プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
still dark
この世界に残されて
ファミリー ファミリー
通告
暗黒街のふたり
Autonomous 自律
怪奇蒐集者 黄泉がたり 村上ロックより抜粋
閉鎖病棟 -それぞれの朝-
ついに実現、S君の絵画展
S君 小さな情景展 Pre001
遠藤彰子先生と語る
春夏秋冬そして春
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
邦画特選
☆彡 東京物語
☆彡 秋刀魚の味
☆彡 麦秋
☆彡 晩秋
☆彡 雨月物語
☆彡 アフタースクール
☆彡 ラブレター
☆彡 四月物語
☆彡 花とアリス
☆彡 スワロウテイル
☆彡 リップヴァンウィンクルの花嫁
☆彡 寄生獣
☆彡 寄生獣 完結編
☆彡 ヒミズ
☆彡 冷たい熱帯魚
☆彡 女子ーズ
☆彡 フラガール
☆彡 怒り
☆彡 ミスミソウ
☆彡 志乃ちゃんは自分の名前が言えない
☆彡 少女邂逅
☆彡 羊と鋼の森
☆彡 空(カラ)の味
☆彡 カノン
☆彡 花筐
☆彡 ローリング
☆彡 サマーフィルムにのって
☆彡 あん
☆彡 ドライブ・マイ・カー
☆彡 お嬢ちゃん
☆彡 夏の妹
☆彡 モダン・ラブ
☆彡 ソウル・フラワー・トレイン


アニメーション☆

★彡 サマーウォーズ
★彡 君の名は。
★彡 この世界の片隅に
★彡 言の葉の庭
★彡 聲の形
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版前後編
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版 新編
★彡 映画けいおん!
★彡 涼宮ハルヒの消失
★彡 響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ
★彡 たまこラブストーリー
★彡 百日紅 Miss HOKUSAI
★彡 planetarian~星の人~
★彡 『千と千尋の神隠し』を観て。廃墟のテーマパークの可能性
★彡 星を追う子ども
★彡 劇場版総集編メイドインアビス 旅立ちの夜明け・放浪する黄昏
★彡 Dr.STONE
★彡 天気の子
★彡 竜とそばかすの姫
月別アーカイブ

エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ

EIGHTH GRADE001

EIGHTH GRADE
2018年
アメリカ

ボー・バーナム監督・脚本
アンナ・メレディス音楽


エルシー・フィッシャー、、、ケイラ(高校進学を前にした13歳の中学生)
ジョシュ・ハミルトン、、、マーク(父)
エミリー・ロビンソン、、、オリヴィア(高校の先輩)
ジェイク・ライアン、、、ゲイブ(オリヴィアの友人)
ルーク・プラエル、、、エイデン(憧れの同級生)


この時期の娘を持つお父さんは大変だ、という噺でもある。
この点については、いたく共感する(苦。

EIGHTH GRADE003

ケイラは生れた時からYouTubeをはじめSNS環境のなかにあり、ごく自然にYouTuberとなって動画コンテンツを毎日のように更新している。
彼女の日常生活のルーチンとなっている。
何でも、自分らしく生きることをテーマとしているようだ。
コンテンツではそのためのアドバイスも流している(自分に言い聞かせるように)。
他者に媚びず自分を貫き、バカにされても無視する生き方が彼女にとりクールな生き方なのだ。
それは、その通りだと思う。わたしも基本的にそうしている。
だが彼女の「わたしは、、、わたしは、、、」の語りにはどうにも鬱陶しさも感じてしまう、、、。

さらに気になるのは皆、話をする時も食事時も、携帯を見ながらであり、生の関係よりそれを優先しているところ。
映画のあらゆる局面でその状況が描かれていたが、やはり大変不気味だ。
(ここでは、最近の若者はみんなこんなもの、くらいの調子で捉えられていたように感じたが、これは相当危険な病状であると思われる)。
以前、TVで平手友梨奈女史も危惧していたことだ。

EIGHTH GRADE002

誕生会のプールパーティは、何度か他の映画でも観てきたが、子供にとりキツイ経験だなあと思う。
ここで友達関係のヒエラルキーがはっきり露呈される。
プレゼントを快く受け取られお礼を言われる子とナニコレ?と素っ気なくされる子だ。
水着を着ているが、海辺の解放感とは真逆の心臓が痛くなるような人工的な海~プールの光景だ。
こういう水辺は絶対御免だ。ここでは自然な風も吹かず閉塞していて鬱屈してしまう。

ただし、学年一番の無口な子に選ばれるようなタイプにしては特に虐められるようなこともなく、軽くあしらわれたり相手にされないくらいの扱いに留まっているのは、助かっているのではないか(相手にされないことで、友達を殊の外欲しているのだが)。
高校の一日体験に行った時の在校生のお姉さんの対応も丁寧で優しく、高校生活に希望の持てるものであったし。
本人の自己実現の感覚からは遠いにしても、それは当人の問題で、環境的に特に悪い気はしない。

父親に対して反抗期であり随分な態度を取ってうっぷん晴らしみたいなことばかりしているが、彼が非常に理性的な態度で適度な距離を保ち続ける姿には感心した。
あれだけこまめに送り迎えし、料理やその他の家事もこなし、細やかな配慮や心配をしていて、あの言われようはなかろう。
他人事とは思えぬところであり、この父には共感しまくりであった(爆。

EIGHTH GRADE005

娘の方も反抗と共に自己対象化し内省する時期であるが、しっかりやっていて立派。
そこで自分がパパにとってどういう子供~人間かも見えて来る。
するととても冷静な判断も出来るようになるものだ。

時にはそれまで大切に持っていた宝物を燃やしてこれまでの自分を更新することもある。
確かにわたしもした覚えがある。
自分なりのイニシエーションだ。

クラスの人気者の女子(一番上の位)に、自分の言うことがはっきり言えるようになっただけでも随分前進している。
状況がはっきり変わったり、何かが開けたとかいう大きな変化ではないが、着実に前に向って歩いている。
その辺のリアルさで、この映画には好感が持てる。

EIGHTH GRADE004

父とは、彼女が一皮剥けることで、お互いをある程度理解し合うところまで来たことは良かった。
観ているこちらもホッとするところだが、まだまだ狭い限定された世界にいる。
出来れば、このSNS世界の外~自然にも触れて欲しいのだ。あのスマホとにらめっこの関係性から脱して。
あの中で、何をやろうが袋小路に思える。
友達や彼氏が欲しいと言うことばかりに終始しているが、人の全体性~身体性から捉えると人間社会ばかりでは、逆に行き詰まり狂うしかない。
人間以外のモノとの関りの欠落こそが今一番の問題だと思う。
SNS~Web環境を前提として結構だが、その外の世界があるということにもはっきりと目を向ける必要がある。
これはこれから最も重大な課題となってくるはず。
(この映画のテーマから脱していることは分かっているが、このままでは先が知れている)。

EIGHTH GRADE006

あのコンテンツで自分の事以外のテーマで喋れるようになることが、本当の意味で成長、と言うより解放へと繋がると思う。
自分の本質への問いは自分への問いではない。




AmazonPrimeにて











関連記事

COMMENT

こんにちは

最近、映画はサスペンスばかり観ていて頭がおかしくなりそうになっていたところでした。
GOMAさんのこの記事が目に留まり、私もかつて同様の苦労があることから、この映画を観てみました。
観た後でGOMAさんの記事をじっくり読みました。
すると気付いたことがあります。
私は、自分の子が中学生で携帯を使う、最初の親の世代です。
しかしあの頃は電話とメールだけでした(それだけでも昔とは大分違うんですけどね)。
でも今はあらゆるものがスマホ~ネット標準で、下手するとそこで完結してしまいがちですね。(そこがGOMAさんから気付かされました)
その危険性をどう乗り越え実社会へも導くか。まさに今の時代の親の方々の試練でしょうか。
危険な面も希望も感じさせてくれるよい映画でした。

おはようございます

いつもありがとうございます。
お忙しいところ時間を割いて頂き感謝です。
サスペンスものをご覧になっていたのですか。
確かに気分を転換したり疲れを癒す効果も期待できると思います。

さて、この映画ですが、おとうさんがしっかりしていることで救われていると思いました。
彼まで絡めとられて一緒になってグチャグチャになってしまったら、もうドツボですから。
やはり父親が一ミリもブレてはいけないと。襟を正す思いです。
(更に自分をしっかり持ち、何事にも動じないようにと心に誓いました)。

そしてご指摘の通り、(内部に)完結してしまうことが恐ろしいです。
うちの娘は、そこに埋没してしまって満足している様子なので、何とか策を講じないとなりません。
このまま行けばどこかで自然に繋がるような深さ~垂直性はそこにはありませんから。
ことのほか虫を怖がるのもその一端かなと最近思います。
他者を恐れ排除する世の中に直結します。すでに徹底したディスコミュニケーション状況になってはいますが。
特定の個体に対してというよりむしろ異なる~包含するシステムに対してとも言えましょうか。
するとわれわれを形作る外部への感覚を全く失う。
当然、われわれに跳ね返ってきます。悲惨な形で滅びるしかない。
この意味においての「自然」を失うのが最も怖いことだと考えます。

EDIT COMMENT

非公開コメント

”Bon voyage.”

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp
ブレード・ランナー ファイナルカット
ブレードランナー2049
メッセージ
インターステラー
第9地区
月に囚われた男 MOON
オブリビオン
コンタクト
オデッセイ
エイリアン
プロメテウス
エイリアン: コヴェナント
エクス・マキナ
クラウドアトラス
モンスターズ 地球外生命体
クロニクル
ガタカ GATTACA
チャッピー
パシフィック・リム
ザ・ミスト
オートマタ
スターシップ9
モーガン プロトタイプL-9
ロスト・エモーション
スローターハウス5
ザ・ドア 交差する世界
メランコリア
アルファヴィル
アンダー・ザ・スキン
不思議の国のアリス
イーオン・フラックス
サリュート7
アポロ13号
シルバー・グローブ/銀の惑星
イカリエ-XB1
アイアン・ジャイアント
アンドロメダ
地球の静止する日
地球が静止する日
宇宙戦争
トランス・ワールド
ロボット
ヴィデオドローム
イグジステンズ
マイノリティ・リポート
フローズン・タイム
マザーハウス 恐怖の使者
EVA
ベイマックス
ファースト・コンタクト
ファースト・マン
13F~サーティーン・フロア
あやつり糸の世界