プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

光のノスタルジア

Nostalgia de la luz001

Nostalgia de la luz
2010年
フランス、ドイツ、チリ

パトリシオ・グスマン監督・脚本

カテル・ジアン撮影


勉強しない子を勉強させることの難しさをヒシヒシと感じる今日この頃、、、。


スペイン語が終始聴こえるドキュメンタリー映画であり、映像がとても美しかった。
その為の心地よさからか途中二度も眠ってしまった(疲れによるところも小さくない)。

チリと謂えば宇宙望遠鏡以外では、いつも何かと話題になるアルマ望遠鏡。乾いた気象条件が星の観測にはうってつけ。
ミリ波やサブミリ波という波長の電波で天体観測をする超高解像度の望遠鏡だ。
口径12メートルおよび7メートルの合計66台のパラボラで巨大電波望遠鏡を構成するその景観は圧巻。

Nostalgia de la luz003Nostalgia de la luz006


TVをあまり見ないわたしが例外的によく観ているコズミックフロントネクスト(NHK)では、登場回数も多いお馴染み望遠鏡である。
(次によく見るのが、デザイントークス+だが、これも実に各方面に広がりがあって良い)。

この映画では、天文学、考古学、独裁政権の深い爪痕が並行して描かれ、それら全てが過去の探求であり、砂漠(乾いた空気)とCa繋がりとしても語られる。
アタカマ高地とアタカマ砂漠で、片や宇宙の歴史(生命の誕生)を探求し、片やチリの闇に押し隠された虐殺の真実を暴こうとする~政治犯として殺された肉親の遺骨を砂漠の中を放浪して探し続ける人々が交錯して映し出される。
そこに考古学者の人類の歴史の探求も絡む。何とも生々しいミイラ、、、。
彼らは呟く。遠い過去の歴史は探索されて問題にされず、何故、近い過去はそれを禁じられているのか、と。
ピノチェト軍治独裁政権が大量虐殺した一般市民の死体をアタカマ砂漠に埋めたが後に掘り起こし何処に捨てたか定かではない。
海に捨てたという幹部もいるが信じる人は少ない。砂漠の何処かと見て、残りの人生のすべてをかけて遺族は探し続けている。

Nostalgia de la luz005Nostalgia de la luz002



誰もがそれは星の美しい空の下、真実~過去を探し求める。
自らに課せられた使命として。

とりわけ広大な砂漠の砂粒の中に肉親の骨の破片を探して歩く女性(老婦人)たち。
われわれ個々の探索~運命も、この作業に象徴されるように思えてくる。

Nostalgia de la luz004

最後に彼女らが望遠鏡を覗く姿が何とも印象的であった、、、。














関連記事

COMMENT

No title

あなたの知らない日本史をどうぞ。
歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。 その1からラストまで無料です。夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、 既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレにも最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。平城京遷都を主導した聖武天皇の外祖父が登場します。古代の政治家の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。(奈良のはじまりの歴史は面白いです。日本史の要ですね。)

読み通すには一頑張りが必要かも。
読めば日本史の盲点に気付くでしょう。
ネット小説も面白いです。

最近、また変わったモノがコメント欄に飛び込んで来て、、、(笑

こちらのニーズなどお構いなく、そこの記事にも無関係なものを突然押し付けてくるこの感性、如何なものか?
別のコンテクスト~例えば実際に知り合いでこちらの趣向や最近抱えている課題を知っている等~から、ここに投稿してくれたものとか、わたしのこれまでの2300の記事を全て熟読したうえで、これがお勧めということから、送ってくれたというなら話は別だが、全くそのようなものではなく、何かのツールでここに自動的に入れてきたものなのか(本を読んでいる人間のすることとはとても思えない)。
それに読みたいのに読む暇がなくて積んである本が山ほどあるのがわたしの現状だ。

またこれが有料のものならば、単に稼ぎ系ブログの自動セールスかと思うが、、、。
まずは、無料を読ませておいて有料へと誘導する類のものなのか、、、。
ともかく、対象お構いなくこの手のものを撒き散らす行為は、通報モノだ。
この次は「ない」。

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp