カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

rain.jpg
雨が降ると公園には行けない。
次の日もまだ全てのものは濡れている。
でも2日経てば、芝生に寝っ転がれる。
大きな空に浮かんで形を変えてゆく
雲の動きを楽しめる。


しかし、雨そのものも趣があって良い。
放射能の雨や酸性雨ではそんなこと言っていられないが。
雨宿りして見るならよいか。


狐の嫁入り雨などたまに体験するが、こまやかな雨つぶが日に煌きとても綺麗だ。

同様に綺麗な雨に小糠雨がある。ほとんど霧状の音のしない静謐な雰囲気をあたり一面につくる。
春先、何かがやってくるピンとした気配とともに。
その後に降るのは五月雨。

もう夜も更けてきた。
晩秋なら小夜しぐれでよいが、今は春雨か。しかしただの春雨では物足りない。
調べればこの雨ー今の気持ちに沿う雨が見つかるだろう。


日本語には、雨ひとつとっても、様々なニュアンスがそこに畳み込まれている。
辞書で引けばいくら出てくるか分からない。
ほかの国に雨についてこれほどの豊かな呼び名があるだろうか、と思う。

考えてみれば、日本語の文字、平仮名・カタカナ・漢字(音・訓)は本当に優れた装置だと思う。
諸外国から流れてきた全ての思想のデータベースとして機能し、保存、引き出し、編成が何時でも可能となるし、何よりも日本の歴史ー思想の保護も同時に果たした。これが大きい。
もし日本に単一の文字体系しかなければ、外部の強大な権力ー言語体系にその都度上書きされてしまい、日本の文化ー歴史そのものが消失していたはずだ。


遣らずの雨というのも思い出した。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事
THEME:文明・文化&思想 | GENRE:学問・文化・芸術 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
コメント、メッセージ頂ければ嬉しいです。

*当サイトはリンクフリーです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: