プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

里見八犬伝

Legend of the Eight Samurai001
Legend of the Eight Samurai
1983年

深作欣二 監督
鎌田敏夫、深作欣二 脚本
鎌田敏夫 『新・里見八犬伝』原作
主題歌 ジョン・オバニオン「里見八犬伝」、「八剣士のテーマ (White Light)」

薬師丸ひろ子、、、静姫
真田広之、、、犬江新兵衛
千葉真一、、、犬山道節
寺田農、、、犬村大角
志穂美悦子、、、犬坂毛野
京本政樹、、、犬塚信乃
大葉健二、、、犬飼現八
福原拓也、、、犬川荘助
苅谷俊介、、、犬田小文吾
目黒祐樹、、、蟇田素藤
夏木マリ、、、玉梓
萩原流行、、、妖之介
浜田明、、、悪四郎
ヨネヤマママコ、、、船虫
汐路章、、、幻人
岡田奈々、、、浜路


Legend of the Eight Samurai006

あくまでも滝沢馬琴の『南総里見八犬伝』ではなく、鎌田敏夫の『新・里見八犬伝』を元に映画化したものである。

国籍不明の大活劇であったが、特撮自体は今一つ。
だが役者の盛り上げで魅せる。
薬師丸ひろ子の頑張りが光った。
よくここまで頑張ったと謂いたい。
千葉真一は勿論、真田広之のアクションも頑張ってるなあ、と感慨深い。
志穂美悦子や京本政樹の動きもこなれている。
ともかく、皆若い!
若くて元気である。

Legend of the Eight Samurai004

こういう映画を観ると、そういう感想しか出にくい(爆。

展開に無駄が無くテンポも良い。
荒唐無稽だが、静姫がこの先どうなるのか、、、ハラハラさせることで引っ張って行く。
しかし敵である夏木マリの玉梓が大変禍々しい毒母というより魔女振りで凄みは充分であり、目黒祐樹や萩原流行もキャラは際立つものがあったが、それに比べ八犬士の一人一人の個性や特技、必殺技とかがはっきりせず印象が弱い。

Legend of the Eight Samurai002

もう少し各自の持ち味や得意技~奥義をタップリ堪能できるシーンは欲しかった。基本的に彼らは超能力的な力を持つのではなく普通の人なのだ。
玉によって選ばれた特別な人間を印象付ける何らかの特質は欲しい。
結局、かなりあっさりやらてしまう(あっさり恋に落ちるのもちょっと気になった)。
終盤の敵のアジトに攻め込んでからの立ち回りの尺はもう少し取り、見せ場を色々と作って欲しかった。

Legend of the Eight Samurai005

『レイダース』や『スター・ウォーズ』の影響~オマージュは、分かり易いが、本家の方がずっとスマートである。
特にVFX面はキツイ。船虫は悪くなかったが、大きな石に追いかけられるところは、かなり厳しい。
だがそれを補うキャスト~特に悪役の二人と静姫、新兵衛の奮闘が支えていたと謂える。
岡田奈々は、もう少し活躍させたいところであった。
直ぐに殺され毒人形に改造されて犬塚信乃(京本政樹)と共に果ててしまう。
時のアイドル薬師丸ひろ子で売り出そうとした映画であり見事それに応えた形であろうが、岡田奈々も充分に姫役が可能な存在である。余りに勿体ない。

Legend of the Eight Samurai003

新兵衛も一度、蟇田素藤に切り殺されてから、幻人に改造されて蘇ったのではなかったか、、、。
その後、大丈夫なのか。後遺症とかなく普通に人間やって行けるのか。恐らく玉の力で何とかなったのかも知れぬが。
改造後、妙に品が良くなっていたが、、、。


薬師丸ひろ子は、何とこの映画を撮る時期に大学受験も重なっていたそうだ。
これは大変だっただろうと、気の毒になった。
あのラブシーンも微妙なものである。本人にとって微妙なものであったのでは、、、。
色々な面でやり辛くハードな映画ではなかったか。
彼女のお陰で面白い作品になっていたと思うが、、、。

Legend of the Eight Samurai007

その後、彼女は大人になってから、かつてのような華々しさは見られず地味で堅実な役が目立つ。
芦田愛菜も今は天才子役で持て囃されているが、大人になってどういう立ち位置になるのだろう、、、そんな余計なことも思ってしまった。

どんどん横道に逸れそうなのでこの位にしたい(笑。













関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp