プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

怪奇蒐集者 朱雀門出2

suzaku003.jpg

横山一洋 監督

朱雀門出,、、、語り(作家)
蜃気楼龍玉、、、案内人(噺家)


わたしの知らなかった作家、朱雀門出の騙りを聴く映画。

朱雀門出が、かつて友人たちから聞いた不可思議な話を、作家としてうまくまとめて紹介する形をとる。
ここでは、手短に要領よくまとめられた噺が7つばかり騙られた。語り口が良くとても聴き易かった。
基本どれも合理的に説明できないが、こんな経験をしてしまった。とっても奇怪であった~怖かったという噺である。
簡単にこう言ってしまえば元も子もないが(笑。

噺はそれが嘘だろうとホントだろうが、面白いかどうか、にかかっている。
どの噺もそれを明かした当人にとっては深刻な際どい、危険ですらある内容に受け取れるものだ。
朱雀門出は第三者として客観的に整理して話しているが、距離の取り方は適切だと思う。
その後、其の情報を提供した友達はどうなったのか~どうしたか、などの言及はない。
(別に話したところで何でもない類のものもあるが)。
ただそれぞれが、微妙な郷愁を誘う、自分も友達と少年期に夢中になって喋っていたことのなかに似たような噺も含まれていた気もする。つまりそのような時空を行き来した感触が思い起こされる、、、。怖いと謂うよりやはり一種の郷愁に近い感じ。

suzaku001.jpg

要は、其の噺が客観的な事実~実際にあった現実であるのか、何やらトワイライトゾーンに訪れた特殊な事象であったものか、白昼夢~無意識的な光景の報告なのか、、、ただ、どうやら夢と現が絶妙にバイパスされており、姉妹が知らず共に同じ場所を行き交う現象も起きている。そしてそれは現実にシームレスに繋がっていて、彼らの母が日常の中で目撃~確認したりもしている。
結構、われわれの世界とは、厚みがあるのだ。
というか、亜時間~亜空間と呼べばよいか、現実の傍流があるのではなかろうか。

Cさんが家族で行った動植物園で彼以外の誰も見ることの出来なかった人の生首そっくりの動物「カープテ」を、彼の他にも目撃していた人を数年後に知ることになったり、Oさんが夢のなかで妹と訪ねた「かおるちゃん」の家に、実は妹も自分の夢で姉と行っており、人肉ジュースを飲まされそうになって、ふたりで一緒に家に逃げ帰って来たところを母が現実に(日常世界で)観ていたりとか、Kさんが夢に観た西洋建築の役所と全く同じ建物を現実にも発見し、そこでも夢と同様の手順で「コノエさん」を探すが、夢では必ず係がその人を呼びに行ったところで目を覚まし、実際に遭うことは無かったのだが、現実に「コノエさん」と遭ってしまえばどうなるのか、恐怖に戦きそのまま逃げ帰るなど、、、。
これらの噺には常に死が色濃く漂っているところも共通している。

suzaku002.jpg

他にも琥珀コレクターの奥さんが昔、「小人」が入っている恐竜時代の琥珀を見せてくれた記憶が鮮明にあり、大人になってそれをもう一度確認したくてたまらず、その場所に戻るもその住所には誰もおらず、少年期のその想いが宙吊りになって残る噺とか、、、
これは上手くやればレイ・ブラッドベリ風の短編にもなるだろうか、、、。


無さそうでありそうな事が何処かであるのだ。きっと。
これらは、独りだけの内に完結した幻想とは言えず、必ず他者への広がり~繋がりがある。
そんな場所~系があるのだ。恐らく。
それを小説とか絵で描写出来たらこれは面白かろう、、、。









関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp