プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。

*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
シャイン
鑑定士と顔のない依頼人
英国王のスピーチ
やさしい本泥棒
末期の目
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ヤモリが毎晩やってくる

yamori.jpeg

今日、劇場版「境界の彼方」(過去・未来)を見直してみたが、どうもTVのダイジェスト版を観ているような感じで、こういう内容なのかということを知ることはできても、感情的にしっくりこない。
かなりスリルとアクション~戦闘シーンは激しく、エモーショナルな場面も多く、泣いたり叫んだりも半端ではない、非常にドラマチックな物語なのだ。
そこに全くついて行けない。
「妖夢」、「境界の彼方」、「半妖」、「異界士」、等々が普通に語られ次々に荒唐無稽な戦いがストーリーのなかでは自然に巻き起こるので、これを観るにはやはり、それらが何であるかすでにしっかりと納得している必要があることが分かる。
これは、暫く寝かせておきたい。
やはり映画単体で観られるものがよい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恐らく家に住みついているのだろう。
毎晩、私の部屋の網戸にヤモリが現れる。
夜行性だから夜は活発なのだ。
昨夜など、口に昆虫(羽虫)を咥えて登場した。
(よく家の周りの害虫を食べてくれるというが)。
夜これを書く頃に決まって現れる。
一日も欠かさず。

此処を通ると決めているのだろう。
動物は決めたら余程何かの不都合がなければ、それをやめない。
今夜もかなりの間、窓の外を行ったり来たりしてから姿を消した。

トカゲよりもヤモリの方が幾分ぼんやりしていて可愛らしい。
トカゲは動きが敏捷で鋭い感じがする。
体も趣味の悪い縞模様でギラギラしているのが多い。しかもグラデーションがかかっていたり。
昼行性で真昼間に突然現れするっと身をかわす様はとても狡賢そうで、、、。
瞼があるからか、悪そうに見える。
ペットショップで見かける大きなトカゲなどになると、何とも言えないが。
ベジタリアンのグリーンイグアナではもうわたしにとってはちがうものだ。
あくまでも庭で突然姿を見せ、ちょろちょろしている可愛げのないのが、わたしにとってのトカゲである。
いつもビクッとする。

また明日もきっとヤモリは時間を守って現れるだろう。
ヤモリにはこういう安心感がある。


破格の値段で5つ★ホテルと豪華な食事の愉しめる旅を! 東京オリンピックまでに自由を手にする無料動画





関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: