プロフィール

GOMA28

Author:GOMA28
絵画や映画や音楽、写真、ITなどを入口に語ります。
基本的に、日々思うことを綴ってゆきます。悪しからず。
必ずパソコン画面(PCビュー)でご覧ください。

*当サイトはリンクフリーです。

PICKUP
ハイヒール
お嬢さん
とうもろこしの島
セールスマン
トラピスト1に寄せて
「労働疎外より人間疎外」によせて
カッシーニ グランドフィナーレ
カッシーニ グランドフィナーレⅡ
シチズンフォー  スノーデンの暴露
スノーデン
シャイン
鑑定士と顔のない依頼人
英国王のスピーチ
やさしい本泥棒
末期の目
レヴェナント: 蘇えりし者
透明な身体性
森羅万象を描く デューラーから柄澤齊へ
ヴィデオドローム2 ~イスラム国 ~アノニマス
見えない重力を描く Ⅱ
美の翳りに寄せて
写真についてーⅡ
午前零時の奇蹟(シュル・レアリスム覚醒の時間)
パーフェクト・デイ ~ルーリード ~ローリー・アンダーソン ~スーザン・ボイル
未来派の画家~ウンベルト・ボッチョーニ
Balthus ~ バルテュス展行ってまいりました。
「ゴールドベルグ変奏曲」 バッハ  ~グールド ~P・オトゥール ~ニーチェ
大昔のスケッチ(詩画集のための試作)
すでに世界は終わっていたのか ~ ヒエロニムス・ボスその1
スヌーズレン002
情報リテラシー  ~華氏911 ~不都合な真実
南伸坊「歴史上の本人」
プラトーン
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

オーケストラの少女

One Hundred Men and a Girl003
One Hundred Men and a Girl
1937年
アメリカ

ヘンリー・コスター監督
ブルース・マニング、チャールズ・ケニヨン、ハンス・クレイリー脚本
チャールズ・プレヴィン音楽

ディアナ・ダービン 、、、パッツィー
アドルフ・マンジュー 、、、ジョン(パッツィーの父、トロンボーン奏者)
レオポルド・ストコフスキー 、、、本人(指揮者)+フィラデルフィア交響楽団
アリス・ブラディ 、、、フロスト夫人
ユージン・パレット 、、、ジョン・フロスティ
ミシャ・オウア 、、、マイケル・ボロドフ(フルート奏者)


良い邦題だと思った。
原題の直訳ではさすがに厳しい。

ディアナ・ダービンの帽子の鳥の羽がチャーミングであった。
モーツアルトの「踊れ喜べ幸いなる魂よ」第3楽章”ハレルヤ”とヴェルディの椿姫”酒宴の歌”もしっかりと歌っている。
立派な歌手であり、とても素敵な女優だ。
爽やかで豊かな演技力と素晴らしい歌唱力からみても、ジュディー・ガーランドよりディアナ・ダービンを推したい。
リストのハンガリア狂詩曲第2番もストコフスキー指揮で演奏が聴けた。

One Hundred Men and a Girl002

噺は恐慌時代に誰もが共感を持てるような筋書になっている。
失業している優秀な楽器奏者が日々大変な目に遭っている。オーケストラの楽団が少ないためではないかとパッツィーは考える。
それなら新たにオーケストラを作って彼らを救うことで、素晴らしい楽曲を多くの人が聴けて誰もが幸せになる、、、というパッツィーの願いを叶えるまでの周囲を巻き込んでの彼女の破天荒な(かなりご都合主義的な)奮闘が描かれる。
父娘の愛情の物語でもある。
(ハリウッドは、父息子の愛情はよく描かれるが)。
勿論、ファンタジーとして歌と音楽を愉しみつつ素直に噺を満喫すればよいのだ。

One Hundred Men and a Girl001

ここで大事なのは、何度しくじっても諦めない、ということ。
何度も角度を変えてチャレンジすること。
アイデアもとても大切だ。
特にここで肝心なのは、彼女が人の先頭に立ち彼らを動かすことに長けていることである。
いくら不景気の最中と言えども、あっさりと失業音楽家が100人あの短時間に召集出来るとはちょっと思えないが(質の問題もあるし、オーディションも必要だろう)。
ことごとく彼女に引っ張られて、大の大人たちが彼女のレールに乗っかってうまい方向に動いてゆく。
前向きで素直な屈託のない笑顔の美少女だからうまくゆく面もあろうが、この軽やかな行動力は見習いたい。
歌手としても優れた才能を持つが、このまま音楽プロデューサーとしても実力を発揮するはず。
彼女は政治家や実業家になっても大成しそうだ。

かのアンネ・フランクが大戦中の隠れ家にディアナ・ダービンの写真を貼っていたという逸話もある。
やはり彼女は単なるアイドルというより、希望の象徴でもあるのだ。

One Hundred Men and a Girl004

この物語はあまりに強引な筋運びとファンタジックな展開で最後まで突き進むが、恐慌後のまだ社会全体が疲弊しているときに大変有効な触媒になったはず。メガヒットを記録し、ディアナ・ダービンが世界的に名を轟かせたのも頷ける。
勿論、本物の大指揮者のレオポルド・ストコフスキー(の演技)が、これだけたっぷりみられるというのもお得感が大きい。
他のキャストも申し分ない。哀愁たっぷりのアドルフ・マンジュー演じる父や、儲けのためなら何でも割り切る実業家のフロスト氏やパッツィーに先行投資してくれたタクシーの運転手などとても判り易いキャラで王道の運びに寄与している。

最後、ストコフスキーが自宅ホールにぎっしりと並んだ失業音楽家楽団に戸惑い唖然としつつも、その演奏に自然と指揮を始めてしまうところには、パッツィーと同じようにこちらも笑みが出てしまう。
こう来るとわかっていてもそう来てほしいとわれわれも切に願っている。
そういう映画だ。

ディアナ・ダービンの存在がそうさせている。





破格の値段で5つ★ホテルと豪華な食事の愉しめる旅を! 東京オリンピックまでに自由を手にする無料動画






関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: