プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。

*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
シャイン
鑑定士と顔のない依頼人
英国王のスピーチ
やさしい本泥棒
末期の目
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

サイバー・リベンジャー

IT006.jpg

I.T.
2016
アイルランド/フランス/アメリカ

ジョン・ムーア監督
ダン・ケイ、ウィリアム・ウィッシャー脚本

ピアース・ブロスナン 、、、マイク・リーガン(航空会社の経営者)
ジェームズ・フレッシュヴィル 、、、エド・ポーター(ITエンジニア)
アンナ・フリエル 、、、ローズ・リーガン(妻)
ステファニー・スコット 、、、ケイトリン・リーガン(娘)
ミカエル・ニクヴィスト 、、、ヘンリック(ITセキュリティスペシャリスト:掃除屋)


IT社会特有の歪みが全編に窺えるが、それ以前にコミュニケーション不全の問題と階級関係の問題が横たわっている。
この点において、大変根深い普遍的な、今や何処で起きてもおかしくない話でもある。

ITは通常、適切に管理運営されていれば、問題ない。
しかしそこに人間関係の齟齬や軋轢、対立、敵対関係、憎悪などが絡むと、それを利用した攻撃は時に凄まじい威力を生む。
相手への打撃は途轍もないものとなる。
情報の操作や改竄、拡散によって精神的に押し潰されることも充分にあり、それが機器の作動に直結する場合、物理的~肉体的損傷を被る事態ともなる。
個人や家族をターゲットにしても、簡単にそれを潰すことが可能であるが、その対象が巨大企業であっても取引上に架空の(又は改竄)情報を差し挟むことで信用を失わせ失墜させることも出来る。
これが純粋に利潤を求めての利害関係によりなされるだけでなく、個人的な悪意からなされる場合もいくらでも考えられ、それがネットハッキングによりどれだけ有効かを示す作品ともなっている。

IT008.jpg

しかし、そうした事態を生む関係というとこれは、もうIT以前の歴史を大きく遡る普遍的な極めて人間的な事態に端を発している。
ディスコミュニケーションは階級関係や共同体意識からくる差別意識もさることながら、ヒトが単独者になって行くに従い、ますますその強度は増してゆくばかり。
ここでは、まず社長ファミリーの従業員を見下す驕りの意識が、エドを不用意に持ち上げ、彼を重く見ているかのような錯覚を与え、娘の誘うような素振りが彼に期待を持たせ幻想を煽らせる。
ここでエドの極めて個人的な資質も絡み事態は酷く拗れてゆく。
エドの劣悪な成育環境は、彼に癲癇をはじめ幾つもの病を植え付け、自立に必要な自我の確立も阻害してしまった。
(現在、親に充分な包容力や保護能力、教育資質がなく、そこからくる愛着関係がもとで破綻する人間も多い)。
彼は額面通りの(皮相的な)賞賛を真に受けそれだけで親しい友人になった気で過剰に甘えてきたり、叱責を受けてひどく傷つき、激しい攻撃に転じるタイプの男だ。
これでは一個の人間として自立しているとは到底言えない。自我の確立を疎外されてそのまま育ってしまった感が大きい。

IT009.jpg

わたしは、勿論エドに共感はできないが、リーガンファミリーの驕りにも嫌悪の情を覚える。
この構図はどこにでも見受けられるものではないか。
ここにIT社会の現状が重なる。
エドを邸宅に招待したときに彼はその家~ファミリーのITネットワークを全て掌握してしまった。
社長の気紛れで気にかけてもらっていると勘違いしたエドは、ネットワークをアップデートし更に快適にするが、その時中庭で観たプールサイドに優雅に寝そべる娘の姿に惹かれてしまう。
お互いに相手を意識し合い、温度差は勿論あるが良い感情は持ち合うのだった。
しかしこれを発端に一気にもつれ、行くところまで突き進む。
ここで顕わなことは、その利便性から余りに人はIT~ネットワークに依存しすぎているのだ。
妻の乳癌の検診とその検査結果の超極秘情報までメールに乗せるか。
いくら邸宅内のスマート安全監視システムであろうが、風呂場にまでカメラを装着するか。
エドの逆襲で真っ先に使われたのが癌の陽性の通知とケイトリンの入浴動画のネット上へのアップ拡散である。
(ここら辺は、エドがやらなくてもその家のシステムに乗っかっていれば誰かにハッキングされてもおかしくない)。
そしてマイクの高級スポーツカーの乗っ取りで事故を誘発させる。これは以前TV番組の特集で観て十分可能であることを知った。
更に勿論、会社の信用失墜である。大打撃である。やれることは全てやってやろうというものだ。
ひとは余りに他者にネット管理・運営を簡単に不用意に任せすぎる。そこに付け込もうとすればいくらでも隙がある。
だからこそまず、人間関係には気を配らなければならない。

IT007.jpg

はじめは些細なことなのだ。
エドがケイトリンにフェイスブックの友達申請をし、彼女が承認した。そして彼女が思わせ振りなメッセージを送りエドがそれを真に受けてそのまま行動に出た。
このくらいのディスコミュニケーションはいくらでも見られるものだが、ここからどこまでも行ってしまうのだ。
父はプライベートに踏み込むなと激高して、いきなり彼をクビにし、エドはITでできることを全て使って逆襲をしてゆく。
IT~ネットワーク上であるから猶更極端に進める。そしてITを徹底活用することでそれが可能となった。
最後の決着をつけるには肉弾戦しかなくなり、文字通りのグチャグチャである(苦。
ITに纏う気持ち悪さが充分に溢れる映画であった。
最後にネットの掃除屋に依頼し、スキルに勝る彼の協力を得て何とか瀕死の状態ながら切り抜ける、、、。
大変な消耗戦となった。そうわたしもIT管理者の役を本業の傍ら長いことやって来たこともあり、観ていてやたらと疲れた。

また見ようとは思わない。
だが一度くらいは見ておいてもよいとは思う。


破格の値段で5つ★ホテルと豪華な食事の愉しめる旅を! 東京オリンピックまでに自由を手にする無料動画









関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: