連記事
THEME:art・芸術・美術 | GENRE:学問・文化・芸術 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp