プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
レッド・ファミリー
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

女の勲章

kunnsyou001.jpg

1961年

吉村公三郎 監督
山崎豊子 原作
新藤兼人 脚本


京マチ子、、、大庭式子
若尾文子、、、津川倫子
叶順子、、、坪田かつ美
中村玉緒、、、大木富枝
田宮二郎、、、八代銀四郎
船越英二、、、曽根英生
三津田健、、、大原泰造
内藤武敏、、、野本敬太
森雅之、、、白石教授
細川ちか子、、、大原京子


「安城家の舞踏会」、「女経」、「越前竹人形」の吉村公三郎 監督。
(わたしの以前の職場の同僚の方がこの監督のご親族であったことを最近知った)。


kunnsyou003.jpg

それにしてもこれは、どえらい映画だ。
大変文学的な作品である。
ファッション業界が舞台ということもあるが絵作りも隙が無い。この監督らしいものだ。
またキャストが豪華絢爛。
女優陣の凄さは言うまでもないが、田宮二郎がこれまた圧巻。
やはりこの役者はちょっと桁が違うわ、と思わせる。
京マチ子の船場のお嬢様から見る見る人格が変容して実業家然となって行く姿も見事。
とても説得力のある精緻な身体的表現が自然に出来る人なのだ。
(結局、最後に純粋なお嬢様が頭を擡げてしまい破滅を呼ぶ)。
他の女性も欲望と葛藤に揺れ動く様相がしっかり描かれる。
薄っぺらな人物はいない。

kunnsyou002.jpg

ストーリー自体が良く出来ている。原作が山崎豊子であることが大きい。
とても噺がリアルで重く生々しいのだ。
あらゆる野心~自己実現、名誉~承認、財力、愛欲、、、、利己的な欲求が渦巻き展開してゆくのだが、、、。
関西弁を流暢に話すいかがわしさ満点の田宮二郎演じる八代銀四郎に欲の部分で次々に絡めとられていってしまう。
欲望であり業でもあるような。
それを追い求める人間の強かさ、脆弱さ、偽善、独善、狡猾さ、虚栄等々を芸達者な演者がタップリと表現して行く、、、。
久しぶりに、すげ~っと映画を観ながら唸った(笑。

kunnsyou004.jpg

特にわたしとしては、田宮二郎の外連味タップリの喋りに聞惚れた。
あの関西あきんどの無駄のない身のこなしと共に、とってもスマートであった。
やはり大変な役者である。徹底的に虚無的な男に成っていた。
結局、頭が回る分、策に溺れて飛んでもない結果を最後に引き起こすことになるが。
(この流れは如何にも山崎豊子だ)。

純粋に芸術的な理想に向け邁進していた矢先、ほんの少しの打算的な欲望に付け込まれ足を掬われた形である。
その欲望の拡張の流れに一旦嵌ると、銀四郎の言うように「見る見る雪だるまのように膨らんでしまう」。
逃れられない。精神的にも経済的にも実際逃げようが無くなる。ある意味恐ろしいゲームの駒となっていたことに気づく。
こころの隙間を突かれたことから、、、。
銀四郎とは死神か。


何にしても、映画としてタップリと楽しめる作品となっている。
絵は見事、主役女優が勢揃い、田宮二郎が圧倒的。
ゴージャスな映画であった。




AmazonPrimeにて







関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp