プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。


*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
シャイン
鑑定士と顔のない依頼人
英国王のスピーチ
やさしい本泥棒
末期の目
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

CRASS:ゼア・イズ・ノー・オーソリティ・バット・ユアセルフ

THERE IS NO AUTHORITY BUT YOURSELF001

CRASS:THERE IS NO AUTHORITY BUT YOURSELF
2006年

アレクサンダー・ウーイ監督

ペニー・ランボー、、、リーダー、ドラム
スティーヴ・イグノラント、、、ヴォーカル、作詞
イヴ・リバティーン、、、ヴォーカル
ジー・ヴァウチャー、、、アートワーク、撮影
ギタリスト、ベーシストは昔のライブビデオで出ていたが、、、


クラスの名前は知っていたが、わたしはパンクにそれ程傾倒しなかったため、そのサウンド(メッセージ)には触れずじまいであった。
バンドの存続期間は、1977年から1984年までである。パンクバンドとしてみれば長いが、多くのパンクとは違い筋金入りである。
このドキュメンタリーを観て、当時から彼らを知っていたなら、かなり救われた部分があったはず。
ホントにそう思った。
パンクは直ぐにひとつのファッションへと絡めとられてしまっていたから、このように最後まで抵抗し続けた骨太の精神があったことを見過ごしていた。

THERE IS NO AUTHORITY BUT YOURSELF002

アナーコ・パンク・バンド~アナキストである。
社会の枠組みから離れて生きることは可能であるとペニー・ランボーは主張する。
「世界の中にありながら世界に属さない」吉福伸逸の言葉を思い起こす。
特に極めつけは、キリスト教批判であろう。
(パンクでよくあったのは格差社会批判どまりであったが)。

ダイヤルハウスというかなり広い庭付きの家で自給自足の共同生活を送る。
どんな思想の人間も分け隔てなく受け容れる。そこはルールは一切なく、相手を思いやる行動の自発性のみで成り立つ。
そもそも、ペニー・ランボーは上流階級の出であるが、スティーヴ・イグノラントは労働者階級である。
イギリスに根深くある関係性をまず解体し、互いを解放した。
スティーヴ・イグノラントは、これまでの人生で自分がこれほど尊重された経験はないと述べている。
(彼はその影響で文学に深くのめり込んで行くが、両親は揃ってそんな馬鹿な真似はよせと言い続けたそうだ。彼はそれを直ぐに歌詞にして痛烈にうたっている)。
彼はお互いに尊敬の念で結ばれている同等の関係だと今現在も誇りにしているという。
この出逢いからCRASSという理念が始まったのだ。
社会独特の排他性の対極の実践。
自由に出入りでき、自由に誰とでも対等に語り合える。
宿泊・食事代など一切請求せず、自分のことを語るのが代償。
畑(肥料含む)仕事にも余念がない。
(環境保護やフェミニズムにも深く関与する)。

ライブで大金が入ってもすぐになくなる。
創作費用の他は食費とガソリン代以外、全て寄付してきて手元にはいつも何も残らない。
レコーディングもレーベル運営全て自分たちで行う。アルバムデザイン・ロゴ・撮影まで。
DIY精神に貫かれたバンド(過激な歌詞の為、どこも仕事を引き受けてくれなかったことが発端)。
余計な金は貯めない。
生活を豊かにするのではなく人生を豊かにすることが目的。
理念はブレない、、、。

THERE IS NO AUTHORITY BUT YOURSELF003

流石に歌詞は優れている。同時期のパンクバンドよりことばが絞り込まれていてストレートに響く。
妙な曖昧さがない。彼らに曖昧さがない為だ。
イヴ・リバティーンのヴォーカルはまた呪術性を感じるもので、このバンドのサウンドを重厚にしている。
政治的な直接行動は歌詞に劣らずかなり刺激的でお茶目なメディア戦術もとっていたが、、、
フォークランド紛争において、レーガン大統領とサッチャー首相の演説を、会話形式に繋ぎ合わせまことしやかな形で巷に拡散させた件は、もうその道のプロである。まだ、携帯とかSNSなどない時代である。KGBが作ったテープだと噂され、危険な輩だと警戒されたうえに、何と本家KGBからスカウトも来たという。逆に危ないではないか。当人たちはそこまで本気に受け取られるとは想定していなかったようだが。

更に街での政治活動も建物に直接ペンキなどを使うことはせず、ポスターにメッセージを書いていったそうだ。
戦争を行うのではなく、戦争と戦え、、、ポスターの書き換えというのも鋭いメディア戦術だ。
しかも過激ななかに分別を持って行動をしている。

ジー・ヴァウチャーのアートワークは、相当なレベルのものだ。
つまりそんじょそこらのパンクとは一線を画する芸術性ももってしまっていた。
ロゴマークについては、ペニー・ランボーも大絶賛である。
確かに洗練されていて無駄がない。
彼らが確固たる思想と行動理念を持っていたことが形に現れている。

THERE IS NO AUTHORITY BUT YOURSELF004

ダイヤルハウスの敷地が大企業に狙われるが、死守している。
このような貴重な場を失いたくない。

しかし影響力が非常に大きくなり偶像化されることで、人々に依存されるようになってきた。
自分たちは人々の解放を狙って活動を起こしてきたのに、われわれを指針として生きようとする人が出てきた。
いつしか、望まれる偶像として役を演じる自分に気づき、活動から身を引く流れとなった。
そう、当事者が自分が自分でなくなるのだ。
これは実に怖いことであり、そう言うものだと思う。
こういう人々を根底から揺るがす強烈なメッセージを放つアーティストは、長く誠実に活動をすることはとても難しい。

最近、またCRASSのグッズが大企業から彼らに何のことわりもなく販売され売れまくっているらしい。
スティーヴ・イグノラントが怒っていた。
ベッカムが俺たちのロゴの入ったTシャツを着てやがる。
大企業は何でも金にしてしまう。
商品として絡めとって行く。
(かつてパンクはことごとくそれにやられた)。


難しい問題である。






破格の値段で5つ★ホテルと豪華な食事の愉しめる旅を! 東京オリンピックまでに自由を手にする無料動画




関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SF PickUp