プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。

*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
シャイン
鑑定士と顔のない依頼人
英国王のスピーチ
やさしい本泥棒
末期の目
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

或る夜の出来事

It Happened One Night002

It Happened One Night
1934年
アメリカ

フランク・キャプラ監督・製作
ロバート・リスキン脚本
サミュエル・ホプキンス原作

クラーク・ゲーブル、、、ピーター・ウォーン(新聞記者)
クローデット・コルベール、、、エリー(大富豪令嬢)
ウォルター・コノリー、、、アンドリュース(エリーの父、銀行家)
ジェムソン・トーマス、、、ウェストリー(飛行士、エリーの婚約者)
チャールズ・C・ウィルソン、、、ゴードン(新聞社編集長)


クローデット・コルベールは「クレオパトラ」に出演した同じ年である。
何とこの年に4本も映画に出演しており、勿論、全てヒロインである。
本作ではアカデミー主演女優賞にも輝いている。
どんな役でも熟す実力派の売れっ子女優のようだ。

本作では、大富豪のじゃじゃ馬令嬢である。
いくら金持ちでも常に監視付では息が詰まる。
それは分かる。自由が欲しい。

豪華船で父娘が何やら結婚話を巡り言い合いをしており、婚約の解消を迫る父から逃れるように娘が船から海に飛び込み、泳いで行ってしまう。後をボートで追った側近たちは彼女を見失ってしまう。当然、ボスには叱られる。当たり前だ。
これは大した娘だ。例え我儘な自己中であっても大物になり大成するタイプではないか。

娘はカッコよい飛行士のウェストリーと結婚することが、過保護の状況から逃れる有効な術にもなっているようだ。
何事も自分一人では行動できず、船の上での軟禁状態でもあった。
だが、結婚である。本当に自分が好きになった相手と結婚して欲しい。
ちょっとした行きがかりで自分に都合よく幻想を抱いてしまったのでは。
その彼は娘にとって本当の相手ではないのでは、と父は疑っているようである。

It Happened One Night005

エリーはニューヨーク行きの夜行バスに乗り込み、偶然新聞記者のピーターの隣に座ることに。
さてここから、数分に一回はクスッと笑ってしまうコメディが展開して行く。
お互いに面白いことをしているわけではなく、大真面目なのだが、掛け合い漫才みたいになってしまう。
口は上手いが基本辛口のピーターと勝気でお転婆のエリーの珍道中は時々ピタリと気が合うが、大概おっとりと話は進まない。

そんななか、エリーは財布の入ったバッグを盗まれピーターは元々金などない。
おまけにバスが夜中にぬかるみに突っ込み立ち往生。
エリーの父親は探偵を雇い探し回っており、新聞一面にも大捜索の記事が載り、情報提供者には1万ドルの懸賞金もつき、彼女は一刻も早くニューヨークの婚約者の元にたどり着きたい。
ピーターの才気により、何とか捜索の手を逃れてゆくが、おちおちしていられない。

It Happened One Night003

豪雨のなか、2人きりでモーテルに泊まることになるが、この時代の映画だからか(いや、ヘイズ・コードによるためか)とても上品に二人が寝るベッドの間を毛布を吊るして仕切り、それを「ジェリコの壁」と呼ぶ。この辺、ピーターの教養を感じるところだ。
(聖書に記された不落の城壁であるから不可侵である、ということ)。
彼は口はきついが相手に対してとてもマメな気遣いもするジェントルマンである。
この他でも麦藁の上で寝ることになっても、その後のラブロマンスのような発展はしない。
では、お互いに心は全くの他人のままかと言えば、気持ちはすでに両者ともに惹かれ合っているのが分かる。
(両主演の演技力のたまものだ。わたしでもよく分かる)。
片やピーターは殊更冷たく突き放し、しかしこんな時はエリーの方が素直な気持ちを表す。
(確かに自分に率直という点においては、彼女の方が一枚上手である)。

It Happened One Night004

そして終盤の展開はハリウッドの方程式に従い、誤解とすれ違いで一波乱。
ちょっとしたハプニングから、せっかく両者が素直に心を開いたところで起こる大きな思い違い。
ピーターもエリーも互いにそっぽを向き合うことに。
このままいってしまうのか!(とは言えこのまま最後まで突き進んでしまっては物語として身も蓋もないことはわれわれも知っている)。
観客ハラハラ、グッと惹きつけて、最後の最後に何と封建的かと思ったお父さんがこれほど娘の心の底まで見通せる優しい父であったことを示し、娘も彼の気持ちに背を押され結婚式の最中にウエディングドレスのまま走って逃亡、車に乗ってピーターの元へ(爆。

お父さんへの電話でこれから「ジェリコの壁」を崩しますが、と許可を申請すれば、父もにんまりと勝手にせいと返し、毛布がその時床に滑り落ちる。
直截な描写よりこのような粋な表現の方が楽しいし奥行きもある。

ハリウッドの基本的な手法は変わらないと思うが、この時代の映画の表現の質の高さを感じる。
この映画の影響を受けたラブコメ作品は相当な数に登るであろうことも分かる。

直ぐに浮かぶものでは、「卒業」そして「ローマの休日」などはその最たるものだろう、、、。


アカデミー作品賞
アカデミー監督賞:フランク・キャプラ
アカデミー主演男優賞:クラーク・ゲーブル
アカデミー主演女優賞:クローデット・コルベール
アカデミー脚色賞:ロバート・リスキン
以上、受賞も頷ける。後に来る映画のお手本みたいな作品となったようだ。





勿論、ラブコメと同時にロードムービーでもあった。



破格の値段で5つ★ホテルと豪華な食事の愉しめる旅を! 東京オリンピックまでに自由を手にする無料動画



関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: