プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
レッド・ファミリー
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

ゾンビーバー

Zombeavers001.jpg

Zombeavers
2014年
アメリカ

ジョーダン・ルービン監督・音楽
ジョン・カプラン、アル・カプラン脚本

レイチェル・メルヴィン 、、、メアリー
コートニー・パーム 、、、ゾーイ
レクシー・アトキンズ 、、、ジェン
ハッチ・ダーノ 、、、サム
ジェイク・ウィアリー 、、、トミー
ピーター・ギルロイ 、、、バック
レックス・リン、、、スミス


こういうのをホラーコメディとか言うのか?
CGはほとんど使われていない感じ。
よく高校、大学生の出てくるものには、下ネタが会話などに挟まれその世代感を出したりする演出に使われるが、この映画では下ネタが終始物語の基調となり、それなしに噺は進まない内容になっている。
しかもそれが面白おかしい学園コメディなのではなく、最後には独りもいなくなる大変なホラーなのだ。
しかもストーリーそのものは、よく出来ている。
基本的にとても変な発想の妙な噺なのだが、その前提を受け容れればしっかりしたゾンビホラーの作品と謂える。
見るからにお馬鹿学生たちであるが、人間関係におけるドロドロとした心情の動きはよく分かる描かれ方であった。

Zombeavers002.jpg

大型トラックの無責任脇見運転ドライバーが鹿を轢き殺した衝撃で、川に落下させたドラム缶から汚染物質が流出した。
その物質の影響で、ビーバーが獰猛なゾンビと化して週末のバカンスにやって来た男女6人の大学生に襲い掛かってゆく。
湖畔に遊びに来た学生たちは、次々にそのゾンビーバーに襲われパニックになる。
ログハウスに立てこもり中から木で出入り口を塞ぐなどして身を守ろうとするが、ビーバーにとって木は全く意味がない。
人にとって分が悪い夜間こそビーバーにとっては活動時間となる。
叢から沢山の光る目に取り囲まれて怯え慌てふためく若い男女。

Zombeavers003.jpg

何と襲われて、殺されなくても傷を受けるだけで、少し時間が経過するとその人間はビーバーに似た尻尾も前歯もあるゾンビに変身して人を襲うのだ。
どちらかと言うとビーバーに襲われるよりゾンビ化したビーバーゾンビ人間に襲われる方が怖い。
もう絶体絶命の恐怖の惨劇が連鎖してゆく。
よくビーバーでここまで持ってこれたとちょっと感心しながら、入り込めた。
(ビーバーの動き自体にはかなり制限~限界が見える)。
ふっと絶妙なタイミングで出現するハンター?が何とも言えない立ち位置である。
凄く頼りになりそうで、ゾンビバー人間にあっけなくやられてしまう。
こういうガードマンをどの程度有効に使い引っ張るかは悩ましいところか。

Zombeavers004.jpg

そして最後の最後にひとり傷だらけで生き残った女子大生が、自動車道にやっと出てよろよろと助けを求め歩いてゆくとその先から大型トラックが走って来るではないか。歓喜して手を振るが、そのトラックこそ最初に出てきた鹿殺しトラックであった。いつもそうなのかスマホに脇見をしていて、彼女も轢き殺される。
呆気なく、、、。

そして、、、誰もいなくなった。

Zombeavers005.jpg

ちょっと捻りを感じたのは、真面目風で慎重な感じの最後まで生き残りそうなタイプの女子が最初にゾンビ化して仲間を襲い、自分を裏切った彼氏をゾンビとして一物を食いちぎり葬るというある意味、理にかなった行動をとる。
元はと言えば彼女の親友の眼鏡女子が自分の体に傷があることを知り、(もうやけくそよと言うか、本心なのか)その彼を誘ったのだ。この辺、結構切羽詰まった凄い愛憎関係が噴出してくる。
この眼鏡女子、ゾンビーバーには噛まれていない女子を、そろそろあなたもゾンビになるわと撃ち殺そうとしたり、追い詰められた時の自己中心な誰をも巻き添えにしてやる感が半端でなく出ていた。
そしてやんちゃで如何にも一番最初に犠牲になりそうな娘が最後まで残るところが、意外に感じはした。一番開放的なお馬鹿で罪はないという感じの娘だ。まあ、エンドロール直前で絶命するが、そのトラックは死神なのか。
しっかりまとめてはいる。

何も考えずに観るには最適なものだ。











関連記事

COMMENT

こんにちは

先ほどこの映画観てみました。
やはり、GOMAさんの文章の中で僕の感覚に響く1文があるものは、観る価値がありますね。
書かれているように、それぞれのシーンに意味があり、まとめられていますね。
いわゆる大作のような映画ではないけれど、いわゆる普通の人が生きるレベルでの喜怒哀楽と人間模様は結構味わえますね。
若い男女の人間関係(特に西洋人として)にも見入ってしまうものがありますね。
下ネタの英語は、ある程度しか聞けませんでした。どんな英語だったのかにも興味あります。
それにしても、こういうギリギリの状況では、人間関係も混迷を極めますね。
土曜の午後に映画観てよかったです。
あと、先日、「サマーオブ1984」も観ました。

ありがとうございます☆彡

お忙しい中、貴重なコメント頂き、ありがとうございます。

若い男女がワ~ッと出てきて羽目を外してドンチャラ騒ぎをするタイプの映画は、ただ笑って見てそれでおしまい、が多く、ブログに記事を書く気になることはほとんどないのですが、これは荒唐無稽なコメディとホラーが融合したタイプのもので、観たことない類の作品でした。
そしてご指摘の通り、追い詰められた若者の生々しい感情の爆発も(容認は別にしても)理解できるモノでしょう。
ハチャメチャのようで、ちゃんとまとまった映画だと思います。
あのトラック野郎はいただけませんが(笑。
「サマーオブ1984」いかがでしたか?
これはわたしにとってスッキリしない、後味が苦く残る映画でしたが、、、。
その分、全体にリアルで共感してしまう内容でもありました。

AmazonPrimeでかなりレアものが観れるので、それらのチェックもしてみたいです。
また、コメント等、宜しくお願いします。

No title

こんばんは!

ビーバーのゾンビ・・・凄い発想の映画ですね。

映画の概要を読ませていただいて、最初にビーバーをゾンビにした原因となったトラックが、最後に生き残った女性を轢き殺す、というところが変な言い方ですが、落としドコロ、というか、

この映画を作った方が表現したかったところなのかな、と思ってしまいました。

ゾンビ映画と言えば、先日、スティーブン・セガールVSゾンビという夢のコラボ(?)映画を見ました。確か、ZANGEKIという映画でしたが・・・これも、何も考えずに見るには、良い映画でした(笑)

ありがとうございます☆彡

まさに、落としドコロ、だと思います。
ちょっと、あそこまで傷だらけになり頑張ったのだから、勿体ないという気もしましたが。
とてもあっさり、スッキリとやってくれました(笑。
その思い切りの良さがこの映画の売りなのかも(爆。
なんせ皆いなくなっちゃうのですから。
普通は、如何にも主役という男女が生き延びたりしますよね。
それが許せないのでしょう(爆。

スティーブン・セガールVSゾンビですか。タフですねえ。この人(役柄)ともかくタフで喧嘩が強くてちゃっかりしていますよね。娘さんがヒロイン~原作の映画を先日観ましたが(式日)、頼りがいはありそうですが、節操なく何とでも戦うのですね。愉快なパパです。

また曲を聴きにお邪魔します。こちらにもまたどうぞ。

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp