プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
パラサイト 半地下の家族 -2
パラサイト 半地下の家族 -1
ヘンリー・ムーア~彫刻に見る普遍性
911爆破の証拠―専門家は語る 前
9/11:爆破の証拠 - 専門家は語る 後
アポロ 11
シャチ~優しい殺し屋~
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

アポロ 11

Apollo 11 001

Apollo 11
2019年
アメリカ

トッド・ダグラス・ミラー監督

ニール・A・アームストロング船長
マイケル・コリンズ司令船操縦士
エドウィン・E・オルドリンJr.(バズ・オルドリン)月着陸船操縦士


Apollo 11 002

”Apollo 11”に関しては、すでに「ファースト・マン」で観ていた。こちらは(ブレードランナー2049の)ライアン・ゴズリング主演の映画であるため、大変静謐な流れであっても、物語として構成する上での演出によるドラマ性は不可避的に生じていた。
管制官や他の飛行士たちやスタッフ、家族と背景の事情など、人間もしっかり描かれていたものだ。
ただ、ニール・A・アームストロングという内省的で寡黙な男を主人公に描くことから流れの主調はとても禁欲的であった。

このドキュメンタリーフィルムには、その最低限のドラマ性もほとんどなく、、、淡々と飛行士と管制とのやりとりだけの編集で作られてゆく。まさに”Apollo 11”の成し遂げた偉業の貴重な資料を見る気分である。
ただ驚くのは、非常に高解像度の映像で構成されていること。綺麗すぎてびっくりした。
月面の風景は大分以前にTVで観た通りのものであったが、、、。

Apollo 11 003

アームストロングが最後に多くの支えてくれた人々に対し、お礼を述べ敬意を表していたが、この月面映像を世界中に流すことも実は並大抵のことではなかった。その経緯が描かれた映画が「月のひつじ」である。
オーストラリアの平原にポツリとあるパークス天文台のパラボラアンテナ”The Dish”により、アポロ11号から降り立った、アームストロングとエドウィン・オルドリンの月面歩行の姿が世界中のTVに無事映し出されたのだが、それはニューサウスウェールズ州の田舎町パークスに住む3人の天文台員と1人派遣されたNASA職員の大変な努力の成果なのだ。

彼らの頑張りがなければ、放送に失敗し、あの姿も名言も全世界の人々に届けられなかったのだから。
このことも忘れてはならないものだろう。
(それにしても誰だ。この一大事業をでっち上げの嘘だなどとまことしやかに噂を流したのは)。

Apollo 11 005

わたしの記事は、映画を取っ掛かりにして自分の好きなことを書くスタイルでほとんど来ており、映画にはない情報や関連する事柄やもはや映画から離れた自分の考えを述べて終わっていたりする。
端から映画評をやるつもりはなく、感想から自分の考えを述べる場にしてきたもので、今更変える気もない。
しかし結果的に映画評としても有効に働いている場合もあったようだ。
(あくまで過去に頂いたメッセージ等から察するに)。

ブロ友のST Rockerさんが、数日前にこの「アポロ11」の映画評をアップされている。
この淡々としたドキュメンタリー映画の中でさらりと流されていたとても重大で危機的な場面にフォーカスして、その詳細を述べている箇所が特に光る記事だ。
映画で取り敢えず触れられていることや敢えて気が付かないように流してしまった箇所についても、重要と想われたところに顕微鏡をあてるように、いやX線でその内情を覗いたように掘り下げて書き込んでいる。
丁度、この映画の気の利いた解説になっており、是非、参照して頂きたい。
適切な情報を加えることで、鑑賞を豊かにする一例であろう。

Apollo 11 004

ということで今回は、人の褌で相撲をとることになった(爆。
たまには良いか。




極めつけの超高画質版。お勧め。


破格の値段で5つ★ホテルと豪華な食事の愉しめる旅を! 東京オリンピックまでに自由を手にする無料動画
流石に月には行けないが。



ついでにこれも。とても良い作品であったが、邦題にある「ひつじ」は単に人より羊の数が多い土地柄であることを知らせたいだけのものだろう。内容には関係ない。



関連記事

COMMENT

アポロ11号の魅力

おはようございます。
「ファースト・マン」との対照として実写中心のこの「アポロ11」の魅力を一気に語っていただき、吸い込まれるように読みました。
さすがにGOMAさんですね。
GOMAさんは普通の映画評以上の記事を書いておられると思います。
特に印象に残ったのは、同時多発テロでの建物の科学的な解説とか。
情緒面に偏りがちな普通の映画評論とは違うと思います。
「ファースト・マン」で描かれたアームストロング、ぜひ観てみたいです。
また、拙記事のご紹介をありがとうございました。
世紀の危機という側面を強調させてもらいました。

ありがとうございます。

アポロ11号もそうですが、これらの宇宙船や探査機の見せる遊星的な孤独に痺れます。
人間的な文脈を離れた瞬間の美には、、、特に。

> GOMAさんは普通の映画評以上の記事を書いておられると思います。
もっともありがたいメッセージです。
(わたしの場合、不可避的にこうなってしまう部分もありますが)。
尾ひれの部分にこそ、わたしの謂いたいことがあります。
それを引き出してくれるのが、たまたま観た映画だったりするのですが。

> 特に印象に残ったのは、同時多発テロでの建物の科学的な解説とか。
恐ろしい噺です。というか現実です。

”ファースト・マン”ぜひご覧になってください。

(楽しみにしております)。

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp