プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
レッド・ファミリー
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

バルティス礼賛

works-10.jpg

わたしはこれまでに、かなり好きな画家であっても、展覧会初日にわざわざ見に行くようなことはなかった。
WinのOS発売日でも、初日に前日から並ぶような人々を見ていると、初日というものが、はっきり怖い。
何で人は初日にこだわるのか?
しかも一番先頭に並ぶとか?!

よく初めて開店するラーメン屋やステーキ屋が開店記念価格でキャンペーンをする。
それであれば、行くのも解る。わたしも行った。
しかし、初日に、しかも先頭で待ってもなんのメリットもないのに。
二日目じゃダメなんですか?(2位ではダメなのですか?どこかで聞いた)
そう言えば、本も初版にこだわる人が多い。
第二版だとおまけがない、あとがきがない、という訳でもないし、前に買った本が読み終えていないのに、次を買ってもなかなか手につかない。結局読めない時もある。例外的にたちまち売り切れる本なら確保しておくものだが。村上春樹とか。

後になると図録がなくなるというケースはあるのだろうか。
そうも思えない。
と、思いこれまで一度も初日の展覧会に行ったことがなかった。
それは、混むに決まってる、という初日・一番好きの人たちの押し寄せて溢れかえるイメージもあったからだ。
肝心の絵がまともに見られるとはとうてい思えない、という。

では、何故そんなリスクも顧みず、嫌いな「初日・一番目」を採択したのか?
それは、恐らくここに何度か訪問してくださっている方は、ご存知かと思われますが、姉妹ブログの”Low”でいつも絵画・写真・音楽の僅かばかりのご紹介をしているのですが、そこで何を思ったのか、”バルティス好きです。”ここまでは良いが、”初日に行ってきます”などとぬけぬけと書いてしまったからだ。

言ったからには、行くしかない。


そういうことです。


その後また行くところがあったりで、、、タイトな一日でした。
それで、いつ本題に入るのか?

ピカソ曰く、「20世紀最後の巨匠」がきれいなドイツ語で暗唱していた詩を(多分リルケの関係か)本日の図録より引用します。

雨がざあざあ降ってるときや
嵐が野原でびゅうびゅう吹いてるときは
お嬢ちゃんやお坊ちゃんは
ちゃんとお家のお部屋にいました
ところが、ロベルトは考えました。いいや!
お外はすごいにちがいない!
そしてロベルトは、野原の中を
傘を差してびちゃびちゃと歩き回りました


いつでも、完璧に暗唱できた、ということは、これは完全に身体化されているということだ。
思考や判断以前にバルティスの行動原理を決定付けている詩と言えるかも。
バルティスの絵とは、お外で夢中になってびちゃびちゃと歩き回ることの延長線上にあるのだろうか?
延長上にあってもおかしくはない。敬虔なカトリック教徒であり生涯、静謐な光のなかで仕事をしてきた彼だが、絵筆を握るとそんな冒険と喜びが波打ってくるのだろうか?

後は、こちらをぜひご覧ください。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

参考記事
バルチュス ~Balthasar Michel Klossowski de Rola~

関連記事

THEME:art・芸術・美術 | GENRE:学問・文化・芸術 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp