プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カメ騒動

kame005.jpg

カメの世話がどうにも続きそうもない、、、。
他の事で手いっぱいになった。
ということで、お隣のSさん宅に引取って貰えるかを打診することに、、、。
娘さんは獣医の卵でもある。
妻が奥さんに話をしたところ、すでに一匹飼っているし、スペースも充分なので、一緒に飼えるとのこと。
この安心感は大きい。
養子に出すことが直ぐに決まった。

だが、急に家族の意思が変わる。残念ながら、よくあることなのだが、、、。
情が湧いてきて、いなくなると寂しい、とか。
ここまで育てて来たのだから、せめてもう少し先まで見届けたい、とか。
カメを描いた長女の絵が良い賞に選ばれたのだし、幸運のカメだから、とか、、、これはわたしの指導がよかったからなのだが。
(「国際児童画展2017‐Ⅱ」及び「国際児童画展2017‐Ⅰ」)
そのくせ、カメのボツリヌス菌のことを気にしたりする(コロナウイルス騒動の煽りもあるか)。

念のため、最も肝心なことを挙げておくと、カメの世話は完全にわたしひとりで100%しているということ。
育ての親はわたしであること。
(買うときは、皆の同意の元であった)。
いまや家族は、普段カメに見向きもしない上に、わたしが世話をしているのを邪魔扱いする場面もある。
ともかく、水が臭いとか、汚いとか平気で言うのだ。

現実性のない(責任意識のない)甘えた感情で、身勝手なことを無自覚に言う、、、
うちは、こうしたパタンが多い。これには危機感を持つ。
そして、笑うしかないが、、、
「もう少し頑張る」と、先方の奥さんに言ったそうだ。
わたしが頑張るのか。そんなこと言った覚えはない。ギャグかこれは。

作曲家のO君に相談したところ、世話が大変になった時は、その動物の為にも手放すべきとの答え。
まさにその通りの言葉に背を押され、今日わたしから先方に電話をかけ、当初の通りに引取って貰うことに話を戻した。
直ぐに引き取りますよということで、カメ2匹とセット(亀島、透明容器、餌、ヒーター)を持って伺う。
大事に長生きするように育てますよ、と言われ感謝を述べ帰宅した。
部屋を整理し、さてと夕食に何作るかと考えていた矢先に、S奥さんが先ほどわたしが持って行った荷物をそのまま抱え持って玄関まで来ているではないか。

何と、Sさん宅のカメの住処にうちからの新入りを降ろしたところ、主のカメがふたりを威嚇してきて、追い回す行動に出たという。
しかも、威嚇に留まらず、噛みついて来たそうだ。縄張りに入って来るものは許さんというところか。
ずっと様子を見守ってくれていた奥さんはびっくりして二人を保護し、またこちらに届けてくれたのだった。
暫く見守ってくれたお陰で不味いことにならずに済んだと言える。
基本、カメは一匹単位で飼うのがよく、闘争本能が強く複数で飼うのには適さないとのこと。
うちの2匹は恐らく生まれた時からペットショップで共に過ごしてきたためか、2つ重なって日光浴をのんびり楽しんでいたりする仲だが、普通は余所者が突然やってきたら、防衛本能や攻撃性が発現し、やはり穏やかではないのだ。
(確かに、近くの公園の大きな池でカメを観察した際に、重なって日を浴びている群れと、大きな個体が小さな個体を威嚇しているパタンがあった)。

整理したばかりの部屋を元の体制に戻し、前と同じくカメたちを水を満たした水槽にポチャンと入れた。
これはやはり縁のあるカメなのだ。
速攻で戻って来るのだから、、、(笑。
ちょっと新たな気持ちが湧いてきた。
カメを床に置いて自由に歩かせてみる。
その様子を見ながら、娘たちとカメ会議をして、これから少しはカメの世話をすることを促した。
久しぶりにカメを手に取り暫く一緒に遊んでいた。
一度いなくなった彼らが戻ったことで、意識に変化が生じたように思われる。

お世話のルーチンの一部をふたりが受け持つことを確認した。
その後、直ぐに長女が歯が抜けそうで抜けないというので急遽歯医者に行くことに、、、
随分、時間がかかり、わたしは待合室で眠りこけてしまった。
ふいに起きた時、自分のいる場所がひどく新鮮に覚えた。
何とも、今日はあわただしい日であった。





関連記事

COMMENT

亀ちゃん

亀ちゃん戻ったのですね。亀同士がこんなに縄張り争いするなんてビックリです。同じ種類の亀だったのでしょうか?何はともあれ家に戻ったのも運命ですね。ご家族共々末長く元気でいることを願ってます。それにしてもうちの亀も名前もつけないまま早30年。長生きします。

ありがとうございます☆彡

> 同じ種類の亀だったのでしょうか?
はい。同じゼニガメです(娘たちの謂うには)。

>何はともあれ家に戻ったのも運命ですね。
そう思います。不思議な縁がありそうです(笑。
娘たちの意識も少しは変わったので、また仲良く過ごして行きたいものです。
わたしの役が90%になれば御の字なのですが、、、。


>ご家族共々末長く元気でいることを願ってます。
ありがとうございます。
元気が一番ですから。
それを第一に考え、無理なく物事に関わっていくつもりです。


>それにしてもうちの亀も名前もつけないまま早30年。長生きします。

そうですか。
さぞ大きく育っていることでしょうね。
(スペースの確保も大変でしょう)。
うちでは、取り敢えず、それぞれ娘の名前がついています。
どちらも雄なのですが(爆。
5年半ほど前にペットショップで買ったもので、当時1.5センチくらいで二人で同じ水槽にいたものです。
とても小さく可愛らしかったのですが、大きくなるにつけ飽きられた来てしまったようです。
でもうんと大きくなると、今度は頼もしさが出て来て見直されるのかも知れませんね。

それを楽しみに、育ててゆきます。
ありがとうございました。
今後とも宜しくお願いします。



EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp