プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
キャット・ピープル
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲

otonateikoku004.jpg

2001年


原恵一 監督・脚本
臼井儀人 原作

この映画には、妙な共感を覚える。
わたしにとって、昭和とはリアルタイムにおいて、全くよい時代ではなかった。
最悪の時を送ったというのみ。自分を中心に見れば、、、。
しかし、大人になって昭和のモノを見たりすると、変に懐かしい。
決して良い時代などではないが、大人の目で昭和に作られたモノを見ると面白いということは、ある。

だから、しんのすけの親たちが、あのころ自分たちが見れなかったモノや買えなかったモノや遊べなかったモノが今の立場になって欲しくなる~体験したくなる、というところには共感できる。飽くまでもモノ~商品レベルにおいて。
その当時のTVや映画の主人公になってみたいという思いも取り敢えず、分かる気はする。
確かに面白い作品~出来事は結構あった。鉄人28号、ウルトラQ、ゴジラ、ガメラ、ワッペン等のコレクションアイテム、ビートルズによる触発、冷戦期における米ソ間の宇宙開発競争、自動車の性能合戦、新家電開発、、、等々この辺を挙げ始めると、枚挙にいとまがない。

otonateikoku001.jpg

とは言え、この物語の春日部の人々のように、わたしは、その時代を体験~再体験したいとは思わない。
ましてやその場で子供に立ち返りたいなどと、、、
逆に嫌な残虐な想い出に圧し潰されそうになり逃げ出すと思う。
時代の雰囲気にも嫌悪感しかない(実際、どこがよかったのか?)
人や家族というものが良かったとか街に活気があった(確かに個人小売店などが盛んであった経済的側面はある)とか、、、これこそ根拠のない単なる過去の美化に過ぎない。
(この一見活気とみえる現象も、戦後の個の抑圧・搾取~愛着障害を引き起こした硬直した流れを隠蔽するだけのものである、というより表裏の関係か、、、高度成長期とは何かという部分でもあろう)。
時折、おおらかさがあったとか人間性があったとか聞くが、いい加減にしとけよ!である。今の時代の悲惨な部分の基盤がこの時期にしっかりと形作られたのだ。毒親の生成も着々となされてゆく。
(ここでは、これ以上書かないが、別のところで怨念をこめて書きたい)。

otonateikoku002.jpg

かの有名なプルーストの自伝小説に、紅茶に浸したマドレーヌの香りから過去を鮮やかに想い浮かべる流れがあるが、こちらはとーちゃんの激烈な足の臭さが、過去のノスタルジーに溺れていた自分を今現在~プレゼンスに強引に引き戻す。
片や過去へ片や現在に。香りと臭さの違いはあれど、共に嗅覚である。嗅覚はある意味、記憶を覚醒する感覚である。
甘やかな香りに触れた瞬間、鮮烈な過去が蘇るに対し、もんどり打つ程の足の臭さがシビアな現在に立ち返らせるのだ、、、プルーストと互角に張り合うつもりだ、まさにこのしんちゃん映画は。

「イエスタディ・ワンスモア」(カーペンターズもよかった)という組織が春日部に「20世紀博」という催しを盛大に開き、人々を本物そっくりに作り上げた昭和の街空間に住まわせる。財源は一体どこから出ているのか、物凄いスケールであるが。
更に「昭和の匂い」を高い塔から撒き散らし、もっと多くの人々を昭和に閉じ込め時間を凍結しようとする。
それに対し、しんのすけファミリーが懐かしさに取り込まれそうになる度に、とーちゃんの足の臭いを嗅ぎ正気に戻り、組織の隊員たちやその主導者ケンとチャコに立ち向かってゆく。(この昭和の匂いこそマドレーヌにあたるものか)。

otonateikoku003.jpg

一度は、はっきりとこの組織の作る昭和に取り込まれたとーちゃんとみさえだが、しんのすけがとーちゃんの靴の臭いを嗅がせて彼らを覚醒させ救い出すシーンで、ふたりの少年期から家族となるまでの回想の流れの光景には魅せられた。
そしてしんのすけファミリーが塔からの「昭和の匂い」散布を阻もうと奮闘する終盤。
スリリングなシーンで畳みかける。無論、しんちゃん特有のユーモアも交えるが。
高い塔の階段を全力で駆け登るしんのすけには、自然に感情移入している。
この様子を監視カメラの画像からTV中継で見ていた春日部の取り込まれた昭和の人々の意識が解かれてゆくに従い「昭和の匂い」の貯蔵タンクの貯えが激減して行く。
このケンとチャコという主導者は、どういう経緯でこんなに昭和に拘るのか(ケンとメリーのスカイラインってあったな)、そして相当な金を動かせる立場の彼らは何者なのか、これは一切不明であったが、何故自分たちの趣味として楽しむのではなく、人を巻き込み共同体を形成しようとしたのか、これも分からない。
彼らは、しんのすけファミリーの勝ち~現代の価値を認め、昭和に浸っていた人々を今の時代へと解放する。
しんのすけファミリーは自由で快活で盤石であるが、ケンとチャコの二人はこの先どうするのか、気になってしまった。
「神田川」みたいな雰囲気なのだ、このふたり、、、トヨタ2000GTに乗ってはいても。

otonateikoku005.jpg

以前、少しだけ見たこともあるTV版のしんのすけの手のつけようのない、やんちゃなおけつ丸出しで暴走するシーンなどは、ほとんど見られず、個性的だが、基本ストイックでスポコンアニメのヒーローみたいな彼がここにはいた。
映画ではちょと人格が変わるのか、もっと自由に製作された結果のあの感動を呼ぶしんのすけとなったのか。


もうすこし、しんちゃん映画に触れてみたい、、、。










関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp