プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

美の祭典

FEST DER SCHONHEIT-OLYMPIA TEIL II001

FEST DER SCHONHEIT-OLYMPIA TEIL II
1938年
ドイツ

レニ・リーフェンシュタール監督
ヘルベルト・ヴィント音楽


外で体操競技をやっている。何とも言えない開放的な競技場である。
体操競技の技術は飛躍的に難易度は増したことが分かる。
しかし、この体操が古臭く稚拙かと言うとそうは思えない。
運動競技の本質(原質)を思い起こさせるような厳粛さを感じさせ魅入ってしまう。
チョコマカと小難しいことを目にもとまらぬ速さでやってみせるアクロバティックな動きより重厚さで唸らせる。
他に、ヨットレースにせよ乗馬、ポロ競技、フェンシング、射撃にしろ、的を得た接写とスローモーションの演出効果は大きい。
音楽も程よく乗る。過剰さはないが適度に盛り上げてゆく。
選手の表情のアップも見事に捉えられている。
突然挿入された唖然とするほどの数の女子による集団体操。
この後に始まる10種競技辺りから、陶然として競技に酔いしれてしまう。
構成・展開も綿密に計算されている。音楽もぴたりと合わせてくる。

FEST DER SCHONHEIT-OLYMPIA TEIL II004

麻薬のような流れに乗ってしまう。
起伏や緩急のあるリズム、、、。
ここでも男子高跳びが凄い正面飛びなのだ。
ちょっと今見ると、こそばゆい。
(「民族の祭典」の時から、この競技がクセになっている。わたしにとって、とても美味しい競技なのだ)。

競技時間が長引き日が傾いてくる。そんな光量の足りないところが幻想と陶酔を呼び込む。
ホッケー、クリケット、サッカーと陸上競技に絞った「民族の祭典」と異なり、様々な競技がこのパートⅡ「美の祭典」に集まっている。
スローモーションが効果的に使われていた分、自転車競技のスピード感が際立つ。
メリハリが効いている。
そして馬術の映像の美しさ、ダイナミックさ、、、キャプテン(騎士)がよく転げ落ち、見応えがあった。
噺に聞く、キャプテン・バロン西の雄姿も拝めた。古い記録フィルムの価値である。
ボートレースでのあのアップは、競技中の撮影はまず無理であり別個の特別撮影に違いない。
アナウンスもかなりアフレコだと思う。
しかしそれが臨場感と緊迫感~プレザンスを生んでいる。
更に飛び込み競技はもう芸術である。この思い切った自在な構図。幻想的だ。何かのプロモーションビデオ(今ならCM)のようにも見えてしまう。
こんなオリンピック映像をこれまで見たことがない。

FEST DER SCHONHEIT-OLYMPIA TEIL II003

水泳では、日本がかなり気を吐いている。
男子日本人選手の競泳の姿がかなり捉えられている。
飛込競技でも日本女子選手の爽やかな笑みが印象的だった。
この頃は、水泳と跳躍競技で日本勢が活躍していたことが分かる。

FEST DER SCHONHEIT-OLYMPIA TEIL II002

これはまさに、よく出来た映画である。

ナチスのプロパガンダ色は微塵も感じられない映像であった。
しかし淀川 長治氏の言うように、この見事な映像で日本人はドイツ贔屓になった、という説もあながち突飛なものでもなく、全て観終わると説得力を感じてくる。

この映画の批判でよく寄せられる、完璧な肉体の賛美がナチズムに呼応するといった類のものがあるが、各国から集まったこれだけの選りすぐりのアスリートを躍動感溢れる映像で表せば、結果的にそう見たければ、そのように見えてもおかしくはない。



関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp