プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
シャイン
鑑定士と顔のない依頼人
英国王のスピーチ
やさしい本泥棒
末期の目
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

20世紀少年 ぼくらの旗

Redemption001.jpg

3: Redemption

堤幸彦 監督
長崎尚志、浦沢直樹 脚本
浦沢直樹『20世紀少年』原作

第1章、第2章のメンバーに加え、、、

高橋幸宏、、、ビリー(ベーシスト)
福田麻由子、、、磯乃サナエ
広田亮平、、、カツオ
武蔵、、、厳道館師範代
高嶋政伸、田村淳、、、地球防衛軍隊員
コンサートの客、、、吉田照美、原口あきまさ、斎藤工、左右田一平


よく、これだけの有名俳優やミュージシャンやタレントを集めたものだと感心するが無駄使いみたいにも思える。
「ぼくらの旗」というほど、この旗(のイメージ)を取り戻すこと自体に力点が置かれているようには見えなかったが、、、。
しかしこの最終章はとっても面白かった。よく出来ていた。感動もしてしまった。
昨日の第2章が単に説明的であったのに対し、これは感情的に共感できる映画となっていた。
脚本が1章とこの章は、原作者が加わっている。その差か。
平愛梨と豊川悦司がやたらとカッコよく、パワー全開している感じであった。


子供騙しのSFみたいだと映画の中でも謂っていたが、そんな荒唐無稽な世界も簡単に信じ込んでしまい、突飛な偶像をどこまでも高く掲げてそれに依存し思考停止してしまう傾向をヒトは強く持っていることは否めない。そのコインの裏面に当たる自分たちとは異質な存在感の薄いヒトを差別、迫害しやがて無視しているうちにその存在自体を忘れ去ってしまうこともあるのだ。これは考えてみれば恐ろしい。何れも集団心理の属性である。ここで集団の上層にいる者は、虐げられている者の抱える気持ちなどに全く無頓着である。理解など及ぶべくもない。しかし、子供時代のこの関係が二十世紀少年~ともだちを生み出した。

ヤン坊、マー坊(佐野史郎)が子供の頃のようにまた太っており、面白かった。
「ともだち暦3年」の話である。
「世界大統領」というのになってしまっているともだち。
東京には巨大な壁が作られ、前章で防毒マスクのセールスマンたちが振り撒いた細菌兵器で荒廃した地を隔離していた。

ともだちは、気球から「8月20日」に宇宙人がUFOで来襲して極めて強力な細菌を振り撒き、世界が終わるとアナウンスする。
1章では、時間の関係でハリボテ風船ロボットだったものが、しっかり二足歩行できる巨大ロボットに完成された。
しかもそのロボットには中性子爆弾が積まれており、ともだちのリモコン操作により爆破する仕掛けであった。
敷島博士によって作られたものだが、彼はUFOを撃ち落とすための武器も製作していた。

Redemption005.jpg

ともだちの部下、幹部たちも、やりすぎのともだちに心は離反する者が増えていた。
粛清される者も沢山出て、世界は滅びるという予言から、ともだち配下の者も一般人も、誰もが戦々恐々としている状況である。
そして、これまではわたしについてくるものは命は救われると繰り返していたのだが、実は一連の大量殺戮と救済劇は全て自作自演であり8月20日には全員滅ぼすとハッキリ真実を告げる。
これで、人々は頼るところを失い動揺し始める。

ヨシツネは、反政府組織ゲンジ一派のリーダーとして反政府活動の支援をし、カンナは武装蜂起でともだちを倒すことを掲げる氷の女王一派を率いていた。
そんななかで、ラジオから叔父のケンヂの歌が流れてくる。
生きていることを仲間たちは知る。
これでカンナやショーグンたちは勢いづく。
カンナは、捕えらえた際、実の父であるともだちとふたりきりで語り合う機会をもつ。
この時、彼を銃で撃とうとするが、それは出来ない。撃てばどうにかなるという考えは浅はかであったことを認識する。

Redemption002.jpg

春波夫の付き人として身を隠していたマルオは、(ケンヂの姉の科学者)キリコの潜伏先を突き止める。
そこで、蕎麦職人として逃亡を図っていたケロヨンとも再会する。
ふたりは、キリコが自分を実験媒体として、ともだちが使用する新しい細菌兵器を無効にするワクチンを開発する様子をずっと眺めることになる。その実験は成功しワクチンが完成を見る。その生産がどうなったかは分からないが、巷で品薄のようだった。


いよいよ当日が来る。ともだちは、計画通りUFOを飛ばし、東京中に細菌を振り撒き多くの人々を虐殺してゆく。ともだちの配下の者も一般人も見境なく虐殺して行く。二足歩行の中性子爆弾内臓の巨大ロボットも地下工場から姿を現し歩き出す。中にはお面を被ったヨシツネが乗っていた。しかしヨシツネはともだちを止めようとして近づいた関係であり、本当のともだちはその後に現れる。
2機のUFOはショーグンとスナイパーをしていた田村マサオがともだちを裏切り片付ける。
ともだちは彼らがフクベエと呼んでいた男だった。彼はみんながフクベエだと勘違いしたのを利用しフクベエに成りすましていた。
ビルから墜落死したかに見せかけていたのだ。
しかし実際に彼が誰なのか、素顔を見ても分からなかったというのは、恐るべきことである。
そのフクベエは、かつての忠臣、万丈目に撃ち殺される。

Redemption004.jpg

ともだちがあそこだけは守ると言っていた万博広場にカンナは出来る限り人を集めた。
そこでコンサートを開くのだ。
披露する曲は、地下でヒットを続け人々の心を支えていたケンヂの曲である。
会場には想像を遥かに超える人々が集結し、ともだちからケンヂに乗り換えたようであった(どうしても偶像に頼りたいのだ)。
巨大ロボットを止め、ともだちの死を確認してから彼は会場に駆けつけ、このステージに上がる。
彼は熱狂的に彼を迎える聴衆に向け、俺は君たちの考えるような男じゃない。ただの人間だと断ることを忘れない。
そして地球滅亡の危機は去った事を宣言し、仲間との再会を喜び噛み締める。

Redemption003.jpg

ヨシツネはお面を被って虐めを受けた経験から、子供時代にお面を被り皆から酷い目にあっていた彼の気持ちが理解できた。
「ともだち」はおれたちが作ってしまった、と彼は分析する。
しかし、ケンヂはおれが作ったんだ。と言い、ともだちランドからバーチャル空間へ飛ぶ。
そこで少年時代の仮面をかぶった子が万引きをして咎められた件の濡れ衣を晴らす。
そして中学時代にお面を被った生徒が屋上から飛び降り自殺を図ろうとするとき、T.Rex「20センチュリー・ボーイ」を校内放送で流し、それを聴いた彼は自殺を思いとどまる。ケンヂは彼とともだちになることを了承するが、お面を外せという。
彼は迷うが結局外す。彼はフクベエではなく、かつまたであった。
万引き事件の日から彼はみんなから無視されるようになり、存在自体ないモノとされた。死んだものとされた。
実際に子供時代に死んだのはフクベエだったのに、その存在感のなさ~存在の否定から、かつまたが死んだことにされたのだ。
そして誰一人、その状況を疑う者がいなかった。
更に万引きをしたのは、ケンヂであった。ここで、彼は駄菓子屋の店主に自首してしっかり詫びる。そしてかつまたにも謝る。
この構造を作ってしまったことに。
彼とケンヂは、レノン=マッカートニーみたいなロックを一緒にやろうと屋上で約束する。
ケンヂの脳内バーチャル空間で。

虚しい。
起きてしまったことは、もうどうにもならない。
ヒトは後悔しないように生きるしかない。






破格の値段で5つ★ホテルと豪華な食事の愉しめる旅を! 東京オリンピックまでに自由を手にする無料動画





関連記事

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp