プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ

Exit Through the Gift Shop001

Exit Through the Gift Shop
2010年
イギリス、アメリカ

バンクシー監督

バンクシー
ティエリー・グエッタ(アマチュア映像作家、フランス人)
シェパード・フェアリー(ティエリーの従弟、有名グラフィティアーティスト)
シーザー(グラフィティアーティスト)
ネックフェイス(グラフィティアーティスト)
スウーン(グラフィティアーティスト)
ボーフ(グラフィティアーティスト)
バフモンスター(グラフィティアーティスト)


バンクシーの名は知っていても、何も詳しいことは分からない。
ストリート・グラフィティアーティストとして幾つかの壁に描かれた「絵」を写真で見たことはあるていど。世界で一番、名の知れた落書き画家であろう。(スキルと風刺において)優れた腕をもっていることは確かである。
「公共物破壊に新たな方向性を与えた人物」として世界的に有名ではあるが、、、。
彼に関しては、わたしは極めて情弱の立場にいる。
この映画で少しは、バンクシーが馴染みになるか謎を齎されるか、別の何かを知らされるのか、、、


LA在住のフランス人アマチュア映像作家ティエリー・グエッタが覆面アーティストであるバンクシーの存在を知り、彼のドキュメンタリーを撮ろうとするが、逆にバンクシーが彼のドキュメンタリーを撮ることに、、、。
それ以前から、ティエリーはストリートアーティストに興味を抱いていた。
「彼らは皆、信念をもって制作している」
確かに。(しかしティエリーにとってその信念とは何かが終盤に驚くべき形で明かされる)。
それぞれのアーティストに持ち味がハッキリとある。
そして、「落書き」である以上美術館の芸術作品と違って寿命は短い~儚い。
バンクシーは記録してくれる人間を探していたようだ。
(ストリートアートは基本、作り逃げである。次の日には消されている。その作品の記録はある意味、貴重である)。

Exit Through the Gift Shop002

「パンク以来の対抗文化が離陸態勢に入った」
街の夜は、彼らの秘密の創作の場となっていた。

夜の闇の創造の場を撮るという行為はこれまたワクワクするものだろう。
(警察が来ると逃げる)。
闇の創造者との共犯関係を愉しむ時間だ。
魅惑の地下世界である。
沢山のストリート・グラフィティアーティスト~そうそうたる面々が出てくるが、彼らはともかく好きでビルの壁に自分ならではの刻印をしてゆく。
ティエリーはそれを撮ることもやめられない。その姿をバンクシー監督が撮る。そういうドキュメンタリー。

時折、解説に現れるバンクシーは全身影となっている。声も変えてある。
何ともカッコよい。映画みたいだ。映画かこれは(笑。
ミステリアスである。

Exit Through the Gift Shop003

「繰り返しの力」これは、アンディ・ウォーホルのムーブメントからそうだが、シェパード・フェアリーによる「アンドレ・ザ・ジャイアント」(オベイ)もそうだ。
増殖することで意味が生成される。オバマのポスターも鮮烈であったが。
シェパードもティエリーが映像に残すことを好都合と受け取っていた。ついでに彼は見張り役にもなる、時々助手にもなる。
(実際に、違法で物理的に危険な場所~ビルの屋上などでやっているのだ)。

何でそんなに映像を撮るのかと聞かれ、はじめてティエリーは、ストリートアートの映画を撮ると、ほぼ出まかせに答える。
(周囲も、膨大な映像データからドキュメンタリー映画が出来上がるモノと思っていた)。
ティエリーは単に何も考えず撮っていたようだが。普通、十何回も撮影されれば、何にするのか、聞くものだろう。
シェパードもお人好しで、海外に制作しに行くときもティエリーを連れてゆく(奥さんは良い顔はしていない)。

結局こんな感じで、単に撮っては溜めてゆくばかりであった。作ること(映画監督)には向いていない人であることは、後にバンクシーが太鼓判を押す。精神障害を疑うとまで言われる。これまた突出した面白い人だ。
何で記録し続けるのか、それを止められないのかを彼自身が分析したところによると、幼い頃に植え付けられた喪失感にあるという。二度と戻らぬ瞬間を何らかの形で余すところなく永遠に保存したいという欲動が抑えられないようだ。
やめ方を知らないから、続けるしかないと言う。ヴィデオをもって何処にでも飛んで行く。
最終的に映像を諦めさせるため、バンクシーから君もストリートアートをやってみ、と勧められ、勿論、直ぐにその気になった。

Exit Through the Gift Shop004

運よくティエリー・グエッタは誰も逢うことが難しいと謂われている覆面アーティストのバンクシーの撮影を初めて許可される。
勿論、顔は撮れないため手元だけである。
非常に細密なステンシルを幾枚も作り、インクも携え戦地に赴き危険な壁にメッセージを残してきたのだ。
ティエリーはバンクシーの才能に仰天する。それは、見れば容易にわかる。
彼は喜んでLAの最高の場所を案内し、出来る限りの補佐を願い出た。作業は捗ったようだ。
バンクシーもティエリーをイギリスに招待するまでになる。

バンクシーが立体作品も作っていることを知った。大型トラックでそれを運び、道端に置いて逃げる。
「破壊された電話ボックス」
これもティエリーが撮っておかなければ直ぐに当局に撤去されるモノだ。
彼の作品は、紛うことなき傑作である。芸術作品であるが、ストリートの文脈に嵌め込まれてより大きな意味を持つ。
「インスタレーション」としての価値も生む。
道行く人々の反応も様々でその意見を聞くのも楽しい。
受け取り方が自由であるものこそ、芸術である。
バンクシーや彼の仲間にとって、ティエリーの撮影した映像は、放置されたアートがその後、どう受け取られたかを彼らに知らせる貴重な情報でもあった。
その為、ティエリーはバンクシーたちに次第に認められるようになり、自分のスタジオまで撮影許可を出す。世界でただ一人であろう。バンクシーは秘密を明かせる(こころを許せる)人間を内心求めていたところもある。

アメリカに帰国後、ティエリー自身も目立ってくる。巨大な肖像画をビルに貼り付けて回る。
LAって、結構自由なところなんだと感心したものだ。
バンクシーもLAに再びやってきて、何と作品展示会を開くという。確かに鑑賞に耐える質だが、意味合いが違う。
ここにゲリラ的な文脈でも挿入できれば、面白いが。案の定、ディズニーランドに仕掛けをしに行くではないか(笑。
(だが、危険と隣り合わせで、ここではティエリーはセキュリティに捕らわれ、FBIにまで目を付けられる。だが証拠不十分で釈放となる)。そのせいで、展示会のオープニングにはセレブも駆けつけてきた。そしてペインティングされた像の展示で議論が巻き起こる。やはりちゃんと仕込んであった(笑。ストリートアートが新たな局面を迎える。

いずれにせよ、ティエリーをチームに入れたことで、設置した作品に対する一般の反応まで記録する芸術に拡張した。
そしてコレクターが新しい市場に殺到した。「破壊された電話ボックス」に高値が付く。どれもがホットな商品となる。
所謂、現代アートの文脈にストリートアートが組み込まれたと言えよう。


違法行為をこうやってすり抜けたという武勇伝をここで全てばらして大丈夫なのか、とは思うがともかく面白い映画であった。

banksy001.jpg

バンクシーがコロナウイルスの医療従事者に送った「作品」。




さて終盤どんでん返しとも言える恐ろしい事態となる。バンクシーから映像を諦めさせるためにアートをやってみろと勧められたことばを拡大解釈したティエリーは、自分もバンクシーみたいな高名なアーティストに成れると確信してしまい、作品作りに邁進し始める。最初はストリートに、外注した自分の肖像の版画を貼りまくっていたが、ストリートアートが徐々にポップアートとして展示会場に飾られていく流れに自分も乗ろうとする。それ自体咎められることではないが、何を作るかのコンセプトもなく、それを具現化する技量も持たない彼がアーティストに成るには、はったりしかない。彼は自分のスタイルを模索し追及する一般のアーティストの試練の過程を全てすっ飛ばし、自分が見て来た色々なアーティストの模倣や折衷を行い、制作スタッフを募集して彼は指示を出すだけでそのイメージを彼らによって具現化させていった。そしていきなりバンクシーの展示会場の真似をした大規模なショーを派手に行う。自分のアーティスト名は、MBW~ミスターブレインウォッシュである。これはジョークか?自分でもアイロニカルに自覚しているのか?しかし実際、彼は本気でアートしているという錯覚に陥っている。彼はある意味、大真面目で取り組んでいるのだ。彼にとってアートとは、人を洗脳するマジックだという信念なのだ。すでに高名なシェパード・フェアリーやバンクシーにまで推薦文や宣伝を依頼し、派手な広告を打って、会場設営をバンクシー経由で手助けに来たスタッフに丸投げして、展示ショーを開催する。
しかし、事前の宣伝が功を奏し、先行者たちのスタイルの模倣や折衷がまさにニヒリスティックなポップアートとして正当化して受け入れられ、大盛況となり作品の売り上げも上々であったという。アンディ・ウォーホルの再来とまで評価するメディアも出て、MBWはすっかり自信を持ち、時代の寵児みたいな振る舞いで得意満面。
これには、シェパード・フェアリーやバンクシーもドン引きし、「複雑な気持ちだ。善意で協力はしたが、意図しない方向に進んでしまった」と後悔していた。「一連の現象は社会学的に検証の価値はある」とシェパードは結んでいた。
バンクシー曰く「アートはジョーク」(笑。顔は見えないが苦々しい表情でいることは、はっきり分かる。
飛んだ終盤であった。ポップアートはこの危うさが確かにある。







破格の値段で5つ★ホテルと豪華な食事の愉しめる旅を! 東京オリンピックまでに自由を手にする無料動画


MBWは、未だに成功街道にいるらしく、マドンナのアルバムジャケットも担当している。
ほとんど、アンディ・ウォーホルの手法ではないか、、、じっくり見る気も起らぬが、、、。
アートは誰にも開かれたものであり、誰もが関わって良いと思っていたが、間違ってた、というバンクシーの反省の言葉が重い。
ああいうものを見てしまうと本当に重いし、むず痒い。
まがい物と本物との差別化がポップアートであるとかなり難しいものとなる。
基本コンセプトが試されるところなのだが、それがはったりで胡麻化され洗脳に繋がってしまう。
ここは、元々危うい広がりを持った領域なのだ。
気の良い人懐こいおじさんが、ある流れ~力学の中で、こんな立ち位置に居続けることになるとは、実に感慨深い。



関連記事

COMMENT

精神エネルギー注入

GOMAさん、こんばんは。
この映画観ましたよ!
仕事上、ギリギリの精神状態にある僕にとっては、こうした精神エネルギーの注入は必要ですね。
さて、この映画ですが、僕としてはまだ消化できていない部分がたくさんあるのですが、その中でも印象的なことが多かったです。
まずは、芸術というのは右脳の世界と思われがちな中、芸術を作り発表する側にとっては、なんとも泥臭い現実世界のせめぎ合いが多いということを思い知らされました。
だから逆に安心したということもあります。世の中の苦労はビジネスをやる人間の方が大きいとも限らない、という。
それと、GOMAさんも書いているように、この映画の意外な展開と、鍋とフタの関係(アーティストと民衆の)。
最終的かつ絶対的な解を出さずとも、”とりあえずの解”でも市場の需要はあるんだな、と。
これもビジネスと一緒かもしれませんね。
合理性と非合理性がいつも拮抗しているのがこの世の中ということでしょうか。
生きている限りの難問ということでしょうか。

確かに難問だと思います

ありがとうございます。

芸術において考えますと、解は本人の基準に則ったものは勿論ありますが、客観的に厳然とあるものではありません。
その作家が認められた時に、その解が客観的な基準に成り得ます。
印象派は当初、下手な落書き程度の評しか得られませんでしたが、一度認められると新たな素晴らしい芸術の潮流~形として大いに持ち上げられ人々の中に浸透してゆきました。

では、認められるとは、、、
と考えた時、様々な要因が絡んできますよね。
少なくとも、市場のリサーチとかで何かが掴めるとかいうものではないです。
新たな価値(の創設)ですから。
スティーブ・ジョブスがiPodを突然、市場に投入して人々が驚き、その後誰もがiPodを前提にライフスタイルを組むようになったことに近いと思います。
新たな価値を提示し、それに人々がどれだけワクワクして惹き込まれるか。

魅力が要因だとすれば、そのポイントは何か?
これ、極めて感覚的~非合理なことを申しますが、それに一度接した時に無性に惹かれる~シビレル感覚です。
大雑把ですが、その時代の無意識を大きく刺激するものがしっかりと求められるものかと、、、思います。
初めて聴いたロックバンドがとっても気に入り、それ以降そのサウンドに漬かりっきりみたいな。
これを対象化して説明しようとすると、他の言説に還元され違うものになってしまうかも知れません。

何も言ったことになりませんが(笑。

また、何か考えが浮かんだら、書きます。では、また宜しくお願いします。

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp