プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
still dark
この世界に残されて
ファミリー ファミリー
通告
暗黒街のふたり
Autonomous 自律
怪奇蒐集者 黄泉がたり 村上ロックより抜粋
閉鎖病棟 -それぞれの朝-
ついに実現、S君の絵画展
S君 小さな情景展 Pre001
遠藤彰子先生と語る
春夏秋冬そして春
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
邦画特選
☆彡 東京物語
☆彡 秋刀魚の味
☆彡 麦秋
☆彡 晩秋
☆彡 雨月物語
☆彡 アフタースクール
☆彡 ラブレター
☆彡 四月物語
☆彡 花とアリス
☆彡 スワロウテイル
☆彡 リップヴァンウィンクルの花嫁
☆彡 寄生獣
☆彡 寄生獣 完結編
☆彡 ヒミズ
☆彡 冷たい熱帯魚
☆彡 女子ーズ
☆彡 フラガール
☆彡 怒り
☆彡 ミスミソウ
☆彡 志乃ちゃんは自分の名前が言えない
☆彡 少女邂逅
☆彡 羊と鋼の森
☆彡 空(カラ)の味
☆彡 カノン
☆彡 花筐
☆彡 ローリング
☆彡 サマーフィルムにのって
☆彡 あん
☆彡 ドライブ・マイ・カー
☆彡 お嬢ちゃん
☆彡 夏の妹
☆彡 モダン・ラブ
☆彡 ソウル・フラワー・トレイン


アニメーション☆

★彡 サマーウォーズ
★彡 君の名は。
★彡 この世界の片隅に
★彡 言の葉の庭
★彡 聲の形
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版前後編
★彡 魔法少女まどか☆マギカ 劇場版 新編
★彡 映画けいおん!
★彡 涼宮ハルヒの消失
★彡 響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ
★彡 たまこラブストーリー
★彡 百日紅 Miss HOKUSAI
★彡 planetarian~星の人~
★彡 『千と千尋の神隠し』を観て。廃墟のテーマパークの可能性
★彡 星を追う子ども
★彡 劇場版総集編メイドインアビス 旅立ちの夜明け・放浪する黄昏
★彡 Dr.STONE
★彡 天気の子
★彡 竜とそばかすの姫
月別アーカイブ

空飛ぶ円盤地球を襲撃す

Earth vs the Flying Saucers002

Earth vs. the Flying Saucers
1956年
アメリカ

このモノクロ映画を、2007年にカラーライズ版にしたものを観た。


フレッド・F・シアーズ監督
ジョージ・ワーシング・イエーツ、レイモンド・T・マーカス脚本
カート・シオドマク原作

ヒュー・マーロウ、、、マービン博士
ジョーン・テイラー、、、キャロル(妻)
ドナルド・カーティス、、、ハグリン少佐
モリス・アンクラム、、、ハンリー元帥(キャロルの父)


怪奇大作戦やウルトラQを見る感覚で、これを最後まで楽しんだが、どちらかと言えばわたしは向こうの方が好きだ。
このアメリカ中心主義丸出しと言うか、それが無意識的な前提であることと、自分たちが侵略者であったことから来る外者に対する徹底した排除志向~共通感覚は、見事に貫かれていた。
ただそれが潔く無反省に突っ走ってゆくので、これはこれでエンタメ的には面白いと。
あの頃のアメ車で豪快にガソリン振り撒き飛ばすような感覚もある。
但し、どうも流れがまごまごしており、動きもちぐはぐでスムーズに最後まで走り切る爽快感まではいかない。
もっさり動く宇宙人もそうだが、地球人も無防備に彼らと対面しては光線で消されたり、銃で簡単に撃ち殺してみたりでどうもお互いによく分からない感じも引き摺ってゆく。

Earth vs the Flying Saucers005

自分たちの惑星を失い、住み心地のよさそうな星を探しに来たが丁度良い地球が見つかった。
当初は宇宙開発の中心人物の博士と話し合い正式にアメリカ政府と地球への移住の手続きをとるつもりであった。
取り敢えず「第九地区」でも宛がうという発想は全くない地上の人々である。
宇宙人も他の国のことなど端から眼中にない。
アメリカナイズされた連中だ。
時間観念の違いから上手く博士にメッセージが伝わらず、のこのこ円盤から降り立ったところで宇宙人一体が射殺される。
(この、得体の知れぬヒトが降りたところで即座に撃つというのは、アメリカの伝統芸である。他のSFでもそうだ)。
それを合図に宇宙人が怪光線を放ちロケット発射基地施設の人間のほとんど殺してしまう。
お互いに侵略者気質丸出しの似た者同士である。
気の合ったところでアドレナリン放出の、本格的な戦争に繋がって行く、、、。

この当時にしてはVFXが様になっており、絵的な破綻は見られなかった。その辺は見事である。
使いまわしの絵が数回見られたのがちょっと残念であったが、特に不満はない綺麗なものであった。
UFOや宇宙人の素顔やスーツについても後の宇宙侵略者の原型となっていることが分かる。
ストーリーは見事に平坦で単純極まりない侵略ものであったが、これもその後のSFの基本フォーマットとなっていると思う。
キャストは、今一つ厚みがなく、共感を覚えて寄り添ってしまう衝動を感じる者はいなかった。ここも平坦である。
UFOに捕らえられ記憶装置として利用されたハンリー元帥が使用済みということで上空から廃棄されたが、その後も淡々と娘夫婦は軍部に協力して頑張っていた。結構ハードボイルドタッチでもある。

Earth vs the Flying Saucers004

宇宙人は地球時間で56日後に会議を正式に設定しろ、それまで待つ、と太陽に細工をして地上を混乱させ警告してきたが、アメリカ政府は(何故か大統領は蚊帳の外で軍部だけで動いていたみたいだが)、即刻兵器開発に乗り出しUFO殲滅作戦に打って出る。博士には新兵器開発を要請する。博士もやる気満々で新兵器を短時間で作ってしまう。
普通、太陽の状態が変わると電気・通信系統に大打撃を被るはずだがその描写はほとんどなかったように思える。

それよりこれから地球の代表アメリカがUFO宇宙人相手に国力を見せつけると謂うノリである。
だが通常兵器~火器では全く歯が立たない。
そこへ博士の開発した超音波砲であるが、どうも統制のとれた形で制御運用されている様子が無く、UFOにジープごと何台も消されてしまったり、どこからどう狙い撃つか分からずぼんやりしていたり、博士からそこを狙え!とか言われて撃ってみたりと折角の最新装備を軍がしっかりコントロールしているのか疑われる状況での戦闘が行き当たりばったりで続く。
円盤も何を狙って攻撃しているのかが掴めない戦闘体制に感じられ、ここでも似た者同士感が窺えてしまう。
ちょっとカオスである。
で、超音波砲で何台かのUFOを制御不能にして撃ち落とし、突然アメリカ側がどこからともなく勝利宣言をする。

Earth vs the Flying Saucer003

えっ?終わったの、、、もうUFO皆落ちたの?という感じで戦闘は突然の終わりを告げる。
潜んでいるもの、宇宙空間に退避しているのもいないのか?UFOすべての台数数えていたのか、、、心配になるが大丈夫らしかった。
平和を取り戻し、博士夫婦が海辺で、もうああいうの来ないわよね。もう来ないさ、、、みたいな。
手を取り合い海に向かって走って行く、、、エンド。


めでたしめでたし。エドウッドのSFを少し前に見ていたせいか、出来の良さが際立った。




AmazonPrimeにて








関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

”Bon voyage.”

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp
ブレード・ランナー ファイナルカット
ブレードランナー2049
メッセージ
インターステラー
第9地区
月に囚われた男 MOON
オブリビオン
コンタクト
オデッセイ
エイリアン
プロメテウス
エイリアン: コヴェナント
エクス・マキナ
クラウドアトラス
モンスターズ 地球外生命体
クロニクル
ガタカ GATTACA
チャッピー
パシフィック・リム
ザ・ミスト
オートマタ
スターシップ9
モーガン プロトタイプL-9
ロスト・エモーション
スローターハウス5
ザ・ドア 交差する世界
メランコリア
アルファヴィル
アンダー・ザ・スキン
不思議の国のアリス
イーオン・フラックス
サリュート7
アポロ13号
シルバー・グローブ/銀の惑星
イカリエ-XB1
アイアン・ジャイアント
アンドロメダ
地球の静止する日
地球が静止する日
宇宙戦争
トランス・ワールド
ロボット
ヴィデオドローム
イグジステンズ
マイノリティ・リポート
フローズン・タイム
マザーハウス 恐怖の使者
EVA
ベイマックス
ファースト・コンタクト
ファースト・マン
13F~サーティーン・フロア
あやつり糸の世界