プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
レッド・ファミリー
キューブ CUBE
ドント・ハングアップ
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
アリータ
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEXを観る。

koukaku.jpg

公安9課。攻殻機動隊。

「攻殻機動隊」と「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」とは時代設定と登場人物、ストーリーも異なる点が多く、「第三の攻殻機動隊」と言われる。

神山健治監督、士郎正宗原作、菅野よう子音楽

2003年「東京国際アニメフェア2003 公募・アニメ作品部門優秀作品賞」受賞。

わたしは何故かまだこれひとつしか見ていない。
これだけ見た範囲で感想を少しばかり。

SFものであると、存在学的な考察が深くなされたものでないと、10年も経てば単に陳腐なものになる。
テクノロジーは確実に当時の科学技術や想像を追い抜いている。
その多くのものは面白くない。

しかしこの映画は今が旬の内容だと思う。
さらっと見ただけだが、世界観と身体感覚がとてもしっくりする。
だからアイスクリーム食って、ポーズもしないで途中トイレに行っていても何ら問題ない。
同時代性がある。
そして普遍性がある。
日常的だから、面白い。
実は少し前に、韓国映画の”Yesterday”を見たのだが、実写と比べアニメ映画は圧倒的に自由度が高い。
思うように描けるのはアニメであることに間違いない。
思うようにと言うのは、正確にという意味だ。

集合無意識下で横断的に相互作用しあうリゾーム空間の広がりにハブ電脳を据え、総体としてある方向性を持たせるという発想はこれまでの識閾(下)を扱ったSF映画のなかでもはっきり現実味がある。
そんなこと既に行われていてもちっともおかしくない。
情報が技術的に一瞬にしてどこにも拡散出来る基盤があっても、国家があれば情報は管理される。
そのハッキング技術との鼬ごっこは現在も日常のことである。

ネットを介さずとも様々なメディアが重層的に絡み合い、情報が時空に横溢している。
様々な方向からの無意識への圧力・攻撃は絶え間なく加わっており、意識レヴェルのそれよりも遥かに深刻なのは言うまでもない。
それがわれわれの身体の現実である!

人間は加速度的に変わっている。10年前の人間と今の人間が同じ種と見て良いかどうか、無意識レヴェルの身体性を見てみないと分からない。と言うより、10年前の自分と今現在の自分は、はたして連続した存在なのか?
自分の名前を単に記憶している程度のアイデンティティの保証に、何を持ってわたしはわたしだなんて確信していられるのか?

私自身、最近頻繁に記憶が飛ぶ。
全く原因も分からないのだが、ある朝、突然腱鞘炎になっていて指の痛みが続いている。
これは何であるのか?単なる肉体的障害だけを見ればそれまでのことだ。
こんなことは誰にでもいつでも起こりうることだろう。
しかしその根拠が足りない。しっくりこない。

この映画で「精神」をほぼ同等の意味で「ゴースト」と呼んでいたと思うが、これに限らず、ネーミングが面白い。
ソリッドステイツしかり。
STAND ALONE COMPLEXしかり。
このへんでも、このアニメ映画には親近感を持つ。


それはそうとわたしが今まだ持っている3台のパソコンがXPのままなため、明日からSTAND ALONEとなる。
NETWORKから孤立し、まだパソコンとしてなんらかの意味があるか?
これは、そのまま人間にも当てはめられる。




このなんだかわからないロボット(乗り物)が面白い。
koukaku2.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
THEME:文明・文化&思想 | GENRE:学問・文化・芸術 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp